2018年07月01日 21:00

【痴漢】ガラガラの通学電車で中学生みたいな性欲モンスターに…(体験談)

読了時間:約 4

今から10年以上は前の話です。
まだ高校生だった時、私は電車で2つ離れた町まで通学していました。

その日は早退して、いつもとは違う時間帯の電車に乗りました。
全然人もいなくて、毎日乗っているのに雰囲気が全く違いました。
ガラガラだったので、いつもは座れない2人掛けの椅子に座って寛いでいました。


すると、停車した駅で学生服姿の男子が入ってきました。
最初、その男子は通路挟んで私の隣の椅子に座っていました。

特にその時は気にもせず、携帯を触りながら少しうとうとしてしまいました。
ほんの一瞬くらいだったはずですが寝てしまい、目が覚めるとその男子学生が私の真横に座っていました。

何故?という考えと同時に、恐怖も感じていました。
私のいた車両は私とその学生しかいないので、他にどこでも座る場所はあるのです。
にも関わらず横に座るという事は、何かされるんじゃないかと恐怖でいっぱいでした。

次の瞬間でした。
横から手が伸びてきて私の太ももを触りだしました。
やっぱりきたと思いました。

持っていたカバンで相手の手を何度か防ごうとしましたが、相手の手の勢いは収まらず、気持ち悪い手つきで足やお尻を何度も触ってきました。

声を出そうと思っても出せませんでした。
誰もいないので出しても仕方ないですが、やめてくらいは言いたかったけど怖くて無理でした。

近くで見ると、相手の男子は中学生くらいに見えました。
とにかく携帯で電話しようと携帯で連絡しようとした瞬間、携帯を相手に奪われてしまいました。

咄嗟に、「やめてください。何するんですか」と携帯を取られた怒りで声が出ました。
しかしそれがきっかけになってしまったのか、首根っこをがっしり掴まれてしまい、相手の股間に顔を押し当てられました。

もちろん相手はズボンは穿いていますが、とても固くなっている所に顔を何度も押さえつけられました。
「やめて」と言いながら手をバタバタしてそこから抜け出そうとしましたが、中学生かもしれない男子でも既に私よりも力は強く、両手で押さえられているので抜ける事ができませんでした。

すると男子学生は小声で、「気持ちいい。お姉さん、お姉さん。とてもいい」と呟いていました。
とにかく気持ち悪くて逃げたかったのですが、全く離してもらえず何度も股間に顔を押さえつけれました。

ようやく離してもらえたと思ったら、学生はズボンをパンツを大急ぎで下ろそうとしていました。
もうこれは危ないと思ったので、立ち上がって逃げようとしたら、既にパンツを下ろしている男子の脚を乗り越えようと思った瞬間、腰をがっしり掴まれてそのまま体に引き寄せられました。

私はドスンと相手の脚の上に座らされたのですが、固くてガチガチになった男性の性器が私のお尻に当たるのが分かりました。
私の腰にがっしりと手を回して、物凄い力で全く立ち上がる事ができませんでした。

その間も相手の男子は自分の股間を私のお尻に擦りつけ、何度も腰を突き上げるような動きをしていました。
直接ではなくても気持ち悪くて、逃げようと何度もバタバタしましたが、全く逃げれませんでした。

「お姉さん、いい匂い」と言いながら私の背中に鼻を押し付けていました。
逃げたい。
早くここから逃げたいと必死でもがけばもがくほどお尻が股間に当たってしまい、相手は気持ちよさそうな声を出していました。

私はもう半泣きで声は出ませんでしたが必死でもがきました。
すると男子学生が、「イク、イク」と声を出し始めました。

パンツ越しでも精子なんてかけられたら最悪だと思って、力を振り絞って立ち上がろうとすると、相手の力がさらに強まり、お腹の肉にえぐるように掴んできたので、痛くて力が入りませんでした。

男子の腰の動きが激しくなってきた次の瞬間、私のお尻に温かいものが染み込んできました。
相手はしばらく数十秒くらい余韻に浸っていました。
もう最悪だと思って力が抜けました。

入れられてはないけど、不安で仕方ありませんでした。
そして相手の力が抜けた隙を見て一気に立ち上がり、別の車両に逃げ込みました。
もうカバンも携帯もそのままでした。
とにかく逃げたかった。

逃げた車両も隣の隣まで行って、ようやく人が数人まばらにいる程度でした。
この人達も自分のいる列車でこんな卑劣な事がされていたなんて想像もしないでしょう。

私は恥ずかしくて、でもとにかく早く下着を変えてシャワーを浴びたかった。
とにかく無我夢中で駅を降り、近くは砂浜のある海岸線だったのでシャワーがあると思って必死に走りました。

こんな制服姿の女がシャワー室に入るとおかしいと思われると不安でしたが、こんな平日のこんな時間にほとんど人もいなくて、とにかく空いている所に入って服を下だけとりあえず脱いで、シャワーで洗っていた時でした。

もうここからは悪夢でした・・・。
先ほどの男子学生が扉を開けて入ってきたのです。
どうやら後をつけられていたらしいのです。

私は口を押さえられて、後はとにかくここでは話すのが怖いくらいされるがままでした。
10分くらい乱暴されました。

それ以来私は引きこもりがちになり、最近はようやく人付き合いも出来るようになりましたが、今もまだ男性の近くにいるのは無理です。

コメント (0)
コメントする