2019年04月14日 09:00

【乱交】ネットで男3人と4Pしてくれる女を募集したら…(体験談)

読了時間:約 4

ネットで、女1対男3で4Pの相手を募集した。
俺たち3人、全員20歳以下。
エッチ大好きってことで、中出し&口内射精のできる相手を募集した。

『若さいっぱいの溜まり放題の精液をたっぷり出すよ』と呼びかけてみた。
絶対来ないだろうと思ったら20通以上もアクセスがあって、そのうちの一番エッチそうなメールが返って来た一人と新宿で会うことに決めた。


俺たちはバイトで稼いだ金を持ち寄ってホテル代を割り勘で出し合い、少し高級なホテルをキープ。
とある土曜日の午後、西口で待ち合わせた。

会って見てびっくり。
まだ40歳前だろうが、明らかにおばさんだった。
どうしようかと思ったけれど、そのおばさん、俺たちが本当に20歳以下だったことにすっげー乗り気。

目はギンギンで、レストランで食事をしていても俺たちの股間に釘付けの感。
そんでもって話も結構うまくって、おばさんに巧く丸め込まれ、気がついたらホテル。

ホテルに入ると前戯なんてもうそっちのけで、18歳になったばっかりの幸一のジーンズのファスナーから手馴れた仕草でチンポを出すと即刻パクリ。

幸一が皮被りだったことも初めて知ったけれど、そんなのどうでもいいくらいにおばさんの半端ないしゃぶりっぷりに唖然と三人の目は見ているだけ。
幸一は顔を赤くしていたけれど満更でもないよう。

おばさんが口からチンポを出したらしっかりと皮が剥けて、赤い先っぽから湯気が出ていた。
おばさんは空いている手で俺たちの股間を要求。
俺もタカシもおばさんの両隣に立ってズボンからチンポを出した。

それを次々としゃぶってくれて、俺たちのチンポは唾液と先走りでもうビショビショ。
おばさんは俺たち3人の我慢汁をしっかり味わうと、ビンビンになった3本のチンポを見ながら裸になった。

促されるように俺たちもそれに続いて裸になった。
正直、おばさんの体はあまり見られるほどのものではなかったが、もうこうなればイケイケの気分でどうでもいい感じだった。

どうやらおばさんは、一番若い幸一(ジャニーズ系の可愛い顔)がお気に入りのようで、再びチンポを深く咥えている。
3分も経たないのに幸一がイキそうだ。

他人のフェラチオなんて初めて見るもんだから、俺も隣のタカシもつい自分でチンポを扱いてしまった。
「イッていいわよ。飲んであげるから」
幸一がイッた。

腹のくびれが急にビクビクする。
おばさんが口の中を見せる。
幸一の精液が舌の上に溜まっていた。

タカシも俺もそれを見て理性が吹っ飛んだ。
おばさんは仰向けになった。
俺は横に向いたおばさんの顔にチンポの先を近づけた。
即座にチンポを咥えるおばさん。

吸い付かれるように舌がチンポの周りにまとわりつく。
すごいバキュームでチンポの先から何かが抜かれるようだ。
タカシはビショビショのマンコにビンビンのチンポを突っ込んだ。

俺はその様子を見ている。
がむしゃらにタカシは腰を前後に揺すった。
一分もしない内に腰をぴったりと密着してヤツは射精した。

俺もその姿を見ながらおばさんの口の中に射精した。
舌がチンポにまとわりついて喉元がゴクリとするのがわかる。
俺の精液を飲んでいると思うと最高の気分。

たっぷりと射精した後、身体を外すとタカシが俺に声をかけた。
「こっち来いよ。マンコから俺のザーメンが出てきたぜ」
おばさんは仰向けになって膝を曲げパックリと足を開いている。

出てきた精液で、ビラビラのマンコが白くただれたようになっていた。
おばさんは俺たちに見せつけるようにいきむと、泡立っているタカシの精液がダラリとせり出すように出てきた。

「まだいっぱい溜まってるんでしょ!ビンビンのチンポ、もっと頂戴」
俺はちょっと怖くなってきた。
なもんで、俺は幸一を促した。

タカシの精液がまだ出尽くしていないマンコに幸一のチンポが沈んでいく。
身体を前後に揺らす。
俺とタカシはチンポが出たり入ったりするのを見つめた。

タカシの精液が掻き出されるようにチンポにまとわりついて出てくる。
(スッゲー!エロい!)
精液を出したばっかりの俺のチンポは、萎えるどころかまた我慢汁を溢れさせ始めていた。

幸一が二度目の射精をしてチンポが抜かれた。
チンポがダラ~ンと下を向いている。
その先から精液がタラ~リとおばさんの下半身に落ちる。

次は俺の番、幸一の精液が出てくるのを塞ぐようにチンポを穴に押し込んだ。
手を添えて入れるまでもなく、すっぽりとマンコは俺のチンポを包み込んだ。

「あったけぇー!」
下半身から強烈な精液の匂いが鼻を突く。
もうチンポはヌルヌル。
締め付けられるような感じはないけれど、射精したい気分はいっぱい。

バコバコと腰を振ると、汗をかく間もなくチンポの先が痺れてきた。
頭が真っ白になる。
子宮の奥に届くぐらい身体をくっつけて思いっきり射精した。

快感が脳天に突き抜ける。
おばさんもこれで感じたみたい。
怪獣のような雄叫びを上げてイッたようだ。

チンポを抜いたら、幸一と俺の精液が合わさってどっと出てきてシーツを汚した。
それから俺たちはおばさんが求めるままに、それこそ3P4P状態で、上の口も下の口もチンポで塞ぎ、口内射精や中出しを幾度もして、チンポが空になるまで精液をおばさんにくれてやった。

気がついたら時計の針は次の日になっていた。
中年女のセックスへの浅ましさは怖かったけれど、おばさん相手に精液がこんなに出せるのだと知ってビックリもした。

おばさんは若い俺たちの精液を身体にたっぷりと味わって幸せそうだった。
それから三日間はオナニーをしたいなどと思わなかった。
またヤリテェー。
でも、今度はもう少し若いのがいいんだけどなあ!

コメント (0)
コメントする