2018年10月03日 09:00

【調教】目隠しした妻が会社の非モテ先輩の餌食に…(体験談)

読了時間:約 5

妻と結婚して5年を迎えた。
お互い出遅れ気味の結婚で、30を超えてから出会ったんです。
妻は肉付きの良い可愛らしい女性で、彼女から逆ナンパされたんです。
彼女は見た目とは違い、Mっ気のあるエッチな女性でした。

最近は、妻と軽いSMプレイにハマり、寝静まった夜に妻を縛って楽しんでいました。
金曜日の夜、私達は夕食を済ませ、軽くお酒を飲むと一緒に風呂に入ったんです。
妻は「今日縛ってくれる?」と言うので、「もちろん」と言いながらキスをしました。
風呂から上がり、いつもの様にリビングにダイニングから椅子を持ち出すと・・・。

「今日は、玄関で犯して欲しいの!」と妻。
「玄関でするのか?」
「ん~だって誰か来たら・・・なんて思うと興奮するでしょ」
「そうだね!じゃ玄関前で縛るよ」

そう言って椅子を玄関に置き、裸で立つ妻の体を胸の上下から股間をVの字に縄を這わせ、椅子に座らせ両手両足を縛ったんです。
「こんな姿で、玄関が開いたら・・・」
「そうだな!お前の淫らな姿を曝け出す事になるな」
「見て欲しい!あ~こんな私を見て・・・」

すっかり妄想を始めた妻の体を鞭で叩くと・・・。
「あっ・・・もっとお願いします。ご主人様・・・」
「これを咥えるんだな」
そう言うと、妻のマンコにバイブを差し込み、スイッチを入れたんです。
「あ~気持ちイイ・・・ご主人様・・・もっと私を甚振って下さい」
妻のマンコからは大量の汁が染み出し、椅子を汚していました。

その時、私の携帯が鳴り電話に出たんです。
電話の相手は会社の先輩(石田真二40歳)で、「昼間の書類をまとめたから渡したい」と言うんです。
真二さんは、職場でも仕事が遅く、小デブで汗っかき、しかも「オタク」と言われ、未だ独身です。
昼間に上司に頼まれた仕事を今ようやく終えたと言うんです。

「すぐに取って来るから、待ってて」
「ん~早く来てね」
「分かってるよ」
そう言って、妻が興奮する様に目隠しをした状態で、先輩に会いに行ったんです。

駅の方から来ると言うので、速足で歩いていたんですが、先輩とすれ違う事も無かったんです。
(何だよ!もう)
妻を待たせている事もあり、私はちょっと焦っていたのかもしれません。
そうしていると、駅が見えて来て駅ホームに着いてしまったんです。
(居ないじゃないか?)
イライラしながら駅のホームを見たんですが、先輩の姿がありません。

少し待って、次の電車が来たんですが、先輩が降りて来る事はありませんでした。
妻が気になり、一度家に戻る事にしたんです。
家を出て30分は過ぎたでしょうか?
駆け足気味に家に戻ると、玄関の戸が少し開いていたんです。

(まさか!)
恐る恐る中を覗いて愕然としました。
真二さんが玄関口で、妻のマンコを舐めていたんです。
ハァハァ息を荒らし、激しく舐める先輩でしたが、妻は私だと勘違いしているのか?

「ご主人様・・・もっと舐めて下さい・・・気持ちいいんです」と、奴隷口調で先輩を刺激しているんです。
先輩も何が何だか分からないと言った表情で、妻の体を堪能していました。
怒っていたはずの私は、覗きながら犯される妻に興奮し、股間を熱くしていたんです。

マンコの汁で汚れた舌を、先輩は胸を吸い、妻の唇に合わせたんです。
その時、妻も私ではない事に気づいたんでしょう!
「えっ、誰!あなたじゃないの?」
先輩も慌てる様に振り返ると、玄関の戸を開け、外に出ようとしていたんです。

