2018年05月20日 15:00

【近親相姦?】実家で見つけた母の成長ヌード記録…(体験談)

読了時間:約 3

うちの母は顔つきがダイナミックというか、目とか口とかがハッキリしており、若い頃はかなりモテたそうです。
当時の写真を見ると、(髪型さえ変えれば)山田優にそっくりな感じです。
そんな母の実家は田舎で教師をしていたのですが、祖母が体が弱かったため、子供は母一人で諦めたそうです。
(祖母は、私が生まれる直前に亡くなりました。)


自分が大学を出てすぐ、ずっと一人暮らしをしていた祖父も亡くなりました。
49日の後、母に頼まれ実家の整理をしていたのですが、膨大な写真の中から驚くべきものを発見しました。

題名は、表紙に「◯子(母の名)」とだけあり、それが全部で3冊ありました。
1冊目を開くと・・・いきなり母の子供の頃(小学高学年くらい)の裸が写った写真でした。
写真の中の母は、全裸でおもいきり笑っていました。

もちろん、昔の子供ですから、今と違って胸の膨らみも発毛もありません。
髪型も、ワカメちゃんみたいなおかっぱです。
おまけに、白黒で、サイズも今のサービス版より小さいものです。

ですが、実の母の、そのような写真を見た衝撃は、頭を背後から思い切り叩かれたような感じで、心臓が止まりそうなほどドキドキしました。
しかも、ページをめくっていくと、やがて中学に入り、制服姿での写真や、セーラーの上着だけを脱いだ姿、そしてフルヌード。

どれも、場所はいずれも部屋の中で、定点観測というのか、ピアノのある同じ部屋の写真ばかりでした。
(時々廊下の写真もありましたが。)

この頃になると、椅子に腰掛けたり、立ったりしたままの姿ですが、笑ったものは減り、こちら側をじっと見つめたようなものが増え、また写真もカラーになっていました。
(セピアになっていましたが。)

制服姿の最初の写真では、まだ胸もほとんどなく、胸というか乳頭のあたりがやや大きくなった程度でした。
その後の写真は、どうも季節ごとに撮ったもののようで、髪型にも変化があり(中学に入ってしばらくしてからは、髪をずっとおさげにしていました)、子供の頃は華奢だった体も段々丸みを帯び、胸や腰、お尻などの顔つきも大人っぽくなり、女性の体へ変化を手に取るように見せていました。

そして中学の終わり頃になると、胸もそれなりに把握できるくらいに膨らみ、下には毛も確認できるようになりました。
もう、自分はページをめくる度に何枚も出てくる若い母のヌード写真に、心臓が飛び出そうなほどの衝撃でした。

これらの写真は、2冊目の終わりごろで制服が変わって高校のもの、3冊目の後半でおそらく大学に入った頃(?)のものまでありました。
ただ、大学の頃の写真になると、胸や下などは殆ど手で隠したものでした。

3冊目は途中までで終わっていて、4冊目は必死で探したが、もともと無いようでした。
写真の中心は、母が中学生の頃のものでした。
気が付いたら、何時間も経っていて、自分はオナニーをやりすぎて血が出ていました。
(それほどまで夢中でオナニーをしていたのです!)

もちろんこれらのアルバムは持ち帰りました。
自分は母に似たのか、結構モテるほうで彼女もいたし、それまで母親に変な感情を持ったことはありませんでした。
しかし、この写真を見て、一体何故こんな写真があるのか?
(祖父は写真が好きで、ライカなど何台もカメラを持っていましたが)

祖母は知っていたのか?
(何枚もあるので、隠れて撮っていたとも思えません)
それとも祖父と母は近親相姦のような関係だったのか?
(そうとも思えませんが)

それに、母はこのアルバムがあるのは知っているはずなのに、何故私に整理をさせたのか?
(捨てたと思っていた?)
まさか母に直接聞けるわけでもなく、何度考えても結論は出ませんでしたが、しばらくは仕事中にも頭の中にいろいろな考えが浮かんで手に付かなかったし、アパートに帰ったら夕食前に毎日オナニーをしていました。

その後、初めて実家に帰った時は、母親を見ただけであそこが半立ちに反応してしまいました(笑)
今は自分も結婚しましたが、アルバムは若き日の母の記念として、今でも大事にしまってあります。

コメント (0)
コメントする