2019年01月18日 21:00

【羞恥】男性ヌードモデルのバイトしたら公開オナニーさせられた…(体験談)

読了時間:約 4

これは、まだ私が大学生で青春を謳歌していた若かりし日の、ドキドキするようなエロ体験談です。
大学で何時も一緒に吊るんでいた友達から、面白いアルバイトがあるのでやらないかと誘われ、面白半分でOKしました。
その友達は、よく色々な場所で絵のモデルのアルバイトをしていました。

そして、紹介されたアルバイトは正にこの絵のモデルでした。
詳しい話を聞くと、モデルでもヌードのモデルで、吉祥寺にある画廊で開催され、絵を趣味としているお得意さんへのサービスを兼ねた催しとのことでした。


当日はその画廊に午後1時までに行けば、後は小林という人が全て段取りをしてくれるとのことでした。
指定された日に、友達に言われた通り午後1時に画廊に行くと、店内には受付があり若い女性が居たので、モデルのアルバイトで来たこを伝えました。

すると、若い女性は奥の部屋から小林さんを呼んできてくれました。
私はてっきり男の人だと思っていましたが、奥の部屋から出て来たのは30過ぎぐらいの、ちょっときつそうな感じで、ミニのタイトイカートにぴっちりしたブラウスで大きめの胸が印象的な女性でした。

小林さんからこれまでのモデルの経験を聞かれたので初めてと言うと、少し困ったような顔をしていました。
その傍らでは若い女性がニヤニヤしていました。
その後、小林さんから今日の段取りについての説明があり、始まるのは2時からで、今日のお客は全て女性と聞かされました。

初めてでも恥ずかしがったりしないように、ステージに出たらペニ○を手で隠したりしてはいけないなどの諸注意をされました。
そして奥の部屋で待つように言われたので、中に入り5分ほど待っていると小林さんが入って来ました。

そして、事前にチェックさせて欲しいと言うのです。
すると先ほどの若い女性が脱衣籠を持って入って来ました。
ステージに出る前にここで着ている物を全部脱いで体を見せるように促され、着ていた上着を脱ぎブリーフ1枚になりました。

私の前には30代と20代の女性が立って、その様子をずっと見ています。
私が躊躇していると、小林さんが「これから何人もの女性の前で素っ裸になるんだから、2人ぐらいでビビッてどうすんの。」と言われたので、私は腰を屈め少し内股ぎみの恰好で履いていたブリーフをずり下げ脱衣籠に入れると、直ぐに両手で股間を隠しました。

すると小林さんから「両手でおち○ち○を隠さない」と強目に言われ、股間を隠していた両手を振り払われてしまいました。

そして股を開いて立つよう言われたので、私はそれに従いました。私のペニ○は全くの無防備状態で、2人の女性の眼の前に晒されてしまいました。
小林さんが、縮み上がった私のペニ○を見ながら「包茎ねっ」と言うと、いきなり縮んで垂れ下がっている包茎の先の部分を指で摘み、一気に剥かれてしまいました。

亀頭部を露出させられたペニ○は、小林さんの指に摘まれた状態のままみるみる反り返ってしまいました。
目の前で勃起の様子をずっと見ていた若い女性はせせら笑っていました。
さらに小林さんからは、ステージでいきなり勃起しないように、ここで1回出すように言われました。

流石にそれは余りに恥ずかしいので、トイレでやらせて欲しいと言うと「ペニ○が汚れたままステージに立たれるとお客に嫌がられるので、ここで」と言われてしまいました。

そう言いながらもペニ○を摘んでいた小林さんの指は、既に前後にシコシコと動き始めていました。私は覚悟を決め、この2人の女性に全てを任せることにしました。
小林さんは、私の後から手を前に回して反り返ったペニ○を掴み、包皮を荒々しくしかも乱暴に剥いたり戻したりを繰り返しています。

