2018年05月26日 21:00

【浮気】検査の為の精子採取を義母に手伝ってもらった結果…(体験談)

読了時間:約 8

結婚してから3年目に、義父が他界し、一人になった義母(45歳。とても若い!賀来千賀子似か?)と一緒に暮らすこととなりました。
我々夫婦には、まだ子供がなく、その頃から義母は「早く子供を作れ」と、ことあるごとに言うようになりました。

女房(24歳)と義母は仲が良く、「こうした方が子供ができやすい」とか、よく話していました。
女房は産婦人科で何回か検査をし、特に問題がないことが判り、医者に今度は、俺(29歳)の方の検査を勧められたので、医者に行くようにと促されました。


俺はあまり気が進みませんでしたが、女房と義母が執拗に勧めるので、会社が休みの土曜日に仕方なく泌尿器科に行きました。
男性の医者ですが、ペニスや睾丸にライトを当てられ、こねまわされ、やや不快な気持ちになりました。

検査後、今度は、5日間以上禁欲をして、自宅でオナニーをして渡されたシャーレに精液を採取して来るように言われました。
ただし、射精後3時間以内に病院へ持って来なければならないとのことでした。

医者には、「射精にはパートナーの助けを借りて快感を大きくした方が、より多くの精液を採取できるので望ましい」と言われましたが、俺が仕事が休みなのは土曜日、女房は土曜日仕事なので、自分でするしかありません。

その事を女房に話すと、義母にも話したらしく、夕食時の話題にもなってしまい、恥ずかしいさと憂鬱さが混ざったような気分になりました。
しかし、土曜日の前日の帰りが遅かったこともあり、土曜日の起きた時間が10時半頃になってしまいました。

病院は12時までで、車で20分かかる所なので、時間がありません。

義母に早くしないと間に合わないと急かされ、狭い2LDKのふすまの部屋(寝室。もう一部屋は義母の部屋)に入り、オナニーをしましたが、おかずが何もないのと義母が隣のリビングにいることが気になって、射精出来ずにタイムリミットとなってしまいました。

義母には文句を言われるし、帰ってからは女房にも責められました。
男の体がわかってない!と思いましたが、また次週に行くことになりました。
しかも、義母には、さらにそれまでの7日間(合計12日間!)を禁欲するよう言われ、しぶしぶ禁欲の日々を過ごしました。

さて、当日は、8時半に起きました!
しっかりと朝立ちもし、スウェットのズボンの前は、誤魔化すのが不可能なほど大きく突っ張っていました。

義母は、「それなら今日は期待できるわね」と言い、普段はそんなことを言われると萎えるところですが、12日間の禁欲のせいか、ますますペニスに芯が通りました。
義母に「頑張って」と声を掛けられ、「10分で済ますよ」と豪語してふすまの部屋に入りました。

スウェットとブリーフを脱ぎ、敷布団だけを敷いて横になり、少し頭を上げて痩せ気味の体に猛々しくそそり立つペニスを見ながらオナニーを始めました。
ところが、10分・・・20分しごいても、一向に射精感は高まりません。
ペニスはびんびんにそそり立っていますが、ダメなのです。

気分を盛り上げようと、義母が隣の部屋にいるのはわかっていますが、思い切って全裸になり、オナニーを続けましたが、なかなかダメです。

40分ほど経ったころ、義母が、「調子悪い?ダメそう?私のベビーローションあそこに塗ってしてみる?」と聞かれ、ドキッとしましたが、貸してもらうことにしました。

全裸のままペニスを片手で隠し(根元しか隠れませんが)ふすまを少し開け受け取った時、少し覗かれたのか、「やだあ!スッポンポンなの!いやらしいわねえ」と、ちょっと嬉しそうに言いました。
「だってこの方が、興奮するんだよ」と、おどけた感じで答えました。

