2019年04月03日 09:00

【浮気】隣の農家に嫁いできたグラマーな若奥さんと…(体験談)

読了時間:約 4

私が大学生の頃。
隣の家は大きな農家で、長男の嫁が都会から嫁いで来た。
若くてもほとんど休み無く働く姿に、大変だな・・・と他人ながらに思っていました。

田舎町なので、娯楽といっても、飲むかパチ屋くらいで、隣の長男もつらい農作業が終わると5時位からすぐに飲みに行ってるのを目撃している。

私といえば、大学生活はほとんど遊びのようなもので、女を何人か連れ込んだりしてやったりしていました。
私の部屋は隣の家に面していて、大きなガラス張りで、半分が磨りガラスのタイプ。

ある日、女を連れ込んで、音楽ガンガン鳴らしてワイワイやっていると、隣の奥さんが物を運んでいる。
地味な仕事着だ。
まだ20代半ばだが、格好だけ見るととても見えない。
それに比べて俺は・・・。

暑くて少し窓を開けていたから、奥さんが気付いたようだ。
また女を連れ込んで、と思ったかもしれない。
その時、女としてのエロさみたいなものを、地味な服の上からも感じた。

いい尻をしている。
顔だって、少し地味目だが悪くない。
やってみたいな。
そんなことを考えながら、部屋の中の女といちゃいちゃし出した。

制服のいい匂いと乾いたお日さまの匂い・・・。
夢中でキスをする。

「んんん・・・」
ズボンが大きく膨らむ。
触らせる。
「ドクドクいってる・・・苦しくない?」
「苦しいよ。お前が可愛すぎるから・・・」
「またまたー」

軽く微笑み、女はスカートを脱いだ。
足が長くきれいだ。
下着が白で、少しオマンコの部分が湿っている。
愛撫の開始だ。

最初はチュッチュッと軽く上品に、時にわざと大きく下品に豚の様に。
振動が伝わるくらいがいいそうだ。
上半身を舐め終え、パンティーを脱がす。
先ほどの愛液が少し糸を引く。
たまらない。

指で何度か透明な糸を伸ばしてみる。
「こんなに伸びるぞ。気持ちいい?」
「いやっ。恥ずかしいって・・・」
舐めてみる。
ほとんど味がしないが、ぬるっと舌に絡まる。

直に味わいたい。
ゆっくりとオマンコに近づけて匂いと味を同時に味わう。
幸せだ。
隣を見ると、太ももが・・・。
この景色が最高だ。

濡れやすい女で、体もグラマーで発達している。
そろそろ入れたい。
やり始めてしばらくすると、隣の奥さんが、まだその辺に居るみたいだ。
物音がする。
気持ちいいんだけど気になり、女を後ろ向きに立たせた。

窓側に行き手をつかせると・・・。
「誰か人が居るみたいよ。見えちゃうよ、駄目だって」
「ほとんど見えないよ。いや、見せてやろう」
「いやぁっ。へ、変な気持ち・・・」

こちらに向けた尻がじっとりと濡れている。
突いた。
いつもより興奮した。
激しく尻にぶつけた。
2人が揺れて、窓が軋む。

その音に隣の奥さんが気付き、こちらを見る。
磨りガラスで、互いに顔だけしか見ないものの、ぼんやりとバックで突いてるのは判るはずだ。
奥さんは立ち止まって見ている。
見せつけてやった。

奥さんは少し怒ったような顔をして、やがて居なくなった。
射精した後で、(ちょっとまずかったかな)と思った。

そんなある日、私の村で祭りがあり、私は面倒くさくて留守番をしていると、隣の奥さんも留守番らしく・・・。

「◯◯君、ちょっと、ご馳走いっぱいあるから食べない?」
「いいんですか」
この奥さんが来る前は、隣の家によく遊びに行っていたので気軽に入れた。

「よく食べるわね。何かスポーツやってるの?」
「陸上やってましたけど、引退しちゃって、今は食べてばかりです」
「あなた、モテるでしょう?かっこいいし、女の子も・・・」
「ごめんなさい、見ちゃいましたか」
「何人か、別々の・・・。彼女って居ないの?」
「特定のは・・・奥さん!!」

私は、何かに取り憑かれ、抱きついてしまった。
「あっ、何、だめっ・・・」
言い終わらないうちにキスをした。

最初は堅く拒否反応を示していたが、徐々にキスを続けていると、力が抜けてきて、キスも協力的になってきた。
何より今日の奥さんの格好は、いつもの地味な格好とは思えない体を強調する服だった。

「きれいです。キスの味もいいです」
学生にはない大人の味がした。
学生以外とエッチするのは初めてなので、そう感じたのかもしれない。

下半身が丈夫。
足の筋肉が発達している。
毎日、畑や田んぼ仕事で踏ん張っているから。
尻もデカい。
デカいけれど、締まっている。

夢中でアナルを舐めた。
おまんこもきれいで、指で膣穴、舌でクリトリスを攻めると、ビショビショで臨戦体勢だった。

「帰ってきませんか、みんなは?」
「まだ大丈夫。お願い」
奥さんの目が燃えているように見えた。
一気に挿入した。

「ああっあっあっ、すごい、あなた。ああああっ、好きになりそう」
厚みがある体。
太ってはいないが重厚なのだ。
腕で抱き締めながらピストンをする。
他人の奥さんなのに、自分のもののような感覚だ。

奥さんもまだ若い。
汗だくになりながら私の動きに合わせてくる。
自分で動くように指示をする。
下になりながらも、グイグイ俺のチンポに押し付けてくる。
私が下になり、胸を掴む。
大きい方だ。
乳輪も少し大きめでリアルだ。

スパンスパンスパン・・・。
奥さんの腰が滑らかで、私のチンポが気持ち良さそうに飲み込まれている。
愛液がオマンコから垂れて糸を引いている。

後ろ向きにして、尻が上下。
若干違う感触。
人によって違うのだろう。
バックで尻をさらに押し広げてグイグイ、たまにゆっくりとチンポの出入りを楽しむ。

「あああああっ、あなた上手すぎ。本当に学生?ああああっ、もうイキそう!!」
私も限界だった。
正常位で狂ったように2人でフィニッシュした。

奥さんとはこの1回こっきりで、私が就職で上京したので会ってもいません。
その後、奥さんには2人の子供ができたそうだ。
中出ししたので、自分の子供じゃないことを祈る・・・。

コメント (0)
コメントする