2018年09月25日 09:00

【レイプ】酔い潰れた義母のアナルをこっそり犯した…(体験談)

読了時間:約 4

私が義母のアナルをいただいた時のスリリングな体験を告白します。
私は30歳のサラリーマンで、結婚して2年になります。
妻の母は55歳になりますが、義父は10年前に他界していて、現在は同じマンションの最上階の部屋で一人で暮らしています。

実は義母はこのマンションのオーナーで、私達夫婦は妻が管理人をすることで無料で住まわせてもらっています。
義母はよくエステへ行ったり、仲良しのおばさん連中と温泉旅行に出掛けるのが趣味みたいな人で、肌やプロポーションは実年齢より10歳くらい若々しく見える美熟女で、妻と付き合いだして、初めて義母と会ったときから、ずっと熟れた女の妖しい魅力に心を惹かれる存在でした。


しかし、それ以上は何事もなく、1年が過ぎ、今年、妻が出産のために、病院に入院したときに偶発的でしたが義母のアナルを体験することになりました。

それは、出産の翌々日でした。
私が夜、一人で夕食をとっていたとき、病院の妻から電話があり、「おかあさんの様子がおかしいの、携帯にかけても出ないから、様子を見てきてちょうだい」と言うのです。

早速、マンションの最上階までエレベーターで上がり、義母の部屋のチャイムを鳴らしても応答がありません。
一旦、一階に降りて、最上階の義母の部屋を見上げてみると、部屋の明かりがついたままでした。

とっさに、脳溢血とかで倒れているかもしてないと思い、急いでマスターキーを部屋に取りに行って、また最上階へ行きました。
ドアを開けて中に入ってみると、思った通り、リビングの隣の部屋で義母がうつ伏せになって倒れていたのです。

私は大きな声で「おかあさん!」と叫びました。
義母の肩に手をかけて仰向けにして揺さぶってみても、義母は目を閉じたまま両手をダラリとしたままピクリとも動きませんでした。

ふと、リビングの方へ目をやると、テーブルの上には、パーティーの後のグラスや、オードブル、ワインやブランデーなどが散らかったままになっていました。
義母の口元に顔を近づけて確かめてみると、ブランデーのいい香りがしたので、ただ酒に酔って寝ていただけだということが判って、私は胸を撫で下ろしました。

とりあえず、義母を寝室まで運ぶのは無理だと思い、寝室から布団を持ってきて、リビングの隣の部屋に敷いて、義母を敷布団の上に寝かせました。
義母は、酒が好きだとは前から聞いていたけど、しかしこんなに深酒をした義母を見たのは初めてだ。

そう思っていると、敷布団の上に海老のような格好で寝ていた義母が、寝言を言いながら、足を大きく開いてまた、うつ伏せになりました。
そのとき、スリットスカートが捲れ上がって、太ももの根元まで丸見えになりました。

私は、ドキッっとして、一瞬、目も心も奪われて、その場に突っ立ったまま、その一点を凝視していました。
そして、私は義母の傍にそっとしゃがみ込むと、いつの間にか義母の太ももをそっと撫でるように触っていました。

生暖かい義母の柔肌の感触に、たちまち私のちんぽが窮屈なズボンの中で勃起して痛くなってきました。
義母が目を覚ますといけないので、私は念のために、「おかあさん」と声を掛けて体を揺すってみましたが、義母はうつ伏せに寝たまま、ゆっくりとした深いいびきをかいて目を覚ます気配は全くありませんでした。

私は、ついにムラムラっときて、義母のスカートをそっと捲り上げて、パンティが食い込んでいる尻を出しました。
一旦、生唾をゴクリと呑み込むと、私は、義母のパンティのゴムに手をかけて、ゆっくりと足首まで下ろしました。

義母はそれでも依然として身動きひとつしなで、いびきをかいていました。
私は緊張で心臓が破裂しそうにドキドキと鳴り、喉はカラカラ状態でした。
義母の美しいむちむちした尻の下に陰毛に覆われたおまんこが寝息に合わせて動いていました。

私は、義母のおまんこがもっとよく見えるように、そっと両脚を押し広げてみました。
すると、茶色の割れ目が少し開き、肉ヒダが見えていました。
ふと、私は、尻を丸出しにして、おまんこまで見せている義母を携帯に撮っておこうと考えて、携帯を取り出して、腹這いになると、無防備な義母の姿を写真に撮りました。

私は興奮の余り、義母が眠っていることをいい事に、人差し指に唾をつけて義母のアナルに挿入してみました。
義母の生暖かい体温が人差し指に伝わってきて、私の興奮は頂点に達し、ちんぽは勃起しきっていました。

もう我慢できなくなった私は義母のアナルから指を抜くと、ズボンとパンツを脱ぎ捨てて、ギンギンにそそり立ったちんぽを掴むと、相変わらずいびきをかき続けている義母の背中を跨ぎ、もう片方の手で義母のアナルにタップリと唾を塗りつけて、ゆっくりと、ちんぽを挿入していきました。

もはや、義母が目を覚ますかも知れないなどと心配する気持ちはどこかへ飛んでしまっていました。
ちんぽはゆっくりと、確実に義母のアナルの中に入って行き、とうとう根元まで完全に入ってしまいました。
それでも義母は酔い潰れたままで微動だにしません。

部屋には私の荒い息遣いと、義母のいびきの音だけが聞こえていました。
私が前後にゆっくりとしごき始めると、まもなく体が痺れるような射精感がこみ上げてきて、私はグイッと一番奥までちんぽを押し込むと、義母の体の奥深くへタップリと射精しました。

射精が終わっても私は、義母のアナルにちんぽを挿入したまま、しばらく余韻を味わっていました。

そして興奮が静まって、我に返ると、急に私は義母が目を覚ましてはまずいと思い出し、ちんぽを抜くと大急ぎでパンツとズボンを履き、義母のパンティやスカートを元のように履かせ、まだ静かないびきをかいている義母に布団をかけて、ドアに鍵をかけて自分の部屋に戻りました。

翌日の夕方、義母の様子を見に行くと、「昨日は飲みすぎて何も覚えていのよ」と言っていました。
その後、義母とは何もありませんが、密かに義母の淫らな姿の写真を楽しみながら、次の計画を企ている今日この頃です。

コメント (0)
コメントする