2018年05月13日 21:00

【泥酔女】駐車場で寝ていた同じアパートの若妻に生中出し…(体験談)

読了時間:約 2

私は東北のアパート2階に住んでる42歳の独身です。
この間、職場の飲み会があり、11時頃にアパートに戻ると駐車場のすぐ近くに横になっている人を発見。
「大丈夫?」と声掛けるとかなり酔っ払ってるのか無反応。

携帯で照らすと一階に住んでる奥さんでした。
歳は24、5歳の童顔で、可愛らしい顔をしてます。
肩を貸し、自分のアパートへ。


そして奥さんの携帯から旦那へ「友達の家に泊まるね!」とメールをし、悪戯開始!
上着を脱がしてみると真っ赤のレースたっぷりのブラが・・・。
ブラのサイズはAカップ。

ブラと胸の隙間からピンクの乳首が見えたので指で触ってみたらピクッと反応。
今度は下を脱がしたら、ブラとお揃いの真っ赤のパンツ。

あそこに鼻を押し付けると少しオシッコ臭い。
たくさん写メを撮り、ブラとパンツを脱がし、胸を揉みながら乳首を吸うと、「ヤメテヨー」と言いながらあそこを触って来た。

69のような感じになり、あそこを舐めると奥さんも舐め始めてきた。
ジュポジュポと音をたてながら舌を絡ませ、そのまま一回目をいかされた。

奥さんは口の横から唾液と一緒にザーメンを垂らして「パパ入れて」と言って来たので、生で挿入中。
凄くヌルヌルして気持ちが良く、乳首とクリをつねるとあそこをキュッと締め付ける。

あまりの気持ち良さに中出しをしてしまい、そのまま二人とも裸で布団に寝てしまった。
朝になり、起きて隣を見ると奥さんは目を開けて天井を見てた。
奥さんはかなり可愛い声で泣いてましたよ。

「まさか奥さんから誘われるとは思いませんでした。しかも中に出してなんて」

・・・と適当に言うと「旦那には言わないで下さい」と言い、そのまま帰っていきました。

文章が下手でスイマセン。
実話でした。

コメント (0)
コメントする