2019年04月09日 21:00

堅物な妻をイケメン巨根マッチョに調教してもらった結果…(体験談)

読了時間:約 4

妻は性欲が無く、夜求めてもほとんど断られます。
年齢も33歳と今が一番いい時だと思うのですが、さっぱりです。
皆さんの様に自慢と言えるほどの美人ではありませんが、胸はDカップ程あり身体もムチムチしていて、私は毎日でも妻を抱きたいくらいなんです。

そんな妻への不満を、友人は真剣に聞いてくれました。
ある日の事、友人と飲みながら妻の愚痴をこぼしていた時です。

「俺の友人で、女の扱いが上手いやつが居るんだけど・・・奥さんの事を話してみたんだ」
「へぇ~、で、どうだった?」
「ん~彼に言わせれば、『数日で淫乱な女になる』って自慢気に言ってた!」


「出来るわけないよ!本当に堅物で、入れると痛いって怒るし・・・無理無理」
「一度、彼に会って話してみるか?」
「あ~いいよ。今すぐにでも」
酔った勢いもあった。

「ちょっと電話してみるよ」
そんな訳でAさんに会う事になったんです。
20分程して、Aさんが現れました。

凄くカッコいい感じで、体もガッチリした体育会系で、話も落ち着いた感じで信頼がおける人でした。
「で・・・奥さん、エッチ嫌いなの?」
「そうなんですよ!困ってしまって・・・」
「奥さんを変えるの簡単ですけど、やってみます?」

「本当ですか?」
「でも、それって私が奥さんを抱くって事ですけど、良いんですか?」
「妻が変わるなら全然OKです」
「じゃ、どんな感じに変わって欲しいんですか?」

どうせ無理と承知で、「超淫乱な女!一日中アソコからエッチな汁出す位に」とリクエストした。
「本当にいいんですか?旦那さんも大変になりますよ」
「是非!お願いします」

勢いってのは怖いもので、そのまま妻の待つ我が家へ向かう事になったんです。
家に着くと、妻がソファーに寝ころびTVを見ていました。
友人が来たことを察すると妻は笑顔で出迎えてくれました。

友人とは何度も会っているので、「どうも!!!」ってな感じでしたが、Aさんには驚いた感じで、おどおどした態度で、なぜか頬を赤らめていました。
確かに、Aさんは妻の理想像に近い感じの人でした。

4人で酒を飲みながら色々話している時も、妻は彼にうっとりした表情で見つめているんです。
友人は、「じゃ、先帰るけど・・・大丈夫か?」と言いながら帰って行きました。

しばらくして、「私も眠くなった」と言って2階に上がりました。
妻は彼との話に夢中で私の事など気にもしていませんでした。

小一時間程、2階の寝室でTVを見てから1階へ様子を窺いに降りて行くと、な、な、なんと彼に抱かれていたんです。
妻が喘ぎ声を出し、彼のチンポを咥えています。
彼にマンコを舐められ、妻が必死にイクのを我慢している様でした。

信じられませんでした。
あんなにエッチが嫌いな妻が、こんなにも簡単に落ちるなんて・・・。
その後、しばらく2人はSEXを堪能し、Aさんは帰って行きました。

翌日、Aさんからメールが届き、『奥さんを本当に変えていいんですよね。今日、奥さんを一日預かります』と書かれていた。

こうなったら私も意地です。
『お願いします』と書き込んで返信しました。

間もなくして、妻が慌てる様に、「ちょっと友達から誘いの連絡来たから、行って来るね!夕飯食べてて」と言うと、いつも以上に念入りに化粧をして、今まで着たこともない服に身を包み、鼻歌交じりに出て行ったんです。
こんなにも女は男で変わるものかと思いました。

昼食を済ませ、ひとり家でゴロゴロしていると、Aさんからメールが届いたんです。
『奥さんの変わるところ、見ますか?今、奥さん凄いことになってますよ!◯◯スポーツジムにいます。来てみて下さい』
そんな文章に、居ても立ってもいられず、すぐに向かいました。

◯◯スポーツジムの前に行くと『本日休館』と書かれていました。
ちょっとマッチョな男が近寄って来て、「◯◯さんですか?」と聞かれ、「はい」と答えました。
彼に連れられ、裏手からジムの中に入って行きました。

個室らしき部屋に案内されました。
「ここで中の様子を見ることが出来るから・・・どうぞ!」
そう言って彼は部屋から出て行きました。

個室にはティッシュとゴミ箱!
恐る恐る前のカーテンを開けると、目の前にジムが見えます。
たぶんミラーガラスなんでしょう、ジム中央の椅子に全裸の妻が縛られ、ハァハァ息を荒げていました。

Aさんも裸で、物凄い巨根が反り上がっています。
他にもマッチョな男性が数人、やはり巨根でした。
妻の下半身はダラダラ濡れています。

私が来た事を知ったんでしょう?
Aさんが妻の座る椅子を私の方へ運び、目の前で妻のマンコを見せて来たんです。
見慣れたハズの妻のマンコが、何か違って見えました。

妻の荒い呼吸にあわせてマンコの肉もヒクヒク動いているんです。
しかも、お尻の穴にはコルクの様な栓がされていました。
電動アンマで、刺激されるとヒィヒィと叫ぶ妻!
体を激しく動かしたと思うと、何と潮を噴き上げたんです。

それでも彼らは妻を執拗に刺激していました。
潮は何度も激しく飛び跳ね、こっちにも飛んでくる勢いです。
妻は狂ったかのように喘ぎ、悦び、視点が定まらなくなっていました。

お尻の栓を外されると、妻は穴から大量の液を放出!
それと同時に潮も噴き上げました。
そんな事が繰り返され、数時間が経過しました。
妻のマンコは、まるで生き物の様にヒクヒクと蠢いていました。

男達に指を入れられると、逆に呑み込む勢いです。
私は、妻の帰りを家で待つ事にしました。
夜も21時を回っていました。

車で送られてきた妻の視点が定まっていません。
私は抱きかかえる様に妻をベッドに寝かせました。

翌日から、私は出張という事にして家を空けました。
妻はAさんに、更に1週間調教され続けたんです。
Aさんは昼夜を問わず妻を甚振り、身体に教え込んだと言います。

この時から、妻は明らかに変わりました。
私の欲求にも応えるようになっていたし、何よりエロい体になっていたからです。
妻は、私に対して申し訳ないという気持ちがあるのか、やけに私に優しく接するようになった気がします。

私は大変満足でした。
でも、妻は?
もっと激しいSEXを望んでいると思います。
Aさんは私との約束通り、妻を捨てて消えました。

コメント (0)
コメントする