2018年08月31日 09:00

高校時代の高嶺の花の先輩になぜか「チューしよ」と言われて…(体験談)

読了時間:約 8

先輩との話。
1コ上で、高校の時から他の人より大人びていた。
身長も160cmちょっとくらいあって、スレンダーなスタイル。
顔立ちもはっきりしていて、モデルっぽい雰囲気も出していた。
それでいて飾らない性格で、よく笑いノリも良いため、男子にはもちろん、後輩女子からの人気も結構高かった。

俺との関係は、仲良くさせてもらってた先輩の友達でもあったので、その先輩を経由してではあったが、わりとよく遊んだりして仲もそこそこ良かった。
当時は高嶺の花というか、恋愛うんぬんとか考えられる対象ではなかった。
今は大学生の傍ら、カットモデルとして雑誌にもよく載ってるらしい。
髪は鎖骨辺りまでの長さで、色は少し明るめの茶色。
全体的にふわっとした髪型をしている。


顔は、スッピンとほとんど変わらないんじゃないかってくらいの薄化粧。
肌もキレイで、高校の頃からすごい色白だった。
特別、誰かに似てるってわけじゃないんだけど、カットモデルとして載ってた雑誌に、『佐々木希風スタイル』みたいな感じで紹介されてたから、今回は佐々木希をイメージしてくださいな。
なので名前は希さんでお願いします。

今月の初め、先輩たちが新年会がてら久しぶりに集まるというというので、男友達と一緒に参加させてもらいに行ったら、希さんも来ていた。
希さんに会うのは2年半ぶりだ。
オシャレな可愛い柄のワンピースを着ていて、その笑顔を見た瞬間、一瞬で当時の淡い気持ちに戻った。

制服姿で黒髪の印象しかなかったので、希さんがいきなり大人になったような気がして、話をしようとしてもなんとなくぎこちなくなってしまった。
一次会は普通の飲み会、二次会はカラオケ。
ひとしきり他人の歌を聞いた後、タバコを買いに外へ出て、そのあとトイレのほうへ歩いていくと、希さんが向こうから歩いてきた。

希「七尾くん、どこ行ってたの?」
俺「ちょっとタバコを・・・希さん、色っぽくなったっすよね」
一次会から思っていたことが、思わず、言葉になって出てしまった。
希さんは少しびっくりした様子だったが、嬉しそうに微笑んだ。

希「ねぇ・・・チューしよっか」
俺「は?」
俺は突然のその言葉に、変な声が出てしまった。
俺が固まったまま様子を見ていても、その天使のような笑顔は変わらない。

希「チューしようよっ」
この人の微笑みには、人を引き寄せるすごい力がある。
俺「な、なに言ってんすか~。希さーん、酔いすぎですよぉ。さ、皆のとこ、戻りましょ!」
少しキョドりながらも、変な空気になるのが嫌だったので、俺はそう諭す。

希「酔ってないよ。私、そんなにお酒飲んでないから」
笑顔は変わらなかったけど、一瞬だけ寂しそうな表情が垣間見えた。
ここで「なんかあったんすか?」と聞くことも出来たけど、雰囲気を察するに、恐らく希さんが俺に求めているのは、そういう事じゃない。

それに目の前には、あの高嶺の花の希さん。
・・・もう俺がするべきことは、一つしかなかった。
唇を重ねる。
希さんが発した言葉の理由なんてどうだっていい。
今はただ、この柔らかい唇を本能のままに絡めあう事だけを考えた。

そのキスは、なんとも言えない甘い味がする。
希さんから吐息が漏れ、その瞬間に舌を割っていれる。
そのまま舌を絡ませていると、さらに衝動が高まった。
体を引き寄せ、ズボンの下で硬くなった下腹部を希さんのお腹に押し付けた。

希さんは「んはぁ・・はぁ、七尾くん・・・やだぁ~」と言いつつも、その部分をズボンの上から手のひらで撫でてくれた。
高校の時には、希さんにこんな事されるなんて、想像すらしたこともなかったので、俺は夢なんじゃないかというくらいの興奮を覚えた。
希さんの胸を服の上から揉み始めたとき・・・。

希さん「はぁ、はぁ・・もう、ここじゃやめよっ・・・見られちゃう」と体を押し戻された。
しかし、当然、この高まった気持ちを鎮めることはできない。
俺は「希さん・・・ここまでされて、俺収まんないっすよ」と正直に答えた。
すると希さんは、しばらく考えたあと・・・。

