2019年06月21日 21:00

怪しいモデルのアルバイトに応募してしまった結果…(体験談)

読了時間:約 4

私は営業の仕事をしています。
27歳で離婚して、9歳と4歳の子供を育てています。
お給料がそこまで良くないため贅沢は出来ませんが、子供達には寂しい思いをさせてたくありません。

そんなある日、保育園で知り会ったママさんから、モデルのアルバイトを教えてもらいました。
割といいお金になるから一緒にやらないかと誘われましたが、少し危ない感じがしたので連絡先だけ聞いて断りました。


しかし、しばらくしてどうしてもお金が必要になり、話だけでも聞いてみようと、モデルのアルバイト先に連絡をしました。
お昼にファミレスで会うことになりました。

ファミレスに行くとおじさんが2人いて、自己紹介されました。
坂田さんと真野さんという方で、モデルの仕事は予想通りエッチなモデルでしたが、顔出しは無いという事と、思っていたよりもいい金額を提示されて、迷いましたが、下着姿までと顔出しはNGを約束してもらって承諾しました。

下着姿と言うのはブラチラとパンチラの事です。
恥ずかしいですけど、どうしてもお金がすぐに必要なので仕方ありません。
場所をホテルに移動して説明を受けました。

「顔が映ったらモザイクをかけるから」と言われて撮影が開始されました。
坂田「奥さんの下の名前と年齢と身長と体重とスリーサイズを教えてください」
私「めぐです。27歳で身長と体重は153cm、51kg、上から83・56・85です」

真野さんはカメラを私に向けて撮影しています。
坂田「めぐさん、今日の下着は何色ですか?」
私「・・・パープルです」
真野さんがカメラをスカートの中に入れてきました。

恥ずかしいくて手で押さえると、真野さんがカメラを止めました。
真野「めぐさん、ダメでしょうー。恥ずかしくても我慢でしょうー。ハイ、水飲んでー」
私は、差し出された水を飲みました。

まさか、そのお水に媚薬が入っていたなんて気付きもしませんでした。
それからは恥ずかしいポーズやスカートの中にカメラが入ってきても平気になり、むしろアソコが熱くなり濡れてきているのが分かりました。

坂田さんに言われた通りに、服を脱いで下着姿になりました。
坂田さんと真野さんは、いつの間にか全裸になってました。
坂田さんは私に近づいてきて、大きなおちんちんを顔に当ててきました。

坂田「めぐさん、俺のチンポと旦那、どっちが大きいか比べてー」
真野「こいつのチンポデカいでしょう。めぐさん、俺のチンポも見てよ。俺のも太くてデカいよー」
私は2人のおちんちんの大きさを見てびっくりしました。

(おちんちんを舐めたい・・・でも自分から言えば・・・)
坂田「めぐさん答ええてよ」
私「・・・大きいです」
真野「めぐみさん、俺のチンポ触ってよ」

私は真野さんのおちんちんを触り、びっくりしました。
凄く硬くて大きいのです。
真野「めぐさん、ちょっとだけ舐めてよ」
(舐めたい・・・大きくて硬いおちんちんを舐めたい、でも・・・)

私「困ります」
私の口が開いた瞬間に真野さんがおちんちんを入れてきました。
凄い!大きくて硬いおちんちん!
頭の中が真っ白くなって・・・、舐めました。

真野「気持ちいいー、めぐさんの舌、エロいわー、もっとしゃぶってー」
坂田「俺のチンポもしゃぶってくれよー」
坂田さんのおちんちんと真野さんのおちんちんを交互にしゃぶりました。

坂田「めぐさんフェラ上手いねー、気持ちいいよー。そうそう、タマタマも舐めるの上手いねー」
真野「そろそろ下の口がチンポを欲しいでしょう?」
私「・・・それは困ります・・・あふ~んあぁぁぁ~あはぁ~ん」

坂田さんに四つん這いされてパンティを脱がされ、ヌレヌレのオマンコを舌と指で責められました。
私「あぁぁぁ~~~やめて~~許して~~~あぁ~~ダメ~、あはぁ~んいぃ~んいぃ~」

もうおちんちんが欲しくてたまらなくなって、自分から腰を振って真野さんのおちんちんも思いきりしゃぶりました。
真野さんはブラジャーのホックを外して胸を揉んできました。

真野「乳首立ててスケベなおっぱいしてるねー。人妻のエロスが出てるよ、めぐさん」
私は精一杯我慢していましたが、ついに我慢できなくなって言ってしまいました。

私「おちんちんが欲しいの~~あぁ~~~ー」
坂田「チンポが欲しくなったの?チンポをどこが欲しがっているの?教えて欲しいな」
私「は・・・恥ずかしくて言えません」

真野「いいのかなー、もうやめていいのかなー、マンコにチンポが欲しいでしょ?」
坂田「こんなぐちゃぐちゃになったマンコを俺らのチンポで犯されたいでしょう?」

2人にズバリ本当のことを言われ、もう気が狂いそうにおちんちんが欲しくてたまらなくなった私・・・。

私「やめないでください。・・・おちんちんが欲しいです」
真野「どこにチンポを入れて犯されたいのー?はっきりと言わないと分かんないよー、めぐさん」

私「2人の・・・おちんちんを・・・めぐのオマンコに入れて犯してください」
坂田「頼まれたら仕方ないねー。あ~、めぐさんのマンコ気持ちいいー」
私「あぁぁぁ~~~いぃ~、おちんちんがが気持ちいぃ~~~、あぁ~うぅ~ハァ~いぃ~~~」

私は2人に四つん這いされて前と後を同時に交互に犯されました。
ブラチラとパンチラだけの約束だったのに、顔出しのハメ撮りになりました。
最近は、仕事中に呼び出されて犯されています。

コメント (0)
コメントする