ローションを手にたっぷり取り、亀頭から裏筋、袋までぬるぬるに塗りたくり、手で軽くペニスを握り上下させました。
さっきより格段に快感が増しましたが、クチュックチュッといやらしい音が、部屋中に響きます。

でも、もう義母には、自分がしていることは、認識されていることなのだと気づいたので、構わずに上下運動を続けました。

「とてもいやらしい音がするわね。でもいい音よ」
「おかあさんのおかげで、もうすぐ終わるよ」

こんな会話もあり、考えてみると義母もまだ若いから興奮してるのかな?と思いながら、義母に性的な興味がある自分に気付いた気がしました。
でも、最初に始めてから1時間以上経っても、射精感が起こりません。
時間も迫ってきたので、上下運動も焦ったような動きになってきました。

義母も音で焦っているが分かっているようです。

「焦んなくても時間は大丈夫と思うわよ。リラックスしてしたらいいんじゃない?」
「とはいってもねえ・・・やっぱ一人エッチでは興奮度が低いよなあ」

義母は、少し黙ったのち、
「私で良かったら少し手伝おうか・・・美香には内緒にしておくし・・・。でも、おばさんじゃ余計萎えちゃうかあ」

驚きと、先ほど起きた義母への性的関心から心臓がバクバクしました。

「い・い・いや、そんなことないけど・・・いやまずいでしょう・・・手伝うってなにすんのよ」
「やあねえ。まあ、手でマッサージしてあげる程度よ」
「うーん。それくらいなら・・・許されることかなあ・・・おかあさんが嫌でなかったら・・・お願いしようかなあ」
「なにいってんの。私は、可愛い若い男のペニス見られるんだから・・全然いいのよ。じゃあ入るわね」

ふすまをそぉっと開けて義母が入ってきました。
俺は敷布団に横たわり、さすがに両手でペニスを隠していました。
義母は、俺の横に座り、
「やっぱりスマートな体ねえ。じゃっ手を退けてみて」
ちょっと躊躇いましたが、ゆっくり手を離しました。

「うわあ!立派なおちんちんねえ。いい形だし、ひくひくしてるんじゃない。これならあと少しねえ」

義母にペニスを完全に露出している快感でペニスがびくびく脈打っていました。
義母は、さらにローションを手に取り、亀頭から根元までを両手で包み撫ぜるようにマッサージしてくれました。

最初冷やっとしましたが、すぐに女房では得られない快感に襲われました。
快感で「うっ、うっ」と小声が自然の漏れ、腰が勝手に浮いてきてしましました。

「気持ちいいの?いやらしい格好ねえ・・・」

俺は何も言い返せませんでした。
おそらく恍惚とした表情をしていたのだと思います。
でも、すぐにイクと思っていたのに、10分経っても同じ状態です。

「やっぱダメかなあ・・・」

俺は思い切って言ってみました。

「視覚からの刺激がないからかなあ・・・おかあさん・・・裸になってくれない?・・・」
「えー!いやよ。もうおばさんだもの。恥ずかしいわよ」
「そんなこと全然ないよ。大体、俺だけが全裸でおかあさんが服着てたら不公平じゃない」

俺は訳の分からない理由を言いました。

「わかった!でも見てがっかりしないでね」

義母は、立ち上がり、着ているものを脱ぎ始めました。
ややスレンダーな感じですが、痩せ過ぎではないし、胸もそれなりにあります。
とても45歳とは思えない素敵ないやらしい体です。
なんと下着は白いTバック!
こうなる事が分かっていた為の勝負下着かぁ?と勝手に思いました。

すべて脱ぎ終わり、下から寝たまま眺めてると、薄めのアンダーヘアーが、きらきらと光っていました。
割れ目が丸見えで、もう濡れ濡れな為でした。
よく見ると、太ももにマン汁が滴になって流れています。