希「ぅん・・・わかった。2人になれるとこ行こ。裏のコンビニで待ってて。私が先に行ってるから、七尾くんは時間見て、いい時に抜けてきて」
瞬時にプランまで提示してくれた。
希さんは、昔から頭が良く、てきぱきしていた。

俺たちはプラン通りに時間差で二次会を離れて、コンビニで待ち合わせる。
そしてタクシーを拾って近くのホテルへと向かった。
部屋に入って、まずお互い、服を脱ぐ。
希さんがワンピースを脱いでいく様子には、ついつい目が奪われた。

ワンピースを脱ぎ落とし、ホテルの薄暗い照明に照らされ下着姿になった希さんは、妖艶な雰囲気を漂わせながらも、飾らない可愛さは変わっていなく、思わず唾を飲んでしまった。
そして一緒にお風呂へ。
手で石鹸を泡立てて、お互いの体を洗い合う時に、初めて希さんの胸に触れた。

俺が「柔らかい」と、つぶやきながら指先で乳首を転がすと、「んゃっ、そこ弱いっ」と、希さんは可愛い声を出す。
そして、今度は希さんが泡だらけの両手で俺のモノを包み、優しく撫で回す。
その行為があまりにも気持ちよすぎて「やばっ・・・出そうっす」と、慌てて俺は希さんの手を止める。

希「七尾くんと、こんなことしてるなんて・・・なんか不思議だよねっ」
そういう希さんの笑顔は、高校の時から変わっていない。
俺「そうっすよね、なんか想像もしてなかったっす」
そんなことを話しながら、俺たちは石鹸だらけの体で抱き合い、ヌルヌルと体を擦り合わせながら、キスをした。

希さんの体と俺の体の間で刺激され、モノはますます硬くなる。
シャワーで石鹸を落とすと、希さんは、俺の前に跪いた。
希「七尾くんの。・・・あまり上手じゃないんだけど」
恥ずかしそうに言って、希さんはフェラを始めた。

しかし、すでにかなりの刺激を与えられていたし、“あの希さんが目の前で跪いて、俺のモノを咥えている”という状況自体が興奮を煽ってきて、俺はもう我慢できない状態になっていた。
俺「の、希さん・・・もう、出ちゃいます」
希「ふふ、七尾くんの声、かわいっ・・・いいよ、出して」
希さんの動きが早くなる。

俺はそのまま希さんの口内へ射精した。
希さんのフェラで一度出したが、ベッドへ向かう間にはもう元気を回復していた。
それほど、俺の気持ちは高ぶっていた。
ベッドで俺は、希さんの体中を舌で愛撫した。
希さんは、何かを我慢するように「んっ・・んはっ・・・はぁぁ」と、しぼり出すような声を出す。

希さんのカラダを改めてじっくり見ると、完璧すぎるスタイルだった。
全体的にスリムではあるが決して痩せすぎではない。
胸こそ、B~Cカップとそこまで大きくはないが、形は素晴らしい美乳で、乳首は汚れを知らないような薄ピンク。
個人的にめっちゃ好みの胸だった。
そしてなにより、色が白い。

透き通るようなその肌は、触り心地もスベスベしている。
そんなハダカの希さんは妖精のようにも思えた。
希「七尾くん・・・そろそろ・・・来て・・・っ」
希さんの脚を少し持ち上げ、俺はペニスをあそこにあてがった。
溢れている希さんの愛液に、俺のモノを絡める。

尖端だけを少しだけ、浅く出し入れする。
クチュ・・チュク、チュク・・・と濡れた音が響く。
俺「すごっ・・希さん・・・すごく濡れてますよ」
希「んんっ・・ん、もぅ、焦らさないでっ」
俺は下腹部を希さんに押し付けるように、一気に奥まで挿入した。

「あぁぁっ!ゃぁ、んはぁっ・・・ああぁっ!」
希さんはそれまで我慢していた声を一気に開放したようだった。
ネットリとした愛液が俺のモノに絡みつき、糸を引く。
希さんの今まで聞いたことのない、高く大きな声が、一定のリズムで部屋に響き渡る。
俺が腰を動かすのに合わせて、希さんのお腹が反応していた。

希さんは本当によく濡れていたので、度々、ジュポッ、グシュ、ジュポッ・・というような大きな音がしてしまう。
その度に、希さんは顔を覆い、「やっ、やだっ・・・恥ずかしい」と股を広げたままの姿で言っていた。
すでにお風呂で一回射精していたおかげで、このとき俺は、ずいぶんと攻撃的に攻めていたと思う。
希さんの細くて長い脚を俺の肩にかけ、深く、激しく突く。

「あぁっ、あぁ!ぁぁっ・・・んんっ、ゃぁっ!」
希さんの脚の間から見るその姿は、俺の興奮をさらに誘う。
バックからしようとした時は、荒れた息のまま股から愛液が垂れつつも、お尻を突きだして待ってる様がなんともいやらしかった。
希さんのお尻は、今まで見た中で最高のお尻だった。
色が白く、全体的にすごく張りがあり、驚くほどプリッとした形をしている。
大きさは小ぶりだが、ウエストも細いため、そのラインがキレイだった。

そしてそのお尻の中央にある、ビッショリとした入り口に、俺のモノをあてがう。
すでに濡れ濡れのそこは、何もしないでも、ゆっくりと俺の尖端を向かい入れた。
「あ、あっ・・・んんっ」
軽く腰を進めただけで、すぐに奥に到達する。
奥の壁に触れただけで、全身がビクッと反応し、希さんは「んぁっ!ぁっ、ゃっ、ゃァァ」とベッドに顔を伏せたまま、感じていた。

奥を突くと、希さんの肛門が押し返してくるように動く。
希さんの小ぶりなお尻を鷲掴みにして、ギリギリまで腰を引き、そのまま奥の壁にぶつける。
「あぁぁっ!あっ、あっ・・・ああっ!あんんっ・・・!」
その動きを激しく繰り返す。
突く度に俺も頭がおかしくなりそうなくらいの快感が全身を覆う。

すると希さんは足の力も、支えていた手の力も抜け、四つん這いになっていられず、ベッドにうつ伏せのような体勢になった。
俺はそのまま上から入れたまま覆い被さっているような感じになった。
そんな体勢になっても、俺は挿入したまま、動きを止めない。
それどころか希さんの中が締まって、気持ちよさが更に増した。

希さんも当たったことのない箇所を、突かれているようで、「んんっ!だ、だめ・・・あぁぁ!あっ・・・!」とシーツを握り締め、受け止め切れない快感を我慢するかのように感じていた。
希さんの反応一つ一つが可愛く、興奮を煽った。

色々な体位で希さんとのセックスをたっぷりと堪能することができ、我を忘れるように、狂ったようにお互い求め合った。
最後は正常位に戻り、息が切れ切れになりつつも、俺は夢中で腰を振った。
俺は腰を打ち付けるだけじゃ物足らず、希さんの髪を、唇を、本能のまま貪った。

希さんも必死に舌を絡めてきて、同時に互いの温かい息と唾液も混じり合う。
俺「はぁ、はぁ、希さんっ!希さんっ・・・イキます」
希「うっ、ぅぅ・・な、なお・・・くん・・・はぁ、はぁ」
最後はお互いの名前を呼びながら果てた。
希さんのお腹から胸の辺りに、精液の白い線が2本ほど描かれていた。

翌朝は、俺が先に目を覚ました。
目の前には希さんの頭。
希さんは俺に包まれるようにして眠っていた。
俺は、後ろから抱きついて胸に触れ、そして、前の方から希さんのあそこに手を伸ばしてみた。
・・・濡れている。

そのまま寝バックの体勢で、俺は挿入した。
するりと入っていく。
「ん、はぁぁっ」
希さんも、いつの間にか目を覚ましていた。
チェックアウトぎりぎりまで、俺たちは再び求め合った。

朝メシ兼、昼メシを一緒に食べ、俺たちはそれぞれ帰路に着いた。
なぜ希さんが俺に「チューしよっか」と言ってきたのかは、最後まで聞かなかった。
きざな言い方になってしまうけど、“聞かないこと”も優しさだと思ったからだ。

2人とも「またね」と言ったけど、恐らく2度目はない。
それをある程度分かっていたから、俺たちは、激しく、深く、優しく、お互いを求め合う一晩を過ごせたのではないかと思う。

「ありがとねっ」
希さんが別れ際に言った、その言葉には色んな意味があるんだろうなと感じる。
高校の時と同じ、その飾らない笑顔には、少しだけ切なさが交じっていた。

コメント (0)
コメントする