2020年01月21日 09:00

駅で見つけた泥酔女の家まで押しかけた結果…(体験談)

読了時間:約 5

先月の金曜日、終電に乗ってたら、ふらついてる女発見。
どうやら乗り過ごしたらしく、隣のホームまで歩いて行ったけど、目の前で最終電車が発車してしまう。
顔を確認したら、若干年上だがストライクゾーン内だったため、声を掛けてみた。

「乗り過ごしたの?駅どこ?」
「◯◯駅です」
「お、俺も同じだよ(嘘)。タクシー相乗りしない?」
「え、は、はい」
この時点で、なんとか上手く相手の家に上がり込めないかと模索する。


タクシー乗り場に向かう最中で「とりあえず、どっかで飲み直そうよ」と提案したら、案の定OK。
適当な居酒屋入って隣に座る。
聞けば、会社の飲み会帰りで31歳とのこと。
彼氏は半年以上無し。

これはイケると思い、押しまくってみる。
しかし、キスまで行けるか・・・と思った時点で、「帰ります」と言われる。
ここまでかと思ったが、一応粘ろうと思って、趣味の話を振って引き止める。
そのうち、また腰を落ち着けるチャンス。

ここで衝撃なことがわかる。
どうやらこの子、酒飲んだらすぐ記憶が飛ぶらしい。
現に既に俺とどこで会ったかも覚えてない。
チャンス。
ある程度飲ませたところで、店を出てタクシーに乗る。

いかにも親切のように家まで送ることを申し出る。
当然、心の中ではこのあとヤル気満々。
ついでに聞き出すと、1人暮らしのアパートで1階。
しかもたまに鍵もかけないらしい。
ますます、イケる予感。

家に着いたら、「ごめん、トイレ借りていい?」と言って上げてもらうことを要求。
ちょっと困ったような顔をした後、「ちょっと待ってね」と言って中に入る。
どうやら部屋を片付けているらしい。
5分ほど待って、いよいよ中へ。
トイレでしばらく待機したあと、平然と居間に座る。

女の方もよくわかってないらしく普通に雑談。
聞いたら、やはりここまでの流れを覚えてない。
今だと思った俺は、女の方に近寄って体を抱き寄せた。
すると結構強めの抵抗。

「そういうつもりじゃないんですけど・・・」
ここまできて、押しても引いてもヤラせてくれない彼女に埒の明かなさを感じたので、一つ作戦を思いついた。

「でも、声掛けたのそっちでしょ?彼氏いなくて寂しいって。ここまできてそれは酷くない?」
「え、ええ?そうなの?私から声掛けたの?」
「そうだよ。僕はあなたに惚れたのに、なぜ今になって。僕の心の責任とってよ」
「そんなこと言われても、覚えてないよ・・・」
「都合の悪いことは覚えてない?酷いよ。僕より年上なんだから、責任とって付き合ってよ」

ちなみに、僕の年齢は20歳です。
付き合ってヤッたらすぐ別れようと思ってました。
「ええ?無理だよ・・・付き合うのはできない」
「出来ないって・・・それで済むと思ってるの?僕にいきなりキスまでしたんだよ?」
「えええ。そうなの?ごめんね、本当にごめんね。どう謝れば・・・」
「謝って済む問題じゃないよ。付き合ってよ」
「・・・それはできないよ」

「じゃあわかった。代わりに1時間だけ甘えさせてよ。それでもう僕は何も言わないよ」
「甘えさせてって、どういうこと?」
「子どもじゃないんだし、わかってるでしょ。ヤラせてってことだよ」
「・・・それは・・・できない」
「できないできないって、じゃあ何ならできるの?何かしないと解決できないよ?君がどうしたいのか、君が選んでよ。僕は君のことが好きだからね」

こうやって抱き寄せて耳元で囁き続けると、体をビクビクとさせる彼女。
もう少しで落ちると思った。
年下という設定と、女性が男性を落とす既成事実手法を使って、嫌でもヤラざるを得ない状況に追い込んで言った。

このあとは1時間くらい、彼女の葛藤に付き合ってやった。
「無理・・・」とか「やだ・・・できない・・・」っていう彼女に、淡々と昨日どういうことしたのか、実は彼氏いなくて心も体も寂しがってるんじゃないかということを繰り返してイジメ続けた。

もちろん服の上から体は撫で回していた。
体はかなり感じているようでビクビクと震えていたが、絶対にそれ以上はさせないよう抵抗もしていた。
改めて見るとこの女、すげえ可愛い。
たぶんコイツMなんだろうなーと思った。

「体目当てのなんじゃないの?」という抵抗には、「自分から言い寄っておいて、都合が悪くなったら僕のせいにするんだ。しかも本当に君のこと好きなのに、体目当てなんて・・・酷すぎる」と言ったら、謝ってきた。
しばらくすると、泣きながら・・・。

「お金で許してもらおうとも考えたけど、でも100万や200万なんて払えないし・・・でも、それくらい酷いことしたし・・・」
(いや・・・流石に金取るのはヤバい・・・)
っていうか、この子は詐欺とかに簡単に引っかかるのではないだろうかと心配になるくらいだった。

「お金の問題じゃないよ。僕は君がまた同じ間違いをしないか心配なんだよ。君が困ってると僕も辛いから、今日だけ付き合ってくれれば、僕はもう諦めるから。わかった?」
そう言ったら、強張っていた彼女の力が抜けた。
チャンスだ。

一気に彼女を押し倒して組み伏せる。
「いやっ!やめっ、やめてっ!あ、いやっ!」
胸揉んで、唇や首筋にキスして舐めまくり、本気だして攻めた。
口では嫌がっているが、抵抗する力は弱い。

「いいじゃん、やろうよ」
「やだっ、やだあっ!」
「好きだよ。やだって言ってもヤッちゃう」
そう言って服の下に手を入れて乳首攻め。

感じ始める彼女。
抵抗が徐々になくなっていく。
「ね、優しくするからさ。一回だけ、しよ?」
「う、うん・・・じゃあ・・・一回だけね?」
落ちた。

僕を抱き締めてくる彼女。
キスも普通に受け入れてくれた。
こうなるとあとは早い。
服を脱がしながら、彼女を攻め続ける。
下を脱がすときは抵抗されたが、強引に脱がすとアソコももうビショビショだった。

たぶん抵抗していた時から相当濡れてたんじゃないだろうか。
ちなみにゴムはなかったから、生で入れた。
彼女も何も言わなかったためだ。

「ん、大きい・・・痛い・・・」
「最後にヤったのは半年前?キツイね」
「3年くらいはしてないよ。この3年忙しくて彼氏作れなかったから・・・」
どうやらさっきは見栄を張っただけらしい。
なんだか彼女がたまらなく可愛くなって、そのあとも激しくヤリ続けた。

『一回だけ』と言ったが、数時間は攻め続けたと思う。
数年ぶりのセックスで、女の方もめちゃくちゃ燃えていた。
一応中出しはせず、外出し。
こんな感じで彼女のしてくれた“お詫び”は終わった。

帰り際、「もう一度付き合わない?」と聞いてみたが、「うん。今日だけって決めたから」と断られた。
好きな男でもいるのかもしれない。
彼女は優しくキスをしてくれて、僕たちは別れた。

ただ、ぶっちゃけ家は知ってるし、男っ気がなさそうで、酒のストックも結構あったから、今度突然また行って一緒に飲んで、飽きるまでなし崩しにセフレにしようと思っている。

コメント (0)
コメントする