2019年11月02日 09:00

性欲処理に使われた初体験と今彼との濃厚セックス…(体験談)

読了時間:約 2

私の20歳の時の初体験は、残念ながら愛のないものでした。
しばらくすると男の子から連絡が途切れ、私は男に遊ばれたのだと思い、自分がひどく安っぽい女になってしまったかのようでした。
私なんかプレイボーイの玩具に過ぎなかったんだ、と。

でも二番目の男の子、つまり今の彼氏とのつきあいは、すごくラブラブなセックスから始まったのです!
本当に、いつまでも一緒にいたいと思います。
セックスが終わった後でも抱き合ったり、何度でも何度でも、呆れるほどキスをし合ます。

唇と舌に触れるととても官能的な気持ちになって、溜息と喘ぎ声が漏れてしまいます。
そして「大好き」をお互い連発し合います。
私が好きと言うたびに、彼は私を息がとまるほど抱きしめます。

楽しい週末が終わり、彼のマンションを出る月曜日の朝、私はいつも悲しくて泣きそうになるほど、彼の心と体を愛しています。

私は彼の上に乗り、彼の体を愛撫しながら、ディープキスをします。
彼は私のビショビショの「デルタ」に指を挿れ、気持ちよくしてくれます。
もちろん丁寧にクリニングスもしてくれます。

その行為をしながら私のことをじっと見つめてきます。
悦んでいる私を見るのが好きなようです。
彼のまなざしに私もとても興奮します。

私も彼を悦ばせたくて、体中撫で回してあげます。
すると、段々ペニスが膨らんで固くなります。
彼のペニスは私の中に驚くほどよく馴染みます。
大きくて、ピンク色で可愛くて、凄く気持ちがいいのです。
私のあそこの感じる部分全てを攻めてくれるのです。

初めての男の子のはあまりよくなくて、早く終わらないかと思っていたのに。
彼の何もかもが愛おしい。

私たちはどこででもキスをします。
クラブで、広い公園の芝生で、道端で、そして電車の中で。
クラブで抱き合いながら踊った夜は、忘れられない思い出です。

私はおとなしそうな女の子ですが、愛と気持ちいいことに関してはとても貪欲です。
純粋に人生を楽しみたいのです。
苦い初体験も、今の彼との営みのためのいい練習だったんだと、今では思うようにしています。

愛のあるセックスは、素敵な人生を送るための秘訣なのではないでしょうか。
彼といつまでも、いつまでも一緒にいたいです。

コメント (0)
コメントする