2020年02月06日 21:00

処女を捨てに来たゴマキ似のDQN女が萌えすぎた…(体験談)

読了時間:約 9

俺は都内でアパレルショップの店長をしている32才の男です。
うちの店はギャル系のショップをやっていて、男は俺一人で、あとは常時2人のバイトと正社員がローテで入っています。

その中に20才の大学生のバイトの女の子で、沙里菜って女の子がいます。
沙里菜はテンションが高くて、売上にもだいぶ貢献してる俺のお気に入りのスタッフです。
でも、太っていてバカみたいに元気がいいので、一度も手を出そうとは思った事は無いです!
“柳原可奈子のショップ店員”そのままの性格です。


沙里菜とはプライベートでも仲がいいので、休みが合えばご飯を食べに行ったり、泊まりにも来たりするくらい。
ちょうど1年位前の事なんですけど・・・。

沙里菜「友達で処女がいて、早くどうにかしたいって悩んでんだよねー」
俺「何だよ、俺に回せよ、そういうの大人に任せろよ!」
その時は社交事例みたいなもんで、現実にはならないと思っていました。

そしてその週の土曜日。
沙里菜「店長、今夜ひまっすか?」
俺「何かあんの?」
沙里菜「この前の友達が、今日ならイケるって言うからさー」
俺「それマジなの?」
沙里菜「マジマジ、店長頼みますよ!もう言っちゃったんだから!」
逆に怒られました!

そんな感じで夜になって、3人で会う事になりました。
俺はブッサイクが来たらどうしようかドキドキしてたんですけど、思いっきりギャルメイクのガングロが来たので、可愛いのかは良く分かりません。

沙里菜「あっしもう行くから!あとは二人でどうぞー」
・・・と、消えて行ってしまった。
俺も、もうこうなったら楽しもうと割り切って、その女を連れて渋谷のホテルに直行しました!
最初はさすがにドキドキしました。

会って1時間もしないうちにホテルに入って、しかも相手は処女です!
別々に風呂に入って、普通に事を済ませました。
ギャルはそこそこマンコを濡らして、それなりに痛がったけど、思ったより痛く無かったらしくて、「ありがとう!」なんて言って帰って行きました。

翌日、沙里菜は「店長サンキュね、マジ喜んでた!」と、どうやら好評だったらしい。
そしてこれが切っ掛けで、沙里菜経由の処女が次々と俺に話を持ちかけてくるようになった。
さすがに文化の違いってゆーか、俺の若い時とは違う!ってビックリしました。
まぁ、沙里菜の行ってた高校がバカ高校だったのもあるんですけど。

それでも沙里菜の友達や後輩に噂が広まって、1年で30人以上の処女を頂きました。
そして知らない間に勝手に話が盛られて、『ロストバージンの神様がいる』みたいな感じになってしまい、処女の女の子がすごい期待いっぱいで毎回来るから、こっちもかなり勉強する様になりました。

最後の方は、大量の道具やコスプレも買い込んで、俺も趣味みたいに楽しんでいました。
だんだん余裕が出て来たので、処女喪失と同時に全部のプレイをやってやる!と目標を持って励んでいました。
中には処女と同時にアナル処女も頂いた女の子や、中出しさせる奴、おしっこをさせた奴、色々いました。

残念な事に、ずば抜けて可愛い女の子は30人中、3人だけでした。
あとは並の顔と、ひどいのもいますが、空気的にブスでも断れなくなっていました。
その可愛い3人の中の一人なのですが、元モーニング娘のゴマキにそっくりな女がいました。
とりあえず呼びやすいので『マキ』って名前にしておきます。

でも、マキは顔は可愛いんですが、態度と服装がヤバかったです。
モロにヤンキーです。
上下真っ白なダボダボジャージにサンダル、そして金髪。
基本座る時は膝を立てて座ってる・・・。

かなり粗悪な女だったんですけど、顔が良かったのと、強気な女がどうやって股を開くのか見てみたくて興奮したのを覚えています。
そいつも沙里菜に紹介されて、すぐに近くのラブホに入りました。
その時には20人以上喰った後だったんで、道具もホテルも準備万端でした。

ヤンキーのマキは、ラブホに入るとタバコを吸いながら「さっさとやっちゃおうぜ!」みたいな態度だったので、ゆっくりと女の喜びを教えてやろうと考えました。
少し強がっているようにも見えたし、若干声が震えてる感じもしたので、ゆっくりと虐めてやろうと思いソファーに座らせた。

俺「やっちゃうもなにも濡れてなきゃ入らねーだろ」
マキ「女ってマジめんどくせーよなー、根性試しみてーなもんだからなー」
マキはレディースらしいんだが、最近後輩がセックスの話をやたら聞いてくるらしい。
周りのタメの女は皆やってるらしくて、それで焦って俺に話が廻ってきたようだ。