義母は俺の上に重なるように乗ってきました。
俺は、激しく義母を抱きしめ、ディープキスをしました。
義母も激しく応えてくれています。

その後、義母は俺に馬乗りになろうとし、割れ目を亀頭にあてがいました。
カウパーとマン汁とローションで、あっけなくニュポッと長めのペニスが義母の腰に埋まりました。

その瞬間、二人とも同時に、かなり大きめの声で「あっあっあ~」とあえぎ声をあげました。
義母は、腰を俺の腰により密着させるようにグラインドさせてきます。
俺ももう頭の中が白っぽくなり、夢中でしたから腰を突き上げるようにグラインドさせました。

「いいーあっあっすごい・・・すごいあってるう」

義母は、そんな言葉を時折言いながら、あえいでいます。
しばらくの騎乗位ののち、俺は、義母に突き刺しているペニスを抜かないように立ち回り、義母をワンワンスタイルにしました。

そして、激しくピストン運動をさせました。
あえぎ声は二人とも一層大きくなり、突き刺す時と引き戻す時に二人ともほぼ同時に声をあげました。
俺は「なんて快感なんだ。義母とこんなに性器の相性がいいとは・・・」と、真っ白な頭の片隅で感じていました。

部屋の外に聞こえるほど、ペニスの抜き差しに合わせて、ヌチャヌチャという愛液に性器がまみれる音と、パンッピタッパンッピタッと腰がぶつかる音と、睾丸が割れ目の下側(クリトリス付近)に張り付く音が響き渡っています。

俺は、いよいよラストスパートに入り、さらに激しくペニスを義母の割れ目に突き刺しました。
そのとき・・・ピンポーンとチャイムが鳴り、ガラッと玄関の引き戸が開く音がしました。

「よしえさあん。いるー」

近所の義母の友達の声がしました。
うちは田舎のため、勝手に玄関を開けて入って来てしまいます。
しかし、俺も義母もそれに気がついていますが、クライマックス直前のため、そんなことは、全くどうでもいいことでした。

腰の動きをさらに早め、あえぎ声もどんどん短くなり・・・。

「あっあっあっいっいっいう」

いよいよゴールが感覚がペニスの根元に溜まりに溜まりました。
若干先に義母の張り詰めてやや汗ばんだ尻が、下から突き上げるように俺の腰に何度も強く押し付けられました。

「くーイクーーーあっあっあーーーーーー」

義母は、友達がいるのを全く意に返さないような声をあげ、同時に俺のペニスは強烈に締め付けられました。
次は俺の番です。

もう何も考えられず、義母に突き刺したまま「うっうっうーーーうーうー」と思い切り義母の子宮めがけ、12日間ためにためた大量の精液をぶちまけました。
射精は20秒ほど続いたと思います。

義母の友達は、それを聞いていたようで、「お取り込み中ごめんなさーい」と出て行きました。
「聞かれちゃったね」と言いましたが、義母は「ううん大丈夫よ、平気平気・・・それよりすごかったわあ・・・それより中出しして・・・精液どうするの?」

まだ萎んでいないペニスが突き刺さった結合部を見ると、割れ目から精液がしたたっていました。
俺は手を伸ばしてシャーレをとり、したたっているところの下にあてがい、ゆっくりとペニスを引き抜きました。

どろどろどろっと精液がこぼれ、採取することができました。
それからさらに、義母をおしっこスタイルにさせ、俺の指を義母の割れ目に入れ、中の精液を掻き出しました。

そのたびに義母は余韻を感じるように軽く声を出しました。
最後に軽くキスをして、急いで病院へ持って行き、何とか検査をしてもらうことが出来ました。

結果は、若干精子の数が少ないようですが、特に問題はないとのことです。
女房には、さすがの義母も今回の件は内緒にしているようです。

義母の友達には、俺がAVを観ていたんじゃないという事にして、納得させたといっていましたが・・・。
その後、義母の友達に会ったときの俺をみて意味ありげに笑った顔を見ると・・・本当なのか?疑問です。

あれから、何回か土曜日に、義母と絡んでいます。

コメント (0)
コメントする