2018年07月05日 15:00

【姉弟相姦】好きだった姉が振られた日に最初で最後のセックス…(体験談)

読了時間:約 9

姉がクリスマスに振られた。

俺:20歳の童貞、フツメン。
姉:23歳、彼氏いたし非処女、Cカップくらい・・・?身長は小さめの黒髪ぱっつん。

姉はその彼氏と2年くらい付き合ってたのかな。
俺も彼氏と会った事あるし、普通に接してた。
姉と彼氏も凄くお似合いで微笑ましかった。

・・・なんてわけあるかい。
俺はシスコンだ。
姉大好きだぞ。
彼氏ができた当初なんて死のうと思ったわ。
もう思い出に浸るから聞いていけ。


俺が当時高3の受験の時期に、姉に彼氏がいる事を知った。
男なんて興味無さそうな姉が彼氏ねー・・・って感じだった。

俺が知ってる限り、その彼氏と付き合うまで男とは無縁だったと思う。
学校が終わると真っ直ぐ家に帰ってきてたし、帰宅時間が遅くなるっていう事もなかった。

姉は俺が小さい頃から面倒を見てくれていた。
両親が共働きだったため、遊び相手してくれたしお菓子買ってくれたり。
姉が中学生くらいになると、たまにご飯も作ってくれたりした。
その中でも最強はオムライス、無敵だわ。

まあ俺が中学生になると反抗期になるよね。
姉が作ってくれた料理に対して文句言ったりしてた。
姉は家族の中で1番接する機会が多かったしね・・・。

両親も家に居る事はいたし、全部が全部姉に当たってたわけじゃない。
姉が高校受験する時も忙しいだろうに構ってくれてた。
なんて言うか・・・今思い返すと本当に申し訳ないし感謝の気持ちで一杯だな。

それで、姉は第1希望の学校には入れなかった。
本当に俺のせいだと思う、俺があんなに反抗したりしなければ・・・。

でも姉は一言も文句言わずに「勉強不足だったー(笑)」って笑ってた。
それがより一層俺を辛くした。

姉はいつも通り俺に話し掛けてくるけど、俺は気まずかった。
だからなるべく会話を避けて避けて・・・それでまでが嘘みたいに話をしなくなった。
逃げてばっかで気まずくなる一方。

中学入って半年くらい経ったくらいから、少しずつ話すようになった。
避けてばっかりだと姉が罪悪感を感じるんじゃないかと思ったから。

それから姉にべったりの生活。
もう部活終わったら早く帰って姉のご飯食べてたわ。

俺の高校受験と姉の大学受験が同じ時期だったけど、俺はそんなにレベルの高くない高校だし、姉は推薦で大学に行ったため、お互いに特に気を張り詰める事もなく進学。

この辺りで“俺すっげー姉好きだわ”って自覚するようになった。
姉に彼氏いんのかなーとか、何して遊んでんのかなーとか。
もう恋してるみたいなそんな感じ。

姉と弟だし、そんなんあかんで!と思いながら過ごしてたが、姉はその頃もまだ俺に優しくしてくれてた。
俺の誕生日には欲しいものくれたり、クリスマスとかも。

でも俺が高3の時のクリスマスは違った。
姉が家に居なかったんだ。
俺はまさかと思った。
ただ帰りが遅いだけ、就活とかなんだなとか思ってたが違った・・・。

姉には彼氏がいた。
しかも12月に入って付き合い始めたらしい。
「その彼氏とはバイト先で仲良くなって~」と言ってた。

今までたくさんたくさん優しくしてくれてた姉がいなくなる・・・。
なぜかそんな気がして、その年のクリスマスは泣きまくった。
初詣も姉はいなかった。
いつも家族で行くのに、その年は居なかった。

ポッカリ開いた穴、もうどうしようもなかった。
俺は姉の事が本当に好きなんだなぁと思った。
もーーーー本当に失恋したような、何とも言えない気分。
彼氏に嫉妬というか・・・本当に何とも言えない気持ちだった。

俺が大学1年になって少し経ち、姉が彼氏を家に連れてきた。
“コイツか!!!”って感じで俺は闘志むき出しだった。
彼氏はイケメンと言うよりは可愛い感じの、今風のお洒落な男だった。
まあモテそうな感じ、氏ね!!!!

俺と姉、母、彼氏でご飯を食った(父は仕事)。
皆それぞれに楽しんでいるようだったが、俺だけは目をギラギラさせていた。

すると母に「アンタ緊張してんの?」って言われたから、俺は「いいや、今日は勝負の日なんだ」と返したら、皆に「何の勝負なんだよwww」って笑われた。
分からなくていいんだよ、俺と彼氏のタイマンが始まってる事なんて。

それから最近まで彼氏はちょいちょい遊びに来てた。
毎回ギラギラさせるわけにもいかず、姉が好きになった人だからと思って我慢して普通に接した。
ゲームしたり、家族で飯食ったり、普通に。
本当は心の中でタイマン張ってたけど。

クリスマスに泣きながら姉は帰ってきた。
その日、両親はレストランだかどっか高級な所に行ってて居なかった。

俺「姉ちゃんなんで泣いてんの?振られたん?」
姉「・・・グスン・・・うん・・・グスン・・・」
俺「・・・え?」

そんなやり取りをリビングでした。
姉は部屋に入って行ったので、俺も自分の部屋に戻った。
それから1時間くらい経った頃、『部屋に来て』ってメールが着た。

広い家じゃあるまいし直接来ればいいのにって感じで童貞全開だった。
姉の部屋に入ってみると、姉はまだ泣いていた。

俺「・・・大丈夫?」
姉「・・・グスン、、ウン・・・ウゥ」
俺「なんで振られたの・・・?」
姉「たっくん(彼氏)に別の好きな子が・・・出来たって・・・グスン」

・・・みたいな感じだった。
姉が彼氏と別れて嬉しい気持ちもあった。
でも泣いてる姉は見ていたくなかったし、今まで生きてきた中で泣いてるところなんてほとんど見た事ない。

そんな姉が今、自分の前で泣いている。
自分に何か出来る事はないかなって考えた結果、話を聞いてあげようって思った。
姉の納得がいくまで。

姉の話はこうだった。
最近の彼氏は今までより遊んでくれる回数が少なくなったり、電話の頻度が減ったりしてたらしい。
そしたら、「浮気とかはしたくないからケジメを付けたい」と。

姉は「別れたくない」って何度も言ったらしいが、「もう決めた事だから」って。
俺は気の利いた事は言えなかったけど「うんうん・・・」と相槌を打ちながら、2時間近く色々と話を聞いていた。

夕方くらいからずっと話してたから電気を点けておらず、部屋はもう暗かった。
そしたら、急に姉が驚くべき事を言い始めた。

姉「私ね・・・大学に入るまでカズくんの事好きだったんだよ。恋とか、そういうのは分からなかったけど・・・でも姉と弟だからそういうのはいけないって思って。だから他の男の人を好きになろうって頑張った。頑張って、頑張って、好きになった。それは偽りではなくて、たっくんの事は本当に好きになれた」

俺「・・・うん」
姉「でも、こうやって振られちゃって。こんな話をカズくんにしちゃって。私ってもう本当にダメだね、姉失格だね、ははw」

俺「どうして?俺もね、信じてもらえないかもしれないけど、姉ちゃんの事好きだったんだよ?姉ちゃんと同じで恋とかは分からないけど、彼氏ができたとき泣いてたし・・・w」
姉「・・・え?グスンッ」

言い終わったくらいに姉がキスしてきた。
もう意味が分からなかった。
初チューではないが、もう何年ぶりかに味わうこの感じ。
しかも、ずっと思っていた姉とのキス。

姉「へへっ///」
俺「・・・え、ちょ」
姉「今日たーっくさん話聞いてもらえたからね!お姉ちゃんからのクリスマスプレゼント!w」

そしてもう1回キスされた。
今度は長めのキス。
童貞の俺は、もうどうしたらいいか分からなかったが、姉は察してくれたみたいだった。

姉は舌を中に入れてくると、ゆっくりゆっくりと俺の舌を舐めてくれた。
俺も経験無いながらも、姉がしてくれたように姉の口の中に舌を入れる。

「んっ」

たまに漏れる姉の声に興奮し、もう俺のアソコは元気になり過ぎていた。
ディープキスをしながら姉は手を繋いできた。

姉「今日だけ・・・そばにいて欲しいなぁ」って耳元で囁かれた。
俺「・・・うん・・・姉ちゃんが良いなら、そばにいたい・・・」

そう言うと、姉はズボンの上から俺のを触ってきた。
姉はふふって笑うと「お姉ちゃんでも興奮してくれるんだねw」って言ってきた。
俺はもう我慢出来なかった。

俺「姉ちゃん・・・胸、触っていい・・・?」
姉「うん・・・いいよ・・・」

俺は姉の胸を触ってみた。
初めて触る、おっぱいの感触。
服の上からだけど、柔らかくて・・・勃起が止まらなかった。

姉「直接でも・・・いいんだよ?」

そう言ってくれて、ゆっくりゆっくり脱がすと姉の服が少しずつ見えた。
水色のフリフリの付いた下着。
俺は下着を取ろうと背中に手を回すと、自然と抱きついたような格好になって勃起が増した。
上手く取れるか心配だったけど・・・取れなかった。

姉「・・・取ってあげようか?w」って姉に笑われた。

なんか凄い恥ずかしかったけど、でもそれはそれでなんか・・・と思ってるうちに姉ちゃんのおっぱいが下着から溢れた。
おっぱいはそんなに大きくはなく、手に収まるくらいだった。

ゆっくりと揉みながら乳首を触ると、姉はたまにビクッって反応して、「気持ちいいよ?//」って言ってくれた。
俺はその言葉が嬉しくて乳首を舐めてみた。
舌で舐めたり、吸ったりした。

吸ってる方と、逆の胸の乳首をクリクリと攻めると、姉は「だめだよぅ///」って言うけど、それが俺のS心をくすぐった。
乳首を触りながら首筋を舐めたり、ディープキスしたりAVで学んだ知識をフルに使った。

そして下の方に手を伸ばしただけど、姉はタイツを穿いてたから、「ちょっと待って」と言って脱いでくれた。
姉はスカートだったため、脱がさないでそのままパンツを触った。

そしたら姉は「下着・・・脱がせて・・・」と言ってきた。
言われた通り俺は姉のパンツを下げ、姉ちゃんのマンコを触ってみるとすごく濡れていた・・・。
初めて触れる感触、生温かい初めての感じだった。

本当はそんなに気持ちよくなかったと思うけど、クリトリスがどこか分からず指でクリクリしてたら、「んっあっ///」って姉が喘いでくれた。

姉「気持ち良くしてくれてありがとね///次はお姉ちゃんがしてあげる番だね」

そう言うと、俺のチンコをズボンの上から触ってきた。
アソコを人に触られるって不思議だった。
それも姉ちゃんが自分のを触ってる・・・。
初めて触られる事もあって喘ぎ声が漏れる。

姉「可愛いねwズボン下ろそうねー」

俺のベルトを少し手こずりながらも下ろしてくれた。
パンツの上から俺のを触る姉ちゃんは、触りながらディープキスをしたり、乳首を舐めたりしてくれた。
すると姉は俺のパンツを下ろした。

姉「なんか・・・恥ずかしいね///w」と姉は笑う。

そして俺のチンコをゆっくりとチンコを奥まで咥えて、上下に動かす姉ちゃん。
本当に気持ちよくて、今にもイきそうだった。
少しずつ姉の動きが早くなって、フェラチオのエロい音が部屋に響いた。

俺「姉ちゃん・・・気持ちいいよ・・・」
姉「イッたらダメだよー」

そう言って机の引き出しからコンドームを出した。
俺は彼氏と使ってたんだろーなーって顔をしてると「前、女の子の友達に1つもらったんだよw」って言われた。

「着け方分かる?」って言われたので、戸惑っていると「多分こうかな・・・?」って感じで教えてもらいながら着ける事ができた。
俺は「じゃあ姉ちゃん挿れるね・・・」って言って、姉ちゃんの中に入れた。

少しずつ中に挿れた。
ヌルッていう感じと、チンコを締め付けてくる姉ちゃんのマンコ。
今、姉ちゃんと1つになってるって考えると幸せで、興奮を促した。
ゆっくりと腰を動かすそれに合わせて喘ぐ姉ちゃん。

姉「んっあっあっああっ」

姉ちゃんの喘ぎ声が堪らなかった。
俺は姉ちゃんにキスをしながら腰を動かしたりした。

姉「もっと・・・きて・・・」

姉ちゃんが言ったのでもっと激しく突くと、姉ちゃんの喘ぎ声はもっと激しくなった。

姉「あんっあんっあっだめっ」

喘ぐ姉に激しく突く俺。
でも俺ももう限界だった。

俺「ああっダメっ!!イク!!!」
姉「うんっ・・・きてぇっ・・・」

ゴムを着けていたものの、姉ちゃんの中でイクという事が快感だった。

俺「・・・ふぅ、姉ちゃん気持ち良かった・・・?」
姉「うんっ気持ち良かったよ///ありがとうね。もしかしてカズくん・・・w」

“初めてだった?”って聞かれそうだったので・・・。

俺「べ、別にいいだろ!!」って返した。

初めての相手が姉ちゃんって事が凄く嬉しかった。

姉「カズくんの初めて、お姉ちゃんで嬉しい///w」って姉ちゃんは笑ってた。

そこからベッドに一緒に入って昔話とかで盛り上がったが、その間もおっぱい触ったりいちゃいちゃしてた。

20時過ぎくらいになって、「そろそろお母さんたち帰ってくるかもね」って事になって、俺は自分の部屋に戻った。

次の日とかなんか恥ずかしかったけど、気まずさはなくて普通に話してる。
ちなみにそれ以降はセックスしてないわ・・・。

まあもう一生ないのかな・・・w

コメント (0)
コメントする