若い女性は私の前にしゃごみ込み、しごかれているペニ○の先端部分をガン見していました。
それも自分のパンツに手を突っ込んでいて、息使いも少し荒くなっていました。
結局この後私は直ぐにいってしまいました。
ウエットティッシュでペニ○を綺麗に拭かれると、既に2時前になっていました。

裸の上から用意してくれたガウンを着て、2人の女性に誘導されホールのステージに立ちました。
周りには50代から60代ぐらいの女性が10人いました。
どう見ても絵を描くのが趣味とは思えませんでした。

この後、小林さんにガウンを脱がされ全裸にされると、周りの女性達が私の直ぐ傍に寄って来て、もうやりたい放題にいたぶられました。
しごかれて2回いかされ、女性全員の見ている前でオシッコを強要されたり、ペニ○をしゃぶられたり、おしりを拡げられ肛門にキュウリを押し込まれたり大変な1日でしたが、それなりに興奮しまくりでスリリングな経験でした。

私のペニ○はおばさん達にいいようにいじられたりしゃぶられたりで、2日間ほどヒリヒリしていました。
後日友達にこの話をすると、小林さんが男性ストリッパーを呼び、ヌードショーを主催していると言っていました。

コメント (3)
コメント一覧
  • 1. 孔子读书阁  

    html模版《关山月》读后感  多少回戍守边疆的将士没有归期,多少念家的情涤荡在将士心头,多少家中妻子带着渴盼遥望着远方。古时的诗人多被这情感所触 孔子读书阁 动,留下不少描述思念却无期的千里之别,堪比牛郎织女的恋情感动天地。活生生的离别苦,在李白的字里行间静静流淌,流淌出相隔遥望的苦,而此时似乎只有月亮能寄托彼此的情思。    又是一轮明月初升,从祁连山上慢慢爬起,正穿行在苍茫的云海之间。那是种自由,可以在云海间自由地穿梭,没有任何约束;那是中寂寞,每一天的周而复始,单调而无趣;那是中牵挂的集合,多少的情思上传到这月亮上,孔子读书阁,让月光将思念之情带到千里之外的地方。在这月光下,玉门关也披上了淡淡地银色

  • 2. 孔子读书阁  

    html模版“郭色(白头发)”书记刘政文   孔子读书阁 一次我回区里开会。会后书记、区长找我谈话。书记问我:”这段日子在下面还习惯吗?”我说:”现在没有了语言障碍,就和住在区里一样了,好得很。”他说:”老王,今日我们想同你商量一件事。”我看着书记,没有作声。他停顿了一下,说:”县里来了通知,区里原来的财经助理员老李调走了,我和区长商量,想请你将这财政助理员工作也兼上。”我问:”财政助理员具体都要干些什么工作?”他说:”主要就是每个月到县财政去将区里要开支的经费预先领回来,月底再去报帐,又将下个月的经费领回来。还有就是区干部集中回区开会和过年过节时都要集体开伙,改善生活,这伙食费开支也由财政助理员管理。”我

  • 3. 孔子读书阁  

    html模版【春天随笔】绿从春中来【导读】文字是什么?心情是什么 孔子读书阁 ?在这样万物苏醒的时刻,在这样大地回春的时节,我们纵然有万千的眷念,我也希望自己用文字,给人们带去一丝丝问候与鼓励,不要停止脚下的步伐。  窗外的春,在阳光的沐浴下一天天地暖起来….  春天和别的季节不同,总给人一份期待与渴望,那一地的绿,那一山的红,那一林的青,每一处都洋溢着春的气息与活力!  在以往我对春的记忆中,过了清明节,天气早就暖和起来了,而今年春天的脚步似乎来的有些缓慢了!于是,就有人担忧会不会像去年的春天那样,稍纵即逝,在人们无法感受春天的文字时,便转身走进了夏天!也许就是这样的缘故,于是,当人们再回想起去年的春

コメントする