2018年06月01日 09:00

【露出】アトピー治療の温泉で性器を晒し合う男女…(体験談)

読了時間:約 2

アトピー治療のために某温泉に2週間宿泊しました。
で、そこって混浴だったんです。

初日は私もいわゆる軍艦巻きで必死に隠してたんだけど、私以外に誰もそんなことして隠してる人はいなくて、さすがに2日目からはやめました。
若い男性も女性も、みんな隠さないで堂々と性器まで見える状態でした。


慣れると意外に平気になるもんなんですね。
私は自分の性器を明るい場所で男性に見られるのは初めてだったし、男性のおちんちんを明るいところで見るのも初めてでした。
しかも、何人ものおちんちんを。

宿泊中は感覚が麻痺してたけど、帰宅した今は思い出すだけで恥ずかしくなってしまう・・・。
また今度の年末休暇の時にでも行ってみようかと思ってます。

私は20代です。
湯治場にいたのは同じ20代から上は70歳台まで色々でした。
みんなが裸だと、隠している自分のほうが恥ずかしくなるっていう気持ちって実際に経験してみないとわからないと思います。

自分でも意外でした。
東北地方の温泉でしたけど、地元の人以外に関東から来ている人も多かったです。
性器そのものが見えていたはずです。

女性の多くは体育座りをしていて、私からも他の女性の性器そのものが見えていました。
同じ座り方をしていた私の性器もきっと見えていたはずです。
明るい所で大勢の男性に性器を見られるなんて普通はまずありえない状況ですよね?

ホント、今思い出すとすごく恥ずかしい。
もう一度あの興奮を味わいたいです。

アトピーにもそこそこ効果があったことだし、年末まで待たずにもう一回行こうかな。
でも不思議だったのは、男性達のおちんちんが全然硬くなっていなかったことです。

男性って女性の裸や性器を見ると必ずおちんちんが硬くなると思っていたので、意外でした。
その反面私は2日目の初めてタオルなしになった時は、実は相当な状況になっていました。

3日目には慣れましたけどね。
湯船に入ろうと思って立ち上がったときに、足をツツーと流れるものが・・・っていう状況でした。

なんとかごまかせましたが、真正面に座っていた男性にはばれていたかもしれません。
その男性は立膝をして座っていて、おちんちんが丸見えだったんです。

見ていると硬く大きくなるどころか、逆に小さくなっていました。
袋も小さくなって、おちんちんも皮が・・・。

コメント (0)
コメントする