2018年09月30日 21:00

【浮気】夫の友人たちと行ったキャンプ場で秘密の3P…(体験談)

読了時間:約 6

これは最近起きた出来事になります。
私は夫とその友人3人で、キャンプに出掛ける事になりました。
夫の友人がアウトドア派で、ちょくちょくキャンプをして楽しんでいると言うので、今回、私達夫婦も誘われたんです。

現地に着くと、夫の友人が手を振りながら合図してくれていたんです。
車を誘導先に停め、初めて会う夫の友人に挨拶を交わすと「こっちだよ」と案内されました。
見晴らしの良い場所で、キャンプ場の直ぐ脇には小川も流れていて綺麗な場所でした。

夫の友人に案内された場所には既に他のメンバーも来ていて、既にテントやテーブル・椅子などもセッティングされた後だったんです。


上田「全員揃った所で、自己紹介と行きますか?」
それぞれ自己紹介が始まり、夫の友人は上田さん、伊藤さん、日下さん、それに日下さんの彼女のミキさんの4人だったんです。
夫も私をみんなに紹介してくれて、皆さん感じの良い人達でした。

昼間はキャンプ場付近を散策したり、川に入って涼んだりと、初めて会う人達とは思えない程、打ち解けられる時間でした。
夕方になると、上田さんが夕食の準備に差し掛かったんです。
キャンプと言えばバーベキューと言った感じで、火を起し鉄板を温めると色々な具材を焼き始めたんです。

辺りも薄暗くなり、良い匂いが漂い始めると「じゃ、乾杯といきますか?」と、用意していたビール配り夕食を食べ始めました。
夫をはじめ、皆さん昔話に花が咲き、大盛り上がりでした。
夫も普段のストレスから解放された様にビールを次々と飲み干していました。

始まって2時間も過ぎると、夫はグタグタに酔い潰れ、椅子にもたれ掛かった状態です。
日下カップルも酒の勢いからベタベタしていました。
そんな時です。

上田「ねぇ、肝試しを兼ねて、池の畔を一周してみない?」
伊藤「いいねぇ!丁度酔い冷ましにもなるしね」
日下「俺達はいいよ!こいつも行けないだろうし・・・」
上田「そうだなぁ!美雪さんは行きますよね?旦那は、もう駄目そうだけど・・・」
私「えぇ~いいですけど・・・」
上田「じゃ、肝試しって言うか?散歩だね!3人で一回りして来ようか?」

そんな事から、私は上田さんと伊藤さんと一緒にキャンプ場の裏手にある池の畔を散歩する事になったんです。
歩き出して間もなく、「そうだ!ちょっと待ってて」と上田さんが小走りにテントの方へ向かって行き、やがて戻って来たんです。

上田「ハァハァ、イヤ~参ったよ!日下の奴、彼女とイチャイチャしながらキスし始めたんだ」
伊藤「あいつ!それが目的で来なかったんだなぁ?」
上田「まぁいいさ!裏からそっとテントに入って取って来たから・・・。旦那、そんな中で爆睡だったよ」

夫の事も気になりましたが、そんな場所に戻れる筈もありません。
上田さんに着いて行く様に池の畔に歩き出したんです。
“ガサガサ”
驚いた私は、思わず上田さんに抱きついてしまいました。

上田「何でも無いですよ。大丈夫」
私「ごめんなさい」
湖畔の丁度半分位まで歩いた所で、湖畔向きに設置していたベンチに腰を下ろしたんです。
上田「ちょっと待ってて」
上田さんが湖畔近くの水際に向かうと“カチャカチャ”と何かをしている様子でした。
そして、その場から戻る様に私の傍に来ると同時に“シュ、シュ~”と勢いよく花火が噴射したんです。

私「綺麗」
上田「みんなで楽しもうと思ったけど・・・奥さんが喜んでくれればいいか!」
伊藤「何だよ!こんなの用意してたのか?」
上田「もっとあったんだけど、日下が気になって少ししか持って来れなかったんだ」
伊藤「じゃ、俺が戻って持って来るよ。日下の方も気になるしなぁ」
上田「いいよ!邪魔するなよ」

小走りに伊藤さんがテントに向かって行くなか、上田さんは残りの花火に火を点け私に見せてくれたんですが、水辺に反射した花火も凄く綺麗だったんです。
私「何だか凄くいい思い出になりそう」
上田「そう言ってくれると嬉しいよ」
隣に座る上田さんの顔が近づき、私は目を瞑り、唇を許していました。

そして上田さんの手が私の胸の上に触れるとシャツを捲り上げられ、乳首を吸われていたんです。
凄い良い雰囲気とお酒の影響だったと思うんですが、私はアソコから汁を溢れさせ感じていました。

私「旦那には・・・」
上田「もちろん2人の内緒にしよう」
上田さんが私を抱き起こすと、短パンのファスナーを緩めパンティと一緒に脱がされたんです。
もう頭の中が真っ白で、上田さんに抵抗する事が出来ないまま、私は彼にアソコを舐められ指で激しく愛撫されていました。

