2019年07月10日 21:00

お姉さんのエッチなご褒美を賭けて親戚の男の子と勝負…(体験談)

読了時間:約 4

小学生3年生くらいの時、家族や親戚で旅行に行ったことがあった。
泊まった旅館は、季節のせいか、ほとんど貸しきり状態で、僕の関係者以外はいないようなものだった。

大人達が朝から食事会をしている時、僕と親戚のお姉さん(当時18~20くらい)と、親戚の知り合いの人の子供(小1くらい)で、温泉に入りに行くことになった。
そこの旅館の温泉は2つあって、片方は露天風呂で、もう片方は、室内の温水プールみたいな温泉だった。


遊ぶのが目的だったので、僕らは温水プールの方に行った。
僕と男の子は裸だったけど、お姉さんは水着を着ていた。
行ってみると中には誰もいなくて、僕ら3人の貸し切り状態だった。

しばらく遊んでると、お互いの体をくすぐり合う遊びになって、お姉さんと一緒に、男の子の体をくすぐっていたら、気持ち良かったのか、その子のおちんちんが完全に勃起状態になった。

それを見た僕が、そのことを言うと、お姉さんがなぜ大きくなるのか知ってるかと僕達に聞いてきた。
僕達が知らないと答えると、気持ちがいいと大きくなることを教えてくれた。

そして実際にやってみることになった。
お姉さんが仰向けに寝て、僕とその子がお姉さんの太ももの上にまたがり、おちんちんをこすり付けた。
するとおちんちんが気持ちいい変な感覚で、大きくなった。

夢中でこすり付けていると、お姉さんがもっと気持ちいいことをしてくれると言い出した。
ただしゲームをして勝った方だけ、と言う条件だった。
ゲームは浮かべた洗面器に、手ですくった水を投げかけて先に沈めた方が勝ちというルールだった。

水をかけるのは僕のほうが上手で、男の子はほとんど水を狙って入れることが出来ていなかった。
ゲームは僕が入れる番で、次に水を入れたら、洗面器が沈む所まで来た。
勝ったことを確信しながら洗面器に向かって、水を投げた。

でも洗面器は沈まなかった。
沈まないことが分かった瞬間、負けるかもしれない思い、急に鼓動が激しくなった。
そして今度は、男の子が水を投げた。
ほとんど水は入らずに洗面器はゆらゆら揺れただけだった。

「沈むな。沈むな。」
そう必死に思い続けた。
洗面器はしばらく揺れた後、静かになった。

ほっとして、僕の番が来たと思った瞬間、洗面器は静かに沈んでいった。
僕は思わず、あっと声を出してしまった。
お姉さんは、僕達を一番深いプールの方に連れて行くと、自分の水着の中に入るように男の子に言った。

そして男の子が水着の中に入ると、男の子とお姉さんの体は、対面した状態で1つの水着を着ている状態になった。
その状態で、お姉さんはプールに入ると、僕達にこう言ってきた。

「今からプールで私が歩き回るけど、この状態で歩くと水で体が揺れて、お互いの体が擦れあってすごく気持ちいいんだよ。」
そう言ってお姉さんが、体を少し上下に揺すると、男の子の体もゆっくり浮き沈みした。

「ちょっと揺れただけでも、気持ちいいでしょ?」
お姉さんがそう聞くと男の子は大きくうなずいた。
その時点で、僕の鼓動は異常に早くなっていた。

焦りと悔しさで、それまで感じたことが無い気持ちで、何もしていないのに、おちんちんがすごく気持ちが良くなった。
そんな僕の気持ちを察したのか、お姉さんは僕にこんなことを言ってきた。

「でもこのままじゃかわいそうだから、もし歩き回ってる私の体にタッチできたら交代してあげる。じゃあ行くよ。」
そしてお姉さんはプールの中を歩き出した。

お姉さんの歩く動きに合わせて、男の子の体がゆっくり大きく一定のリズムで揺れだした。
男の子はお姉さんの体にしがみ付いていて、水着の中でお姉さんの体に、男の子のおちんちんがこすり付けられていると思うと、我慢できなくなって、僕もプールサイドに近づいた。

僕はプールの中をゆっくり歩き回っているお姉さんを追いかけながら、プールサイドを歩き回った。
でも深いプールで足が下に付かないから、怖くてなかなかプールに入れなかった。

そうしてる間にも、男の子はお姉さんの体で気持ち良くなっている。
思い切って入っても、プールサイドから手を離せなくて、お姉さんの方に泳ぎに行く覚悟が決まるまでに、お姉さんは向こうのほうに行ってしまう。

そうなるといったんプールから上がって、お姉さんを追いかけて、泳ぐ距離をが一番少なくなるように、お姉さんが一番近くなる場所まで行って、また入る。

そうやってプールに入ったり、出たり、プールサイドを歩き回ったりを繰り返している間に、お姉さんから男の子を早く引き離したいのに、プールが深くて怖くて出来ないから、気持ちが焦りに焦って、異常なほどドキドキして、おちんちんが何もしていないのに、すごく気持ち良くて、イってしまった。

でも焦る気持ちで、またおちんちんが気持ち良くなって、プールサイドをウロウロしするのを繰り返した。

かなり長い時間それが続いた後、お姉さんはプールから上がってしまって、結局僕は何も出来ずに、最初から最後まで、男の子にお姉さんの体を味わわれてしまった。

その日は、一日中プールでのことを考えてしまって、寝るときもなかなか眠れなかった。
次の日も3人でプールで遊んだけど、他の人もいたし、3人だけになったときも、昨日のゲームをまたやりたいとは、恥ずかしくてお姉さんに言えなくて、結局旅行は終わってしまった。

コメント (0)
コメントする