2019年04月08日 09:00

【レズ】レイプされかけたところを助けてくれた女子大生と…(体験談)

読了時間:約 5

10年前、中学1年生だった私は下校途中の公園で、知らないおじさんに、「ペットのハムスターがこの中に逃げたので、一緒に捕まえるのを手伝ってくれないか?」と身障者用のトイレに誘われました。

バカな私はまんまと引っ掛かり、中で猿轡をされ服を脱がされ、手足を縛られ、「きれいな身体をしているね、今からおじさんの玩具になるんだよ」と胸を弄られ、アソコを舐められました。
ものすごく怖かったけど、舐められ続けているうちに少し気持ち良くなり始めた頃、ドアが叩かれ、「中に入ってる人、出てきなさい!警察呼びましたよ!」と女性の声がしました。


すると男は慌てて逃げて行きました。
「危なかったね、男と入っていったのを見て危険と思ったの。怖かった?」
女の人はそう言いながら私のアソコを撫でてきました。

「クチュクチュいっているね、気持ち良かったの?」
私が首を縦に振ると、足の紐をほどき、私の服を持って、「隣に行くよ」と誰も居ないのを確認して女子便所に入りました。

「たっぷり可愛がってあげるね、あなた可愛いから色々したくなっちゃう」
指でアソコを撫で始めます。
指がまとわりつくように動いてアソコを弄びます。

「あぁ、うぅ、いい」
「感じる?ここがいいの?」
クリトリスを撫で上げられ、身体がビクッと反応してしまいました。

「おねえさん、そこ弄るの止めてぇ、変になるからぁ」
もう意識が朦朧としてきます。
「うふふ、可愛いなぁ、ほんとに虐めたくなっちゃう」
そう言いながら顔をアソコに埋めてクリトリスを舐め上げます。

「あぁ~、あっ、あっ、あぁ~」
身体が浮くような、もう初めての感覚に涙が出てきました。
「イッたのね、ほんとに可愛かったよ」
私の髪を撫でながら耳元で囁きます。

「ねっ、これからうちに来ない?もっと可愛がってあげるから」
おねえさんに誘われた私は、もっと気持ち良くなりたいと思い、「はい、お願いします」と答えました。

家に戻り、かばんを置いて、ママに「友達の家に遊びに行く」と伝えて、また公園に行くとおねえさんが笑顔で待っていました。

おねえさんは美咲さんといって、2階建てのアパートの2階に住んでいて、中に入ると教科書や参考書がいっぱいありました。

「美咲さんは学生さんなの?」
「うん、教育大生なの。ゆくゆくは先生になるのよ」
色白で美人なおねえさんが先生になったら人気者になっちゃうなぁ、とか思っていると抱き締められて、「始めるよ」と服を脱がされました。

おねえさんも服を脱いで美しい身体が露わになりました。
「美咲さん、綺麗・・・」
「玲奈ちゃんの方が、つるつるで綺麗だよ。胸は膨らみ始めているけど、アソコに毛が無くてしかもピッタリ閉じているから、股を開いても一本線だし、可愛くて私のモノにしたい」

胸に左手を添えて、アソコを右手で弄りだします。
私も美咲さんの胸を両手で揉み始めました。
弾力のある大きな胸は羨ましいくらい綺麗で、私もこんな胸が欲しいなと思いました。
美咲さんの吐息が聞こえてきます。

私もクリトリスを弄られると頭が真っ白になるほど気持ち良くなります。
美咲さんは私の悶えている姿がお気に入りのようで、執拗に指や舌でクリトリスを攻撃してきます。

「美咲さん、そんなに舐めないでぇ、私もう、もう」
「イッちゃうの?」
「だってぇ、なんか変になっちゃうんだもん、そこ舐めるとぉ」
「もう、可愛いんだからぁ、大丈夫まだまだ気持ち良くなるから♪」
「あぁ、ダっメ~、いやぁ~、あっ、あっ・・・」

