2018年03月23日 01:00

【胸糞レズ】同窓会で好きだった子と再会→好きすぎてアナルを弄りまくった結果・・・

読了時間:約 3

由紀と申します。
普通のOLで事務員をしています。

中学2~3年の時に同じクラスだった結衣ちゃんが当時から好きで、中学の部活帰りに海岸へ(学校が海に近い)二人で出かけて手を繋いだりしていました。

中学2年の夏に、夕焼けの見える海岸で初めて女同士でキスしました。
結衣ちゃんは照れていましたが、私が強引にリードしてキス・・・。
舌を絡めることもなくサラッとしたキスでしたが、最高のキスでした。

中学3年生になると結衣ちゃんの家で勉強中に私からキス・・・。
服の上から胸を触るのくらいは大丈夫でしたが、下半身に手をやると
「だ、だめ、由紀ちゃん、女同士って変じゃん。怖いよ・・・」と拒絶されてから、怖くてそれ以上進むことが出来なくなりました。

多感な15歳の甘酸っぱい思い出・・・。

二人とも地元の高校に行き、大学は別々で親交も無くなっていた頃、去年の夏に中学の同窓会の案内がありました。

私は、結衣ちゃんに久々に会いたい!と出席。
もう中学卒業から11年の月日が経っていました。

結衣ちゃんは結婚していて、姓も変わっていました(ちょっと嫉妬・・・)。
少し大人びて、さらに可愛らしい結衣ちゃん。
ちょうど女優のミムラさんに雰囲気が似ていて、色白で胸とかお尻は大きい感じ。
私のタイプなんですよね~、色白でオッパイの大きい子。

人妻になった結衣ちゃんのカラダ・・・。
同性の私でも興奮。
11年前の恋心が疼き出しました。

新婚でラブラブかと思いきや、大学時代からずっと付き合っていた彼氏と結婚したそうで、すでに冷めているみたいなことを言っていました。

結衣ちゃんは久々の地元でしたが、無理言って隣町の私のマンションに同窓会の帰りに泊まりで遊びに来てもらうことに成功。
結衣ちゃんの旦那さんには友達の家に泊まるとメールしてもらいました。

同窓会で飲み、みんなで軽くカラオケに行ってから解散。
私と結衣ちゃんの二人はタクシーで私のマンションまで移動。

紅茶を部屋でいれてあげて、結衣ちゃんと中学卒業してからの話や、結衣ちゃんの結婚生活の話を2人掛けのソファで聞いてあげました。

旦那さんのメールとかで、浮気していそうな怪しいメールがあるとか、不安要素がいっぱいあるみたいで色々相談に乗りました。

慰め終わった頃、また中学の時の話になり、「私、結衣ちゃんのことすごく好きだったんだよ」と告白。

私「今でも・・・。中学の時は結衣ちゃんに・・・私の想いに応えてもらえなかったけど・・・」
結衣「今は・・・旦那の不倫疑惑もあるし・・・。淋しいから応えちゃうかも・・・」

なんとなく結衣ちゃんから、今日は誰でもいいから抱いて欲しい・・・という雰囲気が伝わってきて、チャンス!!今日しかない!!と思いました。

私「ホントに・・・??結衣ちゃんのこと好きだからしちゃうよ・・・?」

ここで私は結衣ちゃんにキス。
舌をしっかり絡めて、中学時代、あの当時できなかった大人のキスを・・・。
当時は舌を入れることは結衣ちゃんに拒否されていたので余計嬉しくて。
女同士でお互いの舌を音が出るほど激しく求め合いました。

私は頬をすぼめて口の中の唾液をじゅるるっ~とたっぷり集め・・・。

私「結衣ちゃん、飲んで」
結衣「・・・う、うん・・・」
私「行くよ・・・。全部飲んでね・・・」

結衣ちゃんの柔らかいぷっくりした唇へゆっくり流し込み、私は大満足。
私の汚い唾液が糸を引き、玉のようになってゆっくりダラ~リと垂れて、最後は重みに耐えられなくなった唾液のかたまりが、ボトッ・・・ボトッと2つ、結衣ちゃんの口の中へめがけて落ちていきました。

大量だったため結衣ちゃんは、「っ!!・・・ごほっ・・・ごほっ・・・」とむせていましたが、最終的には結衣ちゃんは私の汚い大量の唾液をゴクンッと全部飲み干してくれました。

結衣ちゃんのぷっくりした唇に私の唾液がはみ出していたので、キスで舐めてあげて・・・。
あぁ、私の汚い口の中の唾液を結衣ちゃんは全部飲んでくれた・・・嬉しい。
結衣ちゃんのカラダの中に、私の体液が初めて入った・・・。
なんかカラダを一つにした感じ・・・。

中学の時よりも大きく成長した憧れの結衣ちゃんの胸に手をやると、柔らかさが手のひらいっぱいに伝わってきました。

結衣ちゃんは黄緑色のタンクトップの上に白い服を着ていて、白い服を少しよけるとボリュームある大きな胸(タンクトップはまだ着たまま)が目に飛び込んできました。

結衣ちゃんがこう言いました。

続きを読む(【胸糞レズ】同窓会で好きだった子と再会→好きすぎてアナルを弄りまくった結果・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメント (0)
コメントする