玄関の外でバッタリ鉢合わせた私は、先輩の手を引き、庭の方へ連れて行ったんです。
「吉田!すまん・・・俺・・・」
「先輩!落ち着いて・・・妻の淫らな姿を見て、何もしない男は居ませんよ」
「お前!見てたのか?」
「途中からですけど・・・先輩、妻の事は誰にも言わないで下さい」
「ああ~言わないけど・・・俺の事も黙ってくれるのか?怒らないのか?」

「まぁ、初めは苛ってしたんですけど、いつの間にか俺も興奮しちゃって」
「何だ!もう警察に差し出されると思ったよ」
「ねぇ先輩、もうちょっと楽しみたくないですか?」
「そりゃ、あんないい奥さんとヤレるんだったら・・いいのか?」
先輩を連れ、玄関を入るとビクビクする妻が「あなた?」と声を掛けて来たんです。

「俺だよ!そんなに驚くなよ!」
「だって・・・さっきのもあなただったの?」
「そうだよ!驚いただろ。他人に抱かれたと思う感想は・・・」
「もう心臓止まるかと思ったわ・・・でもアソコは興奮してエッチな汁溢れさせてたのよ。ごめんなさい」

「いいよ!淫乱な女性は好きだからね」
「ご主人様!続きをお願い」
安心した妻が、いつもの様に奴隷口調でおねだりを始めたんです。
私は先輩の耳元で「楽しんでください」と言うと、先輩はコクリと首を縦に振った。

先輩は妻のマンコを惜しみなく舐め始めると、ペチャペチャと音を立てていました。
「ご主人様のチンポを舐めさせてください」
先輩の耳元で「先輩のチンポを咥えさせてあげて下さい」と言うと、先輩はズボンを脱ぎ捨て、妻の口元にチンポを差し出したんです。

ちょっと大きめの先輩のチンポを咥える妻は、全く分からない様子で、喉奥まで咥え、舌を使って綺麗に舐めていました。
先輩も最高の表情で、逝きそうな所を我慢しているのが判ったんです。

「最高に気持ちイイよ。もっと激しく吸ってくれ」
「はい!ご主人様、こんな感じですか?」
「あ~いいねぇ・・・」
そう言うと、私は妻の乳首を捩り刺激を与えたんです。

「うっ・・・あぁ~~イイイィ~」
「目隠しは取るなよ」
そう言うと妻の両手両足の縄を解き、妻を四つん這いにさせ首輪を付け、ロープを付けたんです。
妻は引かれる方向に進み、リビングのソファ前で座らせたんです。

「先輩!バックから入れても良いですよ。中出しは勘弁してください」
そう言うと先輩はチンポを妻の後ろからマンコに入れました。
「気持ちいです。もっと激しく突いて下さい」
「バンバン突いてやって下さい」
「イイ~!い、逝く・・・」

ハァハァと息を荒らし、やがて妻は顔を床に押し付け、逝った様子だった。
先輩も限界が近づいたのか?一気に妻から離れると、お尻に精液を放出させたんです。
「先輩、代わりましょう」
そう言うと今度は私がバックから突き始めたんです。

「ご主人様!今日は連続ですか・・・また逝きそうです・・・あぁ~」
立て続けに突かれた妻が、2度3度と逝き、グッタリと倒れ込んだんです。
「ご主人様!今日は最高に気持ち良かったです。ありがとうございます」

妻の目隠しを取り、「今日は凄い興奮したよ」と言いながら妻の顔を先輩の方へ向けると、妻は驚いた表情で体を起こし、両手で体を隠したんです。
「あなた?どう言う事?」
「仕方ないだろ!玄関で縛ったお前を見られたんだから」
「じゃ、初めの相手は・・・」

「先輩だよ!お前も随分感じまくってたじゃないか?」
「そうだけど・・・」
「先輩もお前を楽しませてくれたんだ、身体でも洗ってやれよ」
「え・・・本気?」
「いいだろ!一緒に風呂入るくらい」

2人の手を引き、風呂に連れて行くと、3人で風呂に入ったんです。
風呂でも一回抜いた先輩は、満足な顔で帰宅しました。
会社では先輩は私の言う通り、妻の事を口にする事は無く、今までと変わらない生活を送っています。
そんな先輩に信用も生まれ、今度また妻と3Pを楽しもうと思っています。

コメント (0)
コメントする