ぐったりしていたら、おねえさんがうずらの卵大のバイブを手にして、私のクリトリスに当ててスイッチを入れました。
ヴィ~という音と共に更なる快感が背中を突き抜けます。

「あぁ、あぁ、あぁ、美咲さぁ~ん、や、や、やめてぇ~、やぁだぁ~、お、おかしくな、なぁるぅ~、あぁ~あぁ~」
背中が上がりブリッジ状に。
「ダッメぇ~」
何かオシッコのようなものが出てきました。

美咲さんはニヤニヤしながら・・・。
「あ~あ、お漏らししちゃっていけない娘ね」
「ごめんなさい、ごめんなさい」
私は力の入らない身体で謝り続けました。

しかし美咲さんは更にクリトリスを舐め始めたのです。
もうぐったりした私を美咲さんは、容赦なく攻めます。
身体中が敏感になっている私は、何とか逃れようとするのですが、力が入らないのでなすがままの状態です。

「もうやめてください、これ以上されたら私・・・怖い」
「まだまだこれからよ、あなたがどうなるのか見たいから♪」
「もういやぁ、お願いだから許してください、一生のお願い!」

美咲さんはまたバイブをクリトリスに当てながら舌で穴をグリグリしだしました。
「ひゃあ、ああぁ、お願いですからぁ、やめて~変になるぅ、いやっ!」

美咲さんの舌は更に奥へ進みます。
痺れている身体ですが、敏感に反応します。
もう頭は真っ白、脳が快感で麻痺していて、身体を動かす事を忘れているようでした。

「あぁ、あぁ、あぁ」
口から泡まで出てきて、諦めた私は快感に身を委ねて行き着くとこまで行く決心をしました。
「ああぁ、イク~、イク~」
叫ぶように喘ぎながら私は気を失ったようでした。

目を覚ますと美咲さんが笑顔で、「どうだった?良かったでしょ」と聞いてきました。
「うん、こんなに気持ちいいの初めて。でも恥ずかしい」
「玲奈ちゃん、ホントに可愛かった。またおねえさんと遊んでくれる?」
「私、姉妹いないから、美咲さんお姉さんになってくれる?」
「いいわよ、勉強もエッチも教えてあげるね♪」

美咲さんとは中学2年生まで関係が続きましたが、卒業後は地元に帰ってしまって、その後は疎遠になってしまいました。
美咲さんが勉強を教えてくれたお陰で、今は私が教育大生で、先生を目指して頑張っています。

しかし私は教え子には手を出しません。
美咲さんのせいで、Sな年上の方がタイプになっちゃったから。
子供達のママに可愛がってもらいたいです♪

あ、美咲さんのSエピソードがありました。
美咲さんは私のオナニーを鑑賞するのが好きで、室内だけならいいのですが、公園にミニスカで、その下には何も穿かずに遠くから眺めるのを、よくさせました。

最初は恥ずかしくて泣き出したのですが、だんだん慣れてきて、誰かに見られているんじゃないかってドキドキしながらオナニーしました。

一度だけ、あの時のイタズラされたおじさんに見つかり、仕方ないのでイカせてもらいました。
でもその後、おじさんが自分のモノを出したので急いで逃げました。

美咲さんはずっと見ているだけで、部屋に戻ってから燃えるように弄ばれます。
美咲さんに露出癖をつけさせられて、中学生いっぱいそれが抜けませんでした。

美咲さんと一緒にスーパー銭湯に行くと、湯船の中で弄られイカされます。
私は今でも背が低く、胸も小さいし、アソコにも毛がほとんど無いので、スーパー銭湯などでは、高校生以下に見られます。

スーパー銭湯では高校生の頃、年上の女性にイタズラされましたが、美咲さんと比べると満たされません。
男は気持ち悪いので、どんなにイケメンでも胸がときめかないし、触られるのも嫌です。
こんな私ですが、超ドSな年上の女性に逢えたらいいな♪

コメント (0)
コメントする