2018年04月12日 09:00

アイドルレスラーの女友達に媚薬を盛った結果…(体験談)

読了時間:約 3

俺の女友達は女子プロレスラーです。
顔は童顔でアイドル級、身体は小柄だけどマッチョというアンバランスさで人気を博しています。

ある日、試合を終えた女友達から連絡がありました。
「これから飲もうよ」と、誘われたので、俺は、ま、いっか、と一緒に飲むことにしました。
「どっか行くのはめんどくさいから、そっち行ってもいい?」
と、女友達は俺の部屋に来ることになりました。

女友達はキャミにミニスカ……と、無防備な格好をしていました。
腕の筋肉や足の筋肉が目立っていましたが、「さすがに男の俺には負けるよな……?」と、思い、「腕相撲しようよ」と、俺は持ちかけてみました。

さすがに負けないだろうと思っていたのですが……俺は呆気なく負けてしまいました。
「くっそ……女に負けるなんて」
俺は悔しくなって、女友達になにかしてやりたくなりました。

女友達がトイレに行っているあいだに、女友達が飲んでいる酒に媚薬を盛りました……。
それは男用で、前に試しに飲んだときにはチンコがぎんぎんになりました。
性欲増進剤だったので、女友達が淫乱になる姿を見てやろうと思ったのです。

何も知らない女友達はトイレから戻ると酒を一気に飲みほしました。
「……んぁ」と、女友達は喉を押さえました。
「……し、死ぬ」と、女友達は白目を剥いて倒れました。
そしてうわごとのように、何か呟いています。
俺は聞き耳を立てました。

「ク、クリ……」と、女友達は呟いています。「ん?」と、俺は聞き返しました。
「……クリトリスが」「クリトリスがどうしたの?」と、俺は鼻息を荒げて聞きました。
「クリトリスがぁぁぁぁぁぁぁぁチンコになっちゃうぅぅぅぅぅ」と、女友達は叫びました。
「なんだそれ。よぅし、俺が見てやるからな……」

俺は女友達のミニスカを持ち上げました。
「ん?」女友達のパンティの中身が膨らんでいました。
俺はパンティをずらしてみました。すると……
女子プロの友達の股間にはチンコが生えていました……。

「チンコじゃねえかーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」と、俺は叫びました。
「ち、ちがうの」と、女友達は上半身を起こしました。
「これはチンコじゃない、クリトリスなの」
と、女友達は自分のパンティを脱ぎ捨て、俺のパンツを脱がしました。

「性欲処理させて……」
と、女友達は俺を背後からリフトし、俺のアナルにクリトリスをぶっ込みました。
「いてえええええええええええええ」
俺はアナルが切り裂ける感覚に悲鳴をあげました。
次第によくなりましたが……。

俺は突かれまくってアナル童貞を喪うことになりました……。
それだけでは悔しいので、「俺のチンコもやらせろ」と、バックから女友達を突きまくり、女友達のチンコのようなクリトリスをしごきながら犯しました。
まるでふたなりのセックスでした。

女友達は「イクぅぅぅぅぅぅぅぅ」と絶叫しました。
イクときの女友達の膣力が強すぎて俺のチンコはちぎれてしまいました……。
女友達の膣内に残された俺のチンコを吸い込んでしまったようです。

女友達は自分のマンコを指で開き、「なかにある?」と、俺に見せました。
俺はあまりのショックに茫然とし、「いや……もっと開いて」と、自分のチンコを必死に探しました……。
俺はそれからチンコをなくした男として悲しく生きています……。

「チンコ生えてきた?」
と、女友達から連絡がありましたが、俺は「生えてこない」と答えました。
すると数日後、女友達が、「ヤバイ、わたしの生えてきた……」と、チンコが生えてきた写メを送ってきました。
しかも「日に日にでかくなっていくんだが……」と、日々、チンコの成長記録を送ってきました。
俺は泣けました。

女友達はその日以降、チンコが生えたままになり、男子レスラーになりました……。

コメント (0)
コメントする