2018年09月14日 09:00

少年時代に見た母と若い職人の手コキ現場…(体験談)

読了時間:約 2

私がまだ小学3年生ぐらいの時、家に帰ると母親の姿がなかった。
居ない事に特に何も思わず、ランドセルを置くと友達と遊ぶべく家を出ようとした。

仕事場の脇を通り抜けようとした時に、何となく人の気配に気づき、足を止め、そっちの方を見てみた。
物陰に見え隠れするのは母親だった。

(こんな所で何をしてるんだろう?)
私は不思議に思い、母ちゃん!と声を掛けそうになった時に、姿は見えないが男の人の声が聞こえた。


出そうになった声を押し戻し、息を飲んだ。
「厭らしい子だねぇ、早く出しちゃいなさい」
母親の声、私は何を言ってるのか理解が出来ないまま、声もかけられず立ち尽くした。

「女将さん!」
「駄目よ!これで終わりなさい」

状況が分からず、私は無意識に母親の様子を見ようと場所を変えた。
色んな物が立て掛けてある隙間から覗くと、母親の行為が最初は理解出来なかったが、次第に状況が私にも呑み込めて来た。

母親の片手は若い職人のズボンから飛び出している性器を握り、しきりに握った手を動かしている。
職人は苦し気な表情を浮かべ母親の方に腕を伸ばして来るが、母親はその手を押し返し、ひたすら握った手を動かし続ける。

「あぁ女将さん!出てしまう!」
「厭らしい子!毎日、毎日こんなに硬くして」
手を動かす母親の表情は普段とは別人の様な表情を浮かべていた。

「あぁ、女将さんの中で!」
「はぁ、無理よ。今日は駄目、あぁ凄い!硬いわ・・・」

職人が呻き声を上げるのに合わせるように母親は、もう一方の手を重ねて行った。
職人は握られた腰を突き出す格好で顔を歪め、「女将さんっ」と呻いている。

「こんなに、いっぱい出してアンタのって、どうなってるの?凄いわ」

職人の性器を包み込んだ手を更に動かしながら、ゆっくりと離して行った。
職人の性器はビクン、ビクンと上下に揺れている。

「女将さん!したいです」
職人はか弱い声で言う。

「私だってアンタのこんなのを見ると!でも今は駄目よ、今度、時間があったら!」
職人は諦めたかのようにビクン、ビクンと揺れる性器をズボンの中に仕舞いこむ。

私は、その光景を覗き見して、初めての興奮に加え勃起を覚えた。

コメント (0)
コメントする