2018年11月23日 09:00

【不倫】妻子持ちの私が30歳も年下の巨乳新入社員と…(体験談)

読了時間:約 2

かなりおっさんですが、新入社員研修を担当していたときに、新人の子を頂けた経験があります。
あの時はかなり興奮しましたね。
若い子とのセックスはいいですよ。

2年前のこと。
当時、私53歳。
見た目も体型も普通の中年。
新入社員の彼女22歳。
相内優香アナ似、B87のEカップ(自己申告)。

新人研修担当のとき、その中の女の子に妙に気に入られてしまいました。
なにかしら話し掛けてきてたので、新入社員の心得のようなものを教授したり、ちょうど私の娘と同年代のこともあり、可愛い娘のように思っていました。
向こうはそのようではなかったみたいですが・・・。


研修も終わってしばらくした初夏のある日、『仕事のことで相談に乗ってくれませんか?』と社内メールで連絡があった。
後輩の頼みなので何の疑いもなく一緒に飲みに行きました。

お酒が進むにつれてだんだんと話題が変わっていき、なんと社内に気になる男性がいるが、かなりの年の差の上に妻子持ちであるとのことだったので、間違った道に進んで欲しくないとの思いから猛反対しました。

しかしこれは建て前で、正直その男に対するただの嫉妬でした。
が、二軒目のバーで事態は急変しました。
なんと彼女の意中の人とは私のことだったのです。

しかし、私には妻も子もいます。
家庭を壊すつもりはないと伝えたのですが、それでもいいと言うではないですか。
それから二人で秘密を共有することになりました。

その後、何度か食事に行った後の帰りに彼女の部屋に招かれました。
部屋に入ったときにはもう興奮状態だったので、後ろからいきなり抱きつき、服の上から胸を鷲掴み、キスをしながらベッドに押し倒しました。

服を脱がして下着だけにし、肉感的なおっぱいに顔をうずめて揉みまくりました。
そして絹のような白い肌の弾力を堪能しながら、胸とかお腹をキスマークだらけしました。
うちの家内とは大違いで、若いだけあって締まった体のラインと綺麗な張りのある胸。

それだけで、若い頃のように硬く勃起していました。
そして愛撫もそこそこに生挿入。
中はもうぐちょぐちょで、本気汁が垂れてきます。

大人の威厳を見せるべく、巨乳をがっちり掴みながら、しっかり奥まで突いてやりました。
脚を肩に抱えて腰を振り下ろすと、よがり方が尋常でなく、抜き差しするたびになんとも言えない切ない表情を見せます。

思い切り突いて、射精感がこみ上げてきそうになるとゆっくり。
それを繰り返していると、狂ったようによがっています。
(彼女によるとセックスは彼氏と別れて一年ぶりぐらいだったそうです)

初めての結合にも関わらず、快楽を貪るあられもない彼女を見て、我が愚息は痛いくらいに硬度を増しました。
最後はお腹から胸にかけて精液を思いっきり放出してやりました。

この年齢になって若い子に挿入を果たした達成感は相当なものでした。
エロすぎです・・・。

後から聞いた話ですが、彼女の父は頑固で、あまり愛情をもらった経験がなかったらしく、父親と同じ匂いのした私に優しく気遣われ、つい惹かれてしまったとのことでした。
若い子には優しくしとくものですね。

コメント (0)
コメントする