2019年01月23日 09:00

高身長モデルとプロレス技の掛け合いセックス…(体験談)

読了時間:約 2

芸能人っていうか、モデルとSEXしてきた。
相手は180cmオーバーの高身長の美女。
雰囲気は北川景子がまんま大きくなったような感じでモデル体型。
用意してきた紺に縦ラインの入った競泳水着を着せてコスプレSEXの準備万端。

洗面鏡の前に立たせると、恥ずかしそうに顔を俯けるところがそそる。
普通にSEXするのはつまらないから、エッチにプロレスの技を取り入れるのが好きなんだよ。
その日もモデルに技を教え、掛け合いからスタート。
まずコブラツイストを掛け合う。

自分より大きな女に掛けた事がなかったから最初は戸惑ったが、相手の体が柔らかいからすんなり掛かった。
俺「こうして動けなくして乳や股を攻められたら興奮しない?」
モデル「・・・」
黙ってるから引いちゃったのかと心配になりつつ、今度はモデルに掛けさせる。

掛けやすいように体を動かしながら技を固める。
背の高い相手に掛けられても結構効くもんだなと思ってたら、お尻の方から金玉を掴まれた!
モデル「興奮する?」
ニヤニヤしながら聞いてくるモデル。
なんだ、興味あるんじゃん(笑)

その後もヘッドロックやベアハッグにエロ技を混ぜて、攻めつ攻められしてベッドへ移動。
ベッドでも適当にボディシザーズや逆エビ、4の字なんかを教えてたんだが、喘ぐモデルのセクシーなこと。

我慢できなくなったから、予定を変更してエロレスモードに。
まんぐり返しにして乳を揉みながら彼女の股間に顔を埋めると、こちらも相当濡れ濡れ。
アンアン言いながら俺の頭を挟んできて、逆に俺を押さえ込む。
足を重ねるようにして乗ってるから意外と動けない(汗)

モデル「私、もう我慢できない。今度は私から攻めるね」
モデルがいきなり乳首を舐めてきた。
あんまり上手いもんだから、抵抗せずに逆に頭を抱え込んでたっぷり舐めてもらった。
下から辛うじて乳は揉み続けたが、馬乗りの体勢になって手が届きにくくなる。

逆にモデルの両手が俺の両乳首を弄ぶ。
こんな経験も初めてだ。
俺を見下ろしながら、「私のおっぱい舐めたいの?」とエッチな顔で水着の上半身を肌蹴て覆いかぶさってくる。

今回使ったラブホはベッド脇にも鏡があるから、それを見てたら興奮してきたみたいで、俺の頭を抱え込んで片胸を吸わせながら足を絡めてきた。
彼女の手が俺の海パンに入ってくる。
もうお互い濡れ濡れでクンニもフェラも必要ない。
手でグイッとパンツを引き下ろし、足を器用に使って脱がされる。

やっぱり体格差がものをいうのか、モデルの水着脇に俺のチンコが引っ張り込まれ、すごい腰使いで感じまくると、彼女が先に果ててしまった。
なんとか抜け出して、大開脚フォールで挿入。
これもすぐイッてしまったので、股裂き状態で挿入。
これも俺の前にイッてしまった。

モデルの方も、「イキすぎてフラフラする」というからプロレスごっこは終了することに。
モデルに後ろから抱え込まれるようにして、鏡を前に手コキ寸止めからの騎乗位で、やっと最後に一緒に果てました。
なかなかノリが良くて床上手なモデルとの一戦だった。

コメント (0)
コメントする