2018年10月13日 21:00

不倫相手の巨乳人妻に要求されて中出ししたら…(体験談)

読了時間:約 3

出会い系で出会い、それ以来5年もの間関係を続けた女性が居ました。
私が28歳~33歳、彼女が32歳~37歳。
身長が153cmと低くいが細くて巨乳!顔が酒井◯子に激似!?
子供が居ない人の妻・・・。
お互い仕事が忙しく、逢うのは平日の20時~24時、週一の関係だった。

出会った頃私はまだ独身で、年上で美人で経験豊富なこの人妻に溺れる毎日。
しかも基礎体温を測っているから逢う時は必ず中出し。
32歳になった時、私に突然お見合いの話が来た。
エエ所のお嬢で向こうはかなり乗り気らしい・・・。
何気にそのことを人妻である彼女に話したところ「今晩逢いに行く」と言う。


わざわざ私が住む街までくるなんて、付き合って以来初めてのことだ。
23時、携帯に「高速を降りた所で待ってる」と連絡。
車を飛ばすこと数分、彼女の車に横付けして助手席に乗せた。
助手席に乗った彼女はいつも通り可愛い、でもいつもよりテンションが高い?

聞くと今日はキャンペーンの打ち上げがあったらしく、飲酒運転で来たらしい(^^;
髪を撫でながらキスをすると彼女の手が私の股間に伸び、ファスナーを下ろし始めた。
汚れた私のPを愛しそうに口に含み、我慢汁を唾液と一緒に吸い込みながら上下・・・我慢ならん!

彼女を押し倒して制服のタイトスカートを捲り上げると既に洪水状態!
シャツのボタンを2個だけ外して、形の良い胸を揉みながら正常位で挿入。
「あ~!!イイ~~!!!」
私にしがみ付きながら下から腰を使う彼女。
Pを打ち込む度に「クチャ、クチャ」とイヤラシイ音がする。

弱点である首筋に舌を這わせ歯を立てた瞬間・・・
「うあ~!!もう駄目、きて~!!」
打ち込むスピードを上げフィニッシュ!
ドクドクドク・・・
約1週間分の種を彼女の奥底に流し込んだ。

その後イチャイチャしながら指マンしてると、愚息が再び復活!
今度はバックスタイルになってもらい、小さくて形の良い尻肉を掴んで挿入。
ズブズブズブ・・・
「ウァ~!!イイ~!!奥にキテ~!!!」と催促。
今日はなぜかいつもより感度が良い?

子宮口のコリコリをP先で感じながら2度目の放出!
ドクドクドク・・・
愚息が小さくなって押し出されるまで、胸や尻を揉んだり噛んだりして遊んだ。

それから暫くして彼女からメール。
「子供が出来たから私と結婚して!」
突然のことなので返事に困っていると
「あなたの子よ!責任取って!」
「メールではなんなんで、とにかく今夜会おう」と返信、会うことになった。

待ち合わせてホテルに直行。
脱いでもらって体をチェックしてみると、お腹は少し出てるように見えるが、胸に触れると!?
大きくて柔らかかった胸がパンパンに張って硬くなっていた。
乳首を口に含んで吸ってみると、少し甘い・・・。
どうやら妊娠は間違いないようだ。

そのまま愛撫を続け挿入、膣内が熱く感じる・・・。
無茶はできないので横ばいでクリを刺激しながらPを出し入れ。
「ア~!!イク!!」
同時に私も固く張りのある胸を握りしめながらフィニッシュ!
暫くぶりの放出でグッタリ・・・。

手を見てみると母乳???
舐めると甘い。
第2ラウンドはソファーに座り、向かい合わせでの座位。
ユックリ優しく体を揺らしながら経緯を白状させると、私を誰にも渡したくないから危険日を承知で中に出させたとのこと。
「結婚が無理でも旦那の子としてでも産みたい」と気持ち良さに声を震わせながら言った。

それから数ヶ月、お腹の子供の成長を毎週確認しながら関係を続け「産まれたよ!可愛い女の子だよ!!」とのメールを受け取った日の夜中に病院に侵入。
授乳時間で起きてた娘と初対面。
「可愛い!」
彼女に似て本当に可愛いかった。

「残念ながら戸籍上はあなたの子供じゃ無いんだからね」と。
彼女は胸が張って痛いって言うので、娘と二人で乳首を吸うと「ちょっと舌を使わないでよ~感じるじゃない」とクレーム。
生殺し状態で病院を後にした。

コメント (0)
コメントする