上田さんもズボンを脱ぐと、大きなチンポが現れたんです。
夫の物より遥かに大きなチンポを私は彼の足元に跪き、口の中に咥え込んだんです。
上田「奥さん、上手だね。凄い気持ちイイよ」
私「そんな・・・」
口いっぱいに彼の物を咥え込み、舌と出し入れを繰り返し彼の物を刺激してあげたんです。

やがて、彼が私の口からチンポを抜くとバックから入れて来たんです。
ベンチに手を付き、後ろから激しく突かれながら私は淫らな声を上げていました。
私「もう駄目・・・逝きそうよ・・・うっ」
上田「奥さんの逝く姿をじっくり見させてくれ」
私「恥ずかしいわ・・・あぁ~見ないで・・・イ、イクゥ~」
膝をガクガクさせながら私はベンチにもたれ掛かったんです。

上田「凄く感じたんだね!旦那より良かった?」
私「えぇ~凄く良かったわ」
そんな事を言っている最中も彼は腰を動かし、私は2度目の絶頂を迎えようとしていました。
そして、彼は私の中に精液を放ち、私も一緒に逝ったんです。

そんな繋がった姿のまま、私は彼と唇を交わし長い長い濃厚なディープキスをしていました。
伊藤「何だよ!2人でお楽しみ中!」
“ハッ”と驚き、振り向くと伊藤さんが恨めしそうな顔で、私達を見つめていたんです。

上田「伊藤!これは見なかった事にしろよ」
伊藤「旦那にバレたら大変だもんな!」
私「伊藤さん、違うんです。いや・・あの人には言わないで・・・」
伊藤「じゃ、俺にも楽しませてくれるんだよね」
私「分かったわ」
仕方が無かったんです。

私は上田さんと代わった伊藤さんにも体を許してしまったんです。
伊藤さんは彼女居ない歴が長かった影響なのか?凄く濃厚で変態チックな事をして来たんです。

私「伊藤さん、変な所触らないで・・・そこはお尻の穴よ、汚いわ」
伊藤「何言ってるんだよ!前は上田に刺されたんだし、俺は後ろだよ」
私「ヤダ!お尻なんて絶対駄目よ」
押さえつけられる様にされ、私のお尻の穴を舌で舐め続ける伊藤さんは舌先を穴の中に入れて来たんです。

そして指を1本、2本と入れると、グリグリと動かし刺激していました。
私「本当にヤダ!抜いて・・・お願いよ」
伊藤「旦那には言わないから大丈夫!DVDで見たんだ!一度試したかったんだ」
私「お願い、前にして・・・後ろはヤダ」

私の言葉を無視する様に、私を後ろから押さえつけ、チンポを後ろの穴に入れ始めたんです。
唾液と私の汁が潤滑剤となり彼のチンポはみるみる中に入るのが分かりました。
伊藤「凄ぇ~!全部咥え込んだよ」
私「ヤダ!早く抜いて・・・痛い」
伊藤「すぐに慣れるから待ってて」
彼は腰をゆっくりと動かし始め、腸内が掻き回される感じでした。

伊藤「日下もハメてたんだよ!彼女も凄い乱れ様だったよ」
上田「やっぱり!しかし奥さんお尻嫌がってるんだし、ヤメろよ」
伊藤「馬鹿だな!アナルは凄い締りが良いんだぜ!最高だよ」
私「もういいでしょ!早く抜いて」
伊藤「そう言ってても、マンコから汁が物凄く溢れてるよ」
上田「本当だ!奥さん気持ちイイの?」
私「違うわ・・・見ないで」

私は初めて味わうお尻の穴の感触に感じていました。
穴の中が熱く、変に興奮していたんです。
そして、私は伊藤さんに突き刺されたまま、お尻の穴で逝ったんです。
ヒクヒクしながら、尚も伊藤さんは腰を動かし続け、しかも指でクリトリスを刺激して来たんです。

私はもう限界でした。
夫でも味わった事に無い感覚に、遂に初めて潮を噴き上げたんです。

伊藤「凄ぇ!潮吹きだよ。エッチなんだなぁ奥さん」
上田「本当、上品な顔してエッチは激しいなんて」
伊藤さんは私のお尻の中に精液を吐き出すと、その後も2人に前後ろに突き刺されたんです。

息を荒らしながら、私は湖畔の水で体を清めていました。
2人の肩に捕まりながら夫の元に戻ったのは、湖畔に来てから2時間が過ぎた頃だったと思います。
夫の横に倒れる様に横になり、朝を迎えたんです。

朝、目を覚ますと何も知らな夫が笑顔で「おはよう」と声を掛けて来ました。
もちろん上田さんも伊藤さんも昨夜の出来事を口する事は無かったんですが、私のお尻の穴だけがヒリヒリして昨夜の出来事を思い出させていました。

お昼前にはみんなで現地解散したんですが、近い内にまたキャンプをしようと約束する夫達。
上田さんと伊藤さんが私を見てニヤッとした様に思えるんです。
あの衝撃的な出来事を思い出しながら、私はまた来ようと思うのでした。

コメント (0)
コメントする