2018年02月08日 09:00

母校の校庭で幼馴染みと隠れて野外セックスしちゃった(体験談)

読了時間:約 3

久しぶりに幼馴染数人で集まって夕食を食べて、お酒も入って盛り上がり、母校に行ってみようという話になった。
正門は施錠されているけれど、裏ならオープンだし、私たちが通っていたころには防犯ブザーとかもなかったけど、それは今も同じみたいで、すんなりと侵入することができた。

で、男子は校庭で競争とかしはじめて、私たち女子は置いてあるベンチでまったり。
そしたら、いっしょにいたRちゃんが、「トイレに行きたい」と言い出した。

校庭の隅にあるトイレに行ってみたんだけど、今は使われていないのか水が流れなくなってしまっていたので、近くのコンビニのトイレを借りることになったんだけど、Rちゃんが一人じゃ怖いって言い出したので、男子が二人付き添うことになった。

で、私と、もう一人の男子Kが残って待つことに。
昔、私はKのことが好きだったんだけど、KはRちゃんと付き合っていて……なんとなくそのことを思い出して、
「私さ、昔あんたのこと好きだったんだよね。Rちゃんに嫌われたくなくて、言い出せなかったんだけどさ」
って言ったら、Kすごいびっくりして、
「気づかなくってごめん。……でも今思うと、ぜったいお前のほうがRよりもいいやつだと思うよ」
って慰めてくれて。

お世辞でもなんかうれしくって、恥ずかしいからごまかそうと思って、
「で、Rちゃんとは当時どこまでいったんですか? そのあたりどうなんですかね?」
って、落ちてた木の枝拾って、リポーター風に尋ねてみたww

「何もなかったよ。すぐ別れたし。そりゃ年頃だったから、いろいろしてみたいとか思ってはいたけど」
「わかるわかる。大人になってから、なんかスクールラブっていうか、放課後の教室でこっそりいちゃいちゃ! とか憧れるよねw」
って相槌うったら、
「やってみる?」
ってwww

Kのこと当時好きだったし、今も別に嫌いではない。
私は付き合っている人もいなかったし、それに何より、通っていた学校で大人になってからイイコトする、だなんて、想像するだけでエロくてテンション上がっちゃって。

Rちゃんたちが急に帰ってきたりしたら困るから、校庭の隅のトイレの陰に隠れて。
あまり時間がないし、じっくりっていうわけにもいかない。手っ取り早く、Kが先に私のあそこを舌で濡らしてくれて、私もKのを口でおっきくして。

壁に手をついて、ちょっとずつ挿入。
ちょっと苦しいけど、なんかドキドキしているのもあって、すごい気持ちいい。
奥まで入った瞬間に、軽くいっちゃいそうになって。

「今びくびくしてたけど。Rたちが戻ってくるって思ったら、燃えるな」
って、Kも興奮して、息荒くなってるのがわかる。
「私、けっこう痛いのとか平気だから。Kがしたいようにしていいよ」
「じゃあ、遠慮なく」
って、むちゃくちゃに突き上げてきて。

あ、やばいもうすぐいきそう……ってときに、Rちゃんが私たちを呼ぶ声が聞こえてきて。
すっごい興奮して、私がいっちゃって、Kも慌てておちんちんを抜いて、私のおしりにピュッピュってかけてきた。

かばんはあっちに置いたまんまで拭くものはなんにもない。
仕方なくそのままパンツ履いて、おしりがべたべたするけどフレアスカートで隠して、Rちゃんたちのところに戻った。

「どこにいたのー?」
って言われたから、
「私もトイレ行きたくなってさ~。水道は使えたから、バケツに水くんだら、ふつうにトイレ流せたよ~」
って、てきとうなこといってごまかしておいたww
またみんなで集まったら、こうやって隠れてKとエッチしようねって約束しました。

コメント (0)
コメントする