2018年03月22日 01:00

【唖然】衣料品店店員(男)ですが、娘のブラのサイズを測ってくれと言われた結果・・・

読了時間:約 3

某衣料品チェーン店で働いています。
これは先日実際にあった萌え話です。

その日は夏の割引セールということもあり、朝からお店はかなりの忙しさでした。
お昼近くになり客足も途絶えたのでパートの女性が一斉にお昼休憩に行ってしまった時のことです。

店の中に店員は私も含めて2人だけ、もう1人はレジで作業していました。
お客もまばらな売り場で商品の陳列補充をしている私に声をかけてくる人がいます。

見ると小学校高学年~中学校低学年くらいの女の子を連れた母親でした。

「すいません、お店の方ですか?」と少し神経質そうな雰囲気の母親が聞いてきます。

私は「ハイ、何かおさがしですか?」と聞き返しました。

すると連れている女の子を指して「この子の下着を見て欲しいんですけど」と言ってきました。

「ハイ、それでは女性店員をお呼びしますのでしばらくお待ちください」と言い他の店員をさがしに行きました。

ベロチュー
【ベロチュー不可避】素人JDデリヘル嬢のイジメたくなる感は異常wwwwwww
ですが、女性のパート店員はみんなお昼ご飯に出かけていて誰もいません。
レジに入っている店員も私同様男性でした。

仕方がないのでお客のところに戻り、
「ただいま、女性店員は全てお休みをいただいております あと一時間くらいで戻るとは思いますが・・・」と告げました。

すると「じゃあ、アナタでいいわ あんまり時間がないのよね」と母親。
少し驚いたが「まぁ、適当に子供用下着を見繕って渡せばいいか」と思い試着室の方へ連れて行きました。

「それではいくつかお持ちしますので少々お待ちください」と言って私が売り場に行こうとすると、「ちょっと、キチンとサイズを測って選んでよ」と母親が言ってきました。

「安売り衣料品店で子供の下着を買うのにサイズまで測る必要はないだろう」と思いましたが、結局女の子の胸囲を測ることになりました。

短く揃えたショートカットの女の子は真っ黒に日焼けをしていて、スカートをはいていなければ男の子と間違えてしまうようなルックスでした。
おとなしそうな女の子は母親に言われるまま試着室に入りました。

まだカーテンが半分くらい開いているのに母親は「OOちゃん、早く脱いで」と女の子をせかします。
恥ずかしそうに女の子がカーテンを閉めようとすると「大丈夫、お母さんも見てるから早くして」と言いました。

結局、女の子は母親に言われるままカーテンも閉めずに服を脱ぎ始めました。
シャツを脱ぐと下にはキャミソール一枚きりの女の子、下着を通して小さな胸の先端がうっすらと透けて見えています。
すぐにキャミソールも脱いで上半身裸になりました。

水着のあとがクッキリ残った細い体、小さいながら胸も膨らんできている体は未成熟ながらシッカリと女らしいものでした。

「最近、胸が擦れて痛いって言うんですよ そろそろブラジャーを着けさせなきゃダメよねぇ」と母親。

恥ずかしそうに胸を隠しながら猫背になる女の子、私がメジャーを取り出すと、
「ホラ、お兄さんが測ってくれるからしっかり立って」と母親に注意されています。

背中からメジャーをまわして正面の胸へ・・・、
意識しないように注意しましたが、どうしても女の子の胸を見てしまいます。

乳房自体は本当に小さく子供らしいものでしたが、先端の乳首はかなり発育していて十分にいやらしい形をしていました。

薄い茶色の乳輪は腫れ物のように盛り上がり、その真ん中にはコーヒー豆のような形の赤っぽい小さな乳首がポツンとついています。

メジャーを乳首の上辺りで交差させて数字を確認します、女の子が体を動かすたびにメジャーが乳首の粒に当たりかなりドキドキしました。

確かトップ68のアンダー63くらいだったかな、正直女性の胸のサイズを測ったことなんかなかったので正確に測れたのかが心配でした。

とりあえず目検討で売り場から子供用ブラジャーをいくつか持っていきました。

続きを読む(【唖然】衣料品店店員(男)ですが、娘のブラのサイズを測ってくれと言われた結果・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメント (0)
コメントする