2018年09月30日 09:00

友人の好意で友人のドM妻を毎週いただいてます…(体験談)

読了時間:約 6

私(中村)は、バツイチの42歳、会社員です。
私の会社の同僚(伊藤・42歳)は昨年、部下の女性社員(今日子・31歳)と再婚しました。
伊藤も今日子ちゃんもバツイチで、社内では交際している噂もなく突然の結婚報告に驚きました。

同期入社の伊藤とは社内でも唯一の親友と呼べる間柄だけに、私も喜びが大きかったのは事実です。
今日子ちゃんは社内でも仕事の出来る女性で知られながら、美人で物静かな大人の女性で、若い男性社員にも人気がありました。


そんな、今日子ちゃんは結婚を機に会社を辞めて専業主婦として伊藤と暮らしておりました。
そんな時に伊藤から「たまには、家に遊びに来いよ、今日子も喜ぶから・・・」とお誘いを受け、週末にお邪魔する約束をしました。

金曜は定時に会社を出て、一度自宅に戻った私はシャワーを済ませ、用意してあった手土産のワインを持って同じ沿線の隣の駅に降りました。
約束通り8時に伊藤宅のチャイムを鳴らしました。

笑顔で2人は私を迎えてくれたのですが、今日子ちゃんの姿に驚きました。
白のシースルーのブラウスの中に、同じく白のキャミソール、黒のミニスカート姿です。
2人にリビングに招かれました。

テーブルを挟んで伊藤と対面する形で腰を掛けました。
今日子ちゃんはキッチンからお酒の用意を運んでくれます。
お土産のワインを今日子ちゃんに渡します。

「あっ、美味しそうなワイン。私も頂こうかな?」
「おっ、いいね~今日子は酔ったらエロくなるぞ、中村。楽しみにしてろよ」
「もう・・・あなたったら・・・」
恥かしそうに今日子ちゃんはキッチンに消えました。

「おい・・・伊藤。今日子ちゃんって家ではいつもあんな格好なの?制服姿しか見たことないから・・・」
「普段は普通の格好だよ。今夜はお前が来るからいいものを見せてやろうと思ってな。俺に合わせろよ」
「いいものって?」
「いいから・・・流れで今日子を好きにしていいから・・・」
「えっ?今日子ちゃんを?」
「今日子次第だ。期待し過ぎるなよ」
・・・と、伊藤は笑ってみせた。

「なに話してるの?男同士で?」
「中村が今日子はどんな声で逝くんだ?なんて聞いてくるから・・・」
「もう!2人ともエッチなんだから!」
今日子ちゃんは真っ赤になって伊藤の横に座りました。

3人で乾杯した後、仕事の話や人事の話で2時間が過ぎていきました。
話題も一段落したとこで、酔った3人の話題は私の話になりました。

「中村?食事はどうしてるの?」
「外食だよ」
「そうなんだ・・・仕事が終わってから作れないよな。たまには家に来いよ」
「ええ。いらして、私の料理で良かったら・・・」
「ありがとう・・・」

「アレはどうしてる?」
「アレって?ああ・・・たまに外食だな」
「外食って?風俗か?」
「そう・・・伊藤は独身の時はどうしてたんだ?」

「俺は今日子が抜いてくれてた。昼休みに資料室とかでフェラしてからスカートを捲ってバックから嵌めたりしてたからな・・・なあ・・・今日子?」
「・・・もう・・・あなた・・・恥かしいわ」
今日子ちゃんは少し怒った表情で伊藤を睨みます。

「今日子ちゃんもやるね~、毎日してたの?」
「・・・そんな・・・毎日なんてしてないです。一度だけ・・・彼に強引に連れて行かれて・・・お願いだから・・・って・・・」
「エッチしたんだ?」
「・・・一度だけです・・・」
真っ赤な顔になった今日子ちゃんは顔を伏せてしまいました。

「今日子はMだから俺の命令には逆らえないんだ。今日の格好も俺の命令なんだぜ。今日子、ブラウスを脱いでみな」
「・・・あなた・・・許して・・・」
「中村に見てもらえ・・・」
「・・・どうしてもなの?」
「命令だ!」
「・・・分かりました・・・」

今日子ちゃんは立ち上がってシースルーのブラウスを脱ぎました。
白のキャミソールと黒のミニスカート姿がそそります。
シースルーのブラウス越しには胸の谷間にばかり目がいってたのですが、キャミソールだけになったら乳頭が立っているのがよく分かります。

「今日子ちゃん、ブラしてないの?」
「今日子は中村に見られたくってブラしてないんだよ」
「・・・違うわ・・・あなたの命令だから・・・」
「今日子は人に恥かしい格好を見られて感じるマゾなんだよな?」
「・・・はい・・・」

