2018年10月19日 09:00

【人妻】同じマンションの巨乳奥さんを助けた結果…(体験談)

読了時間:約 3

1階上に住んでいる奥さん、子供は居ないが27、8歳ぐらいである。
時々顔を合わすが、いつ見ても艶めかしく色っぽく男好きする姿である。
足元も白くほっそりして、お尻を振り振りして歩く姿がいいし、見るたびに前が膨らみ困る時がある。

ちょうど偶然に階段を上がって行く奥さんを見つけた。
短めのスカートで今にも見えそうだが、気付かれない様に後ろから付いて上がっていた時、急に躓いたのか、前のめりに倒れた。
思わず駆け寄り「大丈夫ですか」と声をかけ、抱き起こしたが、その時、偶然にも後ろから抱いたので両方の胸に手が掛かっていた。


抱きしめる様に起こしたが、しっかり奥さんの胸を触っていた。
奥さんはただ「済みません」と礼を言った。
「大きいですね」
「何が」と聞く奥さん。
「奥さんの胸です」と言うと「知らないです」と顔を赤くした。

「だけど起こす時に、胸を抱えてしまいその時大きく思ったんです」
「恥ずかしい」
「良かったらお礼の積りです。家に寄られませんか」と奥さんに誘われたので行く事にした。

家に上がるとどうぞとテーブルに案内してくれたが、膝の所を見ると擦り傷して軽く血が滲み出ている。
「奥さん怪我しているよ」
奥さんは眺めて「まあ、本当ですわ」とタオルで拭きかけたので、「ちょっと見せてご覧」と膝を見ながら「タオルを濡らしたの下さい」と言い、膝を拭いていたが、膝を抱えると股が開き気味になり奥まで見えた。

何食わぬ振りしながら、太腿の裏側から手で抱える様にしながら徐々に手を上に上げていき、股の間に手が触れると、慌てて「もういいです、自分でしますから」と言ったので、股の間に手を入れたまま抱きしめ、オマンコの辺りを指で撫でながら抱きしめた。

奥さんは「ヤメテください、離れて」と、藻掻いたがしっかり抱きしめながら、オマンコを責めると観念したのか「ダメです、ヤメテください」と言いながら、避けようとしないのでパンツをお腹の方から入れると「ああだめ、止して」と言いながら腰を振り出したが、それが返って都合よく中まで入った。

割れ目を触るともう濡らしていた。
割れ目を割り、中ヒダを擦りあげると、「アア嫌、嫌・・アア・・気持ち良くなる・・アア・・」と言いながら藻掻き出した。

ここまできたら占めたものとパンツを脱がすと、直ぐに脱ぎながら「きつくしないで、優しくね」と自分から寝転び、「あまり見つめないでね」と、スカートを捲り揚げ「指じゃ嫌、良くない」と言い出したので、ズボンを脱ぎ、「入れても言いか」と聞くと「ハイ」と答えたので「入れるよ」と入れかけたが、穴が窮屈でスンナリ入らない。

仕方がないので一旦外し、口で舐めてやると、人が変わった様に藻掻きながら声を発し「イイワ、イイワ、堪らない、イイ気持ち、イイワ、アア、アア」と、汁を出してきたので入れると、先程よりは入りやすく、入れていくと中で締められるほどチンポにまつわり付き、吸い入れる様に咥えている。

「あなたの大きいし太い、こんなの初めて、感じすぎる」と足を高々と上げ、腰に掛け力を入れ抱えこまれた。
相当気持ちいいらしい。

だんだん激しく動かすと、「アア・・ダメイキそう、イキそう、アーアッ!イキそう、イキそうイキタイ、イカサセテ・・ああーいっくうー!」と、イってしまったが、暫くするとまた求めてきて「お願いもう一度イカさせて!」と迫ってきたので、構わず入れまくると燃えに燃え幾度となく「イクー。いくー」の連続で、続けて3回イカさせてやると、「こんな激しいのは初めて、でも良かった、これからも会って欲しい、わからないように誘って」と言った。

いいオマンコに当りこちらも悪くなく、家には内緒で会う事を約束した。

コメント (0)
コメントする