俺はマキにいきなりキスをしてみた。
マキ「ざっけんなよ、なんだよ、いいよそんなの、うぜーな!」
吠えていたが、顔は真っ赤になっていた。
強がっているマキがすごく可愛く思えてきて、もう一度無理やりキスをしてみた。

今回は暴れるマキを押さえながら、舌を無理矢理突っ込んだ。
マキ「やめろって、うぜーよ」
さっきより声が小さくなってた。
そろそろ始めようと思って、マキのジャージの胸元から手を突っ込みました。

マキ「いいよ、もう入れちゃおうぜ」
俺「だから!濡れてねーのに入れたら膣痙攣で裸のまま病院行きだぞ?それに後輩にも話出来ねーだろ?」
マキ「フンッ」
マキはノーブラだったので、いきなり生乳でした。

おっぱいは大きくはありませんが、乳首が綺麗でした。
俺はマキをソファーに寝かせると、ジャージを捲り上げて、おっぱいをむき出しにしました。
マキは俺に顔を見られない様に、必死で斜上を向いていました。
俺はゆっくりと全体を揉みながら、乳首を転がしているとすぐにコリッコリに勃起しました。

勃起したら唾液をたっぷり着けて舌で転がしてやると・・・。
マキ「うっ、ううっ、ふっ」
声が漏れ始めても、強がってるマキは必死で感じて無いフリをしていました。
俺「マキ、気持ちイイだろ?」
マキ「は?ざっけんなよ、知らねーよ」

でも乳首を指で弾くとビクンッと反応します。
その後も20分位しつこく乳首を攻めていると、「あふっ、あっ、くっ、ううっ、うんっ」と小さい声が出るようになりました。
下半身を攻めようとジャージのパンツを脱がせました。
意外に綺麗な足が出てきてビックリです。

両足を広げると、太ももの内側をマンコギリギリまで舐めまくりました。
マキは両腕で顔を隠して、自分の腕に噛み付きながら声を我慢してるようでした。
その姿が可愛過ぎて、かなりしつこく舐めまくりました。
もうパンツが明らかに濡れていて、かなりデカい染みが出来ています。

試しにパンツの上から指先でチョンとクリを叩くと“ビクンッ”と腰が動きます。
マキは明らかに感じています。
俺は、マキのパンツを脱がせる前にゆっくりと捲ってみました。
捲った瞬間に、湯気が出そうな程のモワンッとしたマン汁臭が広がって、パンツにはゼリーみたいな濃いマン汁がベッチャリ付いていました。

マキのアソコは、ビッチャビチャで、ビラビラとマン毛が、濃いマン汁のせいでよじれていました。
パンツを全部脱がせると、思いっきりアソコを広げていきなりアナルを舐めました。
さすがにマキもビックリしてたみたいで「おいっ、なんだよ、ちがうだろ、うっ、あっ、ふっ」と抵抗していましたが、構わず押さえ付けて舐めまくりました。

そうすると、マンコの方から、マン汁がドロッと流れ込んできて、唾液と一緒にクッチャクチャにして舐めまくりました。
次はクリを攻めたんですが、舌先でペロッとしただけで、「うわぁぁ、あああ」と大きな声が出ていて、もう抑えきれないようでした。

俺はたっぷりのマン汁と一緒にブチャブチャ舐め始めると、「うはぁぁあっ、あああ、うううっ、うぐっ、あああああ」といい声が出たと思ったら、腰がすごい勢いで動き出しました。
もうすぐイクか?って所までくると・・・。
マキ「やめろ、ああ、やめっ」
マキが逃げました。

たぶんイクのが分かったんでしょう。
俺は「マキ、逃げんなよ、根性ねーな」
マキ「ざっけんな、もう逃げねーよ、ハァハァ」
どうやら『根性ない』って言われるのが嫌いならしいw

俺はまたクリをたっぷり攻めると、すぐにマキが「あっ、はっ、はっ、はっ、あああああ、うはぁぁああああ」と叫び出し、腰がガンガン動きまくって逃げようと動き回わりました。
それを押さえながら舐めていると・・・。

マキ「うああああああ、あああああ、うぐっ、うっ、うはぁ、ハァハァ」
マキは激しくイッてしまい、体の震えを押さえられないみたいでした。
俺「マキ感じてんじゃん!」
マキ「あっ、ハァハァ、あっ、ちがっ、ハァハァ、うんっ、ざっけんなっ、ハァハァ」
弱々しい声になっていました。

俺はバッグからピンクローターを取り出して、すぐにマキのクリにぶち当てました!
マキ「んだよ!それ!やめろっ、くすぐってえんだよ!ざっけんな!」
マキはビックