2018年07月20日 15:00

一人拘束オナニーしてたら大ピンチに…(体験談)

読了時間:約 4

みくです。大学1年の頃の話なんだけど。
サークルに入って新しい友達も出来て遊び放題。
毎日楽しい日々を過ごしてまちた♪w

でも、バイトもしてないのに飲み会ばかり行ってたら当然お金がなくなり、その日は誘われたけど「用事がある」って言って家にいました。
まぁ当然何もなく、家でぼーっとテレビを見てたんだけど。

12時くらいになってそろそろ寝よっかなぁ~と思ったんだけど、ベッドの中でゴロゴロしてたらちょっとエッチな気分にw
オナニーして寝ちゃおうって思って服を脱いだの。


みくはオナニーの時は全裸ですw
そっちの方が気分が盛り上がって気持ちがいい。

そして他人には言えないんだけど、元彼がすっごいSだったこともあり、みくもエロエロなMにw
縛られるのとかが好きで元彼が持ってきたおもちゃをいつもオナニーに使ってます。

その中に手錠があってそれも4つ。
元彼はみくをベッドに大の字に固定して楽しんでました。

みくはその時、何を思ったかそれを自分でやってみたくなりました。
そこで、まず両足をベッドの足の柱に手錠で固定。
足が閉じられない状態に。
それだけでドキドキ。

そして、あとでカギが開けられなくなると困るので、カギはベッドの横のテーブルに置いて、布団をかぶって両手を前にして手錠をはめました。
そして右手で中を触って左手にはローターでクリを。

縛られてる感覚でいつも以上に気持ちよくて最高の気分。
あまりに気持ちよくて隣の人に聞こえるかと思ったけど、声を抑え切れずにいつも以上に出てたと思う。

すると突然、ドアの方でガチャガチャっとドアノブを回す音。
そして大きい声で・・・。

「おーい、みくー。いるんだろーお前なんでこないんだよーうぉーい、のむぞー」

同じサークルのマサシの声。
明らかにめちゃくちゃ酔っ払ってる・・・。
でも、みくはオナ中で面倒だったこともあって無視しようと思ってました。

ところが・・・

“ガチャ”

「おー開いてんじゃん、みくー入るぞー飲むぞー」という声。
なぜかドアが開いてたらしい!

「おじゃましまーす」
どうも一人じゃないらしく、とっさに大声で「眠いから帰って!」と言ったけど、「じゃー寝とけよ、俺らこっちの部屋で飲んでるから。ドア閉めとけばいいよ」と、ドア越しに言ってきた。

ちなみにミクの家は部屋がふたつ。
みくは奥の部屋でベッドで縛られてる^^;
すると、わいわいと隣の部屋で酒盛りが始まった。

「みくー酒もらうぞー」という声。
全員聞いたことある声だったからサークルの子みたい。
女の子も混ざってる。
男三人、女2人。

「こっち来いよ」と言われたけど、「すっぴんだから行かないしこっちの部屋にもこないで!」って言った。
何度か「帰ってよ~いい加減にして~」と言ったが、酔っ払いには聞く耳なし。

とにかく気づかれる前に手錠を外さなきゃと思い、テーブルのカギを取ろうとしたけど、焦ってたのか下に落としてしまった。

絶体絶命・・・。
手を伸ばすけど、あとちょっとのところで届かない。
焦って冷汗が出てくる・・。
とにかく早く帰れ~と願ってました。

30分くらい経つと酔っ払いがさらに酔ったのか・・・。

「みく寝たんじゃね。ちょっと寝顔見てみようぜという声」

頭の中をフル回転させて寝たフリ。
ドアが開く。
男3人が最初に入ってきて、女2は覗いてる。

「ちょっとー襲ったらダメだよー」とか言って笑ってた。
うーんかなりやばい。
ミクは全裸で両手、両足に手錠。
隠してるのは布団だけで目の前に男3人・・・。

「ってか普通に寝てるしつまんねー」と言って戻っていく。
ほっとした。
布団を剥がされたら大学行けないと思った・・・。

それから1時間ぐらいしてワイワイ騒ぎながらみんなは帰っていった。
ほっとしたが、早くなんとかしないとと思い、もう一度起き上がって手を伸ばす。
でも、届かない・・。

このまま縛られたままだったらどうなるんだろ・・。
大学にも行けず、そのうち捜索願いとか出て、色んな人が来てみくの恥ずかしいところが・・・。
もう頭はパニック状態。

少し深呼吸・・。
そしてテーブルの携帯に手を伸ばした。
もう誰かに来てもらうしかないと思った。

けど、誰に?大学の仲いい女の子?
軽蔑されるかもしれないしもし誰かに話したら・・・親?
いや言えるわけない・・・。

散々考えて、喧嘩別れしてから一度も会ってない元彼に電話。
なかなか出てくれない。
何度か鳴った後で眠そうな声で「何?」と出てくれた。

「こんな遅くにごめん」
「いいけど何?」

さすがに言葉に出せず・・・。

「話があるから来て・・・」

最初は元彼は嫌だと言ってた。
時間は夜の2時。
明らかに寝てた元彼。
しかも喧嘩したまま。

しかも何を勘違いしたのか「オレ、お前とより戻す気ねーし」みたいな・・・。
ミクもねーよとムカついたけど、「ごめん、そうじゃないのお願い」と何度も言うと来てくれる事に。

1時間ぐらいしてドアが開いた。
「なんだよ」とちょっと怒ってる。
でも中々話を切り出せない・・・。

「ってか話があるなら起きろよ」
かなり怒る元彼。
意を決して・・・。

「起きれないの・・・なんでかは布団はいで見てくれる・・・?」

元彼は「はぁ?」という顔をして、布団に手をかけ一気に捲った。
その瞬間、全裸で手錠のミクをみてきょとんというかびっくりというか言葉も出ない様子・・・。

「えっ、なに・・・これ・・・?」

恥ずかしくて顔を背けながら説明すると。
一言、「バカだろ・・・」。

元彼がカギを探していたのでホッとしていたのも甘かった。
カギを見ながらニヤニヤする元彼。

「オレがカギを開けなかったらお前どうなるだろうな」

どうも彼のS心に火がついてしまったらしい・・・。

その後のことはご想像にお任せします・・・。

コメント (0)
コメントする