2018年03月16日 21:00

【レイプ】おじさん一人のお店で露出プレイしたら…(体験談)

読了時間:約 4

目が覚めると暖かい日で凄く喉が渇いていたので、近所にあるおじさんひとりで店番しているコンビニみたいなお店にジュースを買いに行こうと思いました。

春になったせいか露出のスイッチが入っちゃったみたいで、下着も着けずにTシャツに薄手のパーカーを羽織って、下は前屈みになったらお尻が見えちゃうくらいのミニスカートで。
おじさんになら見られちゃってもいいと思い、家を出ました。

『こんにちは今日は暖かいですね』なんて言いながら、お店に入ると、おじさんはニコッとして『いらっしゃい』と言って、私を迎えてくれました。

私はおじさんにどうやったら自然に見てもらえるかなと思いながら、まず棚の下の方のジュースを選ぶふりをして、おじさんのいる方向にお尻を向けて前屈みになってみました。

こっちを見てくれているかチラッと確認すると、お客さんが私ひとりという事もあるのか、ずっとこっちを見てくれていました。

私は思いきってお尻が見えちゃうくらいさらに前屈みになり、おじさんのようすをチラッと確認すると、少し前のめりになってこっちを見ていたので、私のお尻を見てくれているのを確信し、いったんジュースを選んで、レジまで持っていきました。

そして今度はおじさんに近いところのお菓子の棚の下の方にあるお菓子を選んでいるふりをして、いきなりお尻が見えちゃうくらい前屈みになり、おじさんのいる方向にお尻を突き出すと、おじさんが『おっ』と声をもらしていました。

私はその声で見られていると確信し、勝手に感じできてしまい、もっと見て欲しくなって、少しづつ脚を開いて、おじさんのようすをまたチラッと見てみると、さっきよりも前のめりで、何か腕を動かしているようでした。

何かと気になり、起きあがるって見ると、なんとおじさんはレジ横の台の下で自分のおちんちんを露にして前後にしごいていました。
私に見られてしまったので、慌ててズボンにしまうのかと思ったら、逆に私に見せつけるように、動かす手を激しくしておちんちんを大きくしたまま、私の方によってきました。

そして、
『お嬢ちゃんが先に見せつけてきたんだからな、おじさんに見て欲しかったんだろ』
「えっやめて下さい、早くそれをしまって下さい、誰かきたらどうするんですか」
『どうせひまなんだ、誰も来ないよ、それより、もう一度お嬢ちゃんのキレイなおまんこ見せてくれよ』
「えっもう一度ってなんですか」
『とぼけるのかよ、パンツも穿いて無いくせに』
「えっとぼけるだなんて」

『じゃあ証拠見せてやるよ』と言われスカートの前を捲られると、おじさんの言う通りツルツルの割れ目ちゃんが露になってしまい、
「あっダメです、やめて下さい」と言っても間に合わず、
『素直になってお互い気持ちよくなろうよ』とスカートを捲られ露になったままの割れ目を指でなぞられました。

私はすぐに抵抗できなくなってしまい、おじさんにもたれ掛かると、レジの中に誘導され、(えっ、ここで?誰か来たらどうしよう)とか思ったけど、横の台に両手をつかされると、後ろからスカートを捲られ露になった割れ目をおじさんになぞられました。

すでにぬるぬるになっていて、割れ目の中に入れた指がピチャピチャと音を立てたかと思ったら、アッと言う間におじさんの大きくなったおちんちんを入れられてしまいました。

もうお店でされていることなど忘れて、私は大きな声で、
「あっあっすごいおじさんすごくかんじちゃう」と喘ぐと、おじさんは私の割れ目を突くスピードを上げ、お店の中に私とおじさんが交わり合う、ペタンペタンペタンペタンと言う音が響き渡りました。

私は「あっすごいもうダメぇ逝っちゃう」と喘ぐと、おじさんは私の腰をがっちりと押さえ、ピストンがさらに激しくなると、私はそのまま
「あっあっもうダメ逝っちゃう逝くぅ」と逝かされてしまったのに、おじさんのピストンはさらに続きます。

私は体をヒクヒクさせながらおじさんのピストンを受け止めていると、第二の波が押し寄せてきて、
「あっあっ逝くおかしくなっちゃうまた逝っちゃう逝くぅ」とまた逝かされてしまいました。

でもおじさんがまだピストンしてくるので、
「あぁもう許してください、もうダメしんじゃう」と言って、あとは失神してしまい覚えていません。

気付いた時は裏の部屋で下半身を露にし、お腹のあたりに白い液がドロッとついたままの格好で寝かされていました。
きっとここでもピストンされ続けて、やっとお腹の上に発射できたんだなぁと思い、お腹の液を拭き取り、帰ろうとしたら、

『やっと気付いたのかい、久しぶりにこんな若い子のおまんこに入れられたから、ついつい頑張っちゃったよ、気持ち良かったかい?』
「えっやだぁやめて下さい」
『またお願いするよ』
「冗談やめて下さい」
『でもお嬢ちゃんもう断れないんじゃないの』
「そんなことありません、もういいです」

『じゃあこれ見てみる?眠っているあいだにお嬢ちゃんの体を隅々まで撮らせもらったよ、毎晩これを見て思い出させてもらうよ』
「えっうそそんなのまで撮られてたなんて、もう許して下さい」
『じゃあまた来てくれるかな?』
「お願いしますもう許して下さい」
『あんなに感じてたじゃないか』
「やめて下さい感じてたなんて」
『何度も逝っちゃってたじゃない』
「ほんとにもう許して下さい」

『じゃあこれネットにアップしてもいいのかな?』
「えっダメです、それだけは、やめて下さい!」
『じゃあまた来てくれるかな?』

「わかりました、ほんとにまたきますから、さっきのは消して下さいお願いします」
『もちろん消すよまたきてくれたらね』

こうしておじさんに定期的にエッチをされる事になってしまいました。

コメント (0)
コメントする