2018年09月01日 09:00

【パンチラ】大好きな子のスカートの中が見たくて…(体験談)

読了時間:約 4

以前の事ですが・・・。
好きな女子の事です。
すごく嬉しくて、興奮したので報告します。

俺は、ごく普通の高校生でした。
パソコン部の部長をしていました。
(俺の事はどうでもいいか)

その女子は、仮にAさんとしておきますね。
Aさんは、美術部に所属していました。
彼女とは、同学年であり1年の時は同じクラスでした。


Aさんは、特別美人というわけではありません。
でも、大人しくて優しい子です。
俺は、そんなAさんに惹かれたんだと思います。

1年の頃から彼女の事が好きで、たまに話をしたりはしていました。
でも、俺は奥手で、彼女も大人しい性格だったため距離は縮まりませんでした。
そのうち、1年が終わってしまいAさんとはクラスが別になりました。

ある日の放課後、俺は例によってパソコン部で活動していました。
そのパソコン部は、俺ともう1人の男子と、1人の女子の3人しかいません。
顧問の男の先生は、あまりパソコンに詳しくなく飾りで座っているような感じです。

マジな話、先生は1週間に1度来るか来ないかです。
しかも、あとの二人は俺より先に帰ってしまいます。
パソコン室の鍵かけは俺に一任されていました。
でも、俺はアットホームな感じで居心地がよかったんです。

少しパソコンを操作したのち、トイレに行く事にしました。
パソコン室は3階で、一番東の方にあります。
Aさんの美術室は2階で、同じく一番東にあります。
つまり、パソコン室は美術室の上にあるという事です。

ちなみに、3階の階段のすぐ隣にはトイレがあります。
同じ階のトイレに向かっていると、下の階段から足音がしました。
革靴の音だったので、女子だろうということは分かりました。

すると、上がってきたのはAさんでした。
鉢合わせた二人。
「あ・・・こんにちは」とAさんが挨拶をしてくれました。

そう言えば、2階の美術室の近くにはトイレがなく、この3階のトイレか、1階のトイレしかないということに気付きました。
「あ、うん。こんにちは」
俺はそう返すしかありませんでした。

Aさんは、さっさと女子トイレに入ってしまいました。
俺も、男子トイレに入りました。
俺は、用を足しながらAさんの事を考えていました。
(・・・Aさん、ここのトイレを使うのか・・・)

俺がトイレから出ると、ちょうどAさんが階段を下りるところでした。
Aさんがいなくなったあと、階段を見てみました。
・・・実は、この階段の手すりは鉄の柵で丸見えになっていたのです。

俺の心に、スケベ・・・否、変態とも呼べる感情が湧きあがってきました。
(・・・この構造だと斜め下から上を見上げれば、スカートの中が見れるんじゃないか?)
それはつまり、あのAさんも覗けるかもしれないという事です。
俺は、すっかり興奮し、股間をジンジンさせていました。

しかし、問題があります。
Aさんがスパッツか、ハーパンを穿いているのではないかという事です。
もしそうなら、残念ですが諦めるほかありません。

でも、好きな女子のスカートの中はどうしても見てみたいというのは男の感情です。
さっそく、翌日に行動を開始することにしました。
放課後になり、校舎に残っている生徒もまばらになりました。
パソコン部も先生は来ず、あとの二人は帰りました。

Aさんが遅くまで残っているというのは知っていたので、階段の所で携帯を見るフリをしながら、チャンスを窺うことにしました。
・・・10分・・・20分・・・30分・・・。
やや、人は通りましたがAさんはやってきません。

他に階段を行き来した人はいましたが、携帯を見る俺の姿を見ても何とも思わないようです。
40分が経とうとした時、下から足音が聴こえました。
すかさず、下を確認!
キターーーーー!!!Aさんです!

手すり側に寄りながら、ゆっくりと階段を上がってきます!
俺は、携帯をしまい、階段を下りる準備をしました。
(落ち着け・・・焦るな・・・)

とうとうこの時が来たのです!
大好きな女の子のスカートの中を見る時が!
もうスパッツだろうが、何だろうが構いません!
・・・すみません、嘘です・・・。
・・・できれば・・・パンツが見たい・・・。

・・・どうしよう・・・本当にあのAさんのパンツが見れたら・・・。
俺は、そんな事を考えながら階段を下り始めました。
折り返す所で、Aさんと会釈をしました。
そして、Aさんが上に上がろうとします!

俺は、階段を降りながら、斜め下から鉄の柵を見上げました。
Aさんのきれいな太ももが動いています!
そして、スカートの裾が揺れています!
Aさんは、気付いていません!

・・・あ・・・ああ・・・も、もう少し!・・・あと少し!
懸命にスカートの中に視線を送りました。
・・・そして・・・。

チラ!

・・・一瞬の出来事でした。
・・・そこにあったのは、想像以上の光景でした。
・・・やった・・・ついにAさんのスカートの中が見えました!
しかも、生パンだったのです!!

階段を降りた後、俺は放心状態でした。
一つ確かなのは、数秒ごとに自分の股間が大きく、硬くなっていた事です。

(・・・帰ろう)
そう思った俺は、パソコン室の鍵を閉め、帰路に就きました。
(・・・我慢できない!)
自宅に帰った後、自分の部屋に入りズボンとボクサーブリーフを脱ぎました。

そして、ティッシュを用意しペニスを扱き始めました。
頭に思い浮かべたものは、言うまでもなくAさんの顔と、Aさんのパンツです。
シュ、シュ、シュ、自分のペニスを扱く音が聴こえています。

亀頭から透明な汁が溢れてきます。
時々、それをティッシュに吸わせながら扱き続けました。
そして、20分ぐらい続けたのち・・・。

「ん!」
ドピュッ!ビュルッ!ビュ、ビュ・・・。
Aさんのパンツの力を借りて、俺のペニスは白い砲弾を放ちました。

気持ちよかった・・・。
Aさん・・・ありがとう・・・。
これが、自分の体験です。
一生忘れないでしょう。

なお、読んで下さった方のイメージを大切にしたいと思いますので、Aさんのパンツの色は、明言を控えます。

コメント (0)
コメントする