「中村に恥かしい格好を見られて興奮して乳首が立っているんだよな?」
「・・・はい・・・少し・・・感じてました・・・」
「もっと、気持ちよくなりたいんだろ?」
「・・・はい・・・気持ちよくなりたいです・・・」
「脚を開けろ」

今日子ちゃんはソワァーに腰掛けたまま、脚を広げていきます。
ミニスカートから覗いた両太股の間には濡れそぼったおまんこが顔を出しました。

「ああ・・・恥かしい・・・中村さんにノーパンなのが・・・濡れているのが分かってしまう・・・」
「中村に見られて気持ちいいんだろ」
「恥かしいけど・・・気持ちいいですぅ~」
「ほら・・・いつものようにバイブでオナニーしてみるか?」
「イヤ~、オナニーしてるとこを中村さんに見られたら・・・恥かしくて死んじゃう~」

伊藤はソワァーの横に隠していたバッグからバイブと取り出し、今日子ちゃんのおまんこに嵌めました。

「恥かしいよ~、オナニー見られるのなんて死ぬほど恥かしいよ~、ああ・・・でも・・・気持ちよくなってくる~中村さん見ないで・・・私の恥かしい姿を・・・」
今日子ちゃんはキャミソールをたくし上げ、左手でオッパイを揉んでいます。
下半身はミニスカートを腰に着けたままソワァーでM字開脚して右手でバイブを出し入れしています。

「会社でバリバリ仕事してる今日子ちゃんをよく見てたけど・・・本当は淫乱なマゾ妻だったんだね」
「中村さん、見ないで~。恥かしいよぉ~ああっ・・・ダメ・・・。中村さんに逝くとこ見られちゃう・・・。ああっ・・・逝っちゃうぅ~イクッ・・・イクッ・・・イクッ・・・イ・ク・ッゥゥゥ~」
今日子ちゃんは激しく痙攣をしながら逝ってしまいました。

痙攣が治まると今日子ちゃんは全裸になって、伊藤の前に跪いてチャックに手を掛けます。
「・・・咥えていい?・・・」
「中村にフェラしてるとこを見られてるぞ、いいのか?」
「・・・恥かしいわ・・・」
頭を上下に動かし、伊藤のチンポを口で扱きます。

伊藤が全裸になるように目で合図をしてきました。
私は慌てて全裸になりました。
伊藤は今日子ちゃんの口からチンポを抜くと、私と二人でテーブルを退け、スペースを作りました。

「今日子、今夜は中村の口止めに楽しませてやれ・・・」
「・・・えっ~いいの?あなたの前で中村さんとエッチするの?」
「誰かのチンポを入れたいって言ってただろう。今夜、嵌めてもらえ・・・」
「・・・うん・・・中村さんに犯してもらうね。中村さん咥えさせて・・・」

今日子ちゃんは四つん這いのまま向きを変えてチンポを咥えました。
亀頭に舌を這わせ、一気に口の奥まで飲み込みます。
今日子ちゃんの口の中の暖かさが私のチンポを包み込みます。

「ああっ・・・中村さんのオチンチンも太くて固いよぉ~あなた・・・後ろから入れて・・・」
今日子ちゃんは四つん這いのまま、上の口と下の口を二本のチンポに串刺しされました。
「・・・ああっ~~いいわぁ~私、この前見たAV女優さんみたいにされてるぅ~あなたぁ~恥かしくって死にそうなの・・・」

「気持ちいいんだろ?さあ・・・次は中村に入れてもらうぞ。中村、仰向けに寝ろよ」
仰向けになった私に今日子ちゃんは跨ってきました。
自分で私のチンポを握って腰を沈めます。

「ああん・・・入ってくるぅ~中村さん中で出さないで・・・今日は危険日なの・・・お願い・・・いいわ・・・気持ちいいよぉ~」
私の上で今日子ちゃんは腰を振ります。

「今日子、これからも中村におまんこを使わさせてやれよ」
「あなたがいいんだったら・・・中村さん、今日子のおまんこを使って・・・おまんこを気持ちよくして・・・」

今日子ちゃんは私のチンポを締め上げながら腰を振るものですから限界が近づきます。
「逝くよ。今日子ちゃん」
今日子ちゃんは身体をずらしてチンポを咥えてくれました。
今日子ちゃんの口の中に射精しました。

結局、私は日曜の夕方まで伊藤のお宅にお邪魔しました。
寝て起きて食事をしたらセックスするだけの時間を堪能しました。
今でも週末は伊藤宅で過す生活が続いています。

コメント (0)
コメントする