2018年05月22日 15:00

中出しでしか感じない私の最高のセフレ…(体験談)

読了時間:約 2

中で出してもらわないと感じないようになって一年が経ちます。
元々、生でHするのが好きだったのですが、最近の男の子は、こっちが「中で出してもいいよ」といっても中々、出してくれない・・・。

妊娠しないという根拠のある理由はどこにも無いのですが、今まで危険日で生でHしようが、中で出そうが子供ができなかったので、毎回、出会い系、ナンパ、彼氏とHする機会があれば、お願いしていたのです。


・・・が、みんな私を変な目でしか見てくれません。
そんな中であったのが、今のセフレ。
まどか君って言ってちょっと上背で、遊び人風ですが、やはり遊び人。
高校から続いている彼女がいるにも関わらず、私と遊んでくれます。

そんな彼もやっぱり「中出しして」ってお願いしても最初は、出してくれませんでした。
しかし、何回かHするうちに心を許してか、病気の心配が無いことを悟ってか、中で出してくれるようになりました。

基本的に体が敏感な私は、ブラをしても乳首が擦れて濡れてしまう困った体質でして、膣の中もかなり敏感なんです。
だから、普通に中で出してもらうと精子が飛ぶ振動で気持ちよくなれるんです。

でも、まどか君の射精はとにかく特別なんです。
普通に19歳って若いからなのかもしれませんが、外で射精すると精子が低い天井へなら簡単に届いてしまうほどの威力があるんです!

ですから、そんな彼の精子が子宮口にあたるとそれまで、ずっと突かれていて軽く晴れ上がっている子宮口は驚くほど敏感にその精子に反応してしまうのです。
基本的に腰使いの上手いまどか君なので、いく前にも何度もアンアン叫んでしまうのですが、精子が出た瞬間は、失神しそうになってしまいます。

本当にまどか君と出会えて幸せなのですが、いかんせん日陰の身。
なんとかして、彼女の座を奪いたいと日々、悩んでいるのですが何かいい方法はないですかね?
まどか君もさすがに彼女の膣の中で精子を出すのは気がひけるらしく、私以外の女の子では出せないなと日々言っています。

彼としても中で出すのは気持ち良いらしく、私が彼に依存しているように、彼も私に依存してくれないかしら。
・・・と思っているのですが、これは愛人の考える浅はかな考えにすぎないような気もします。

コメント (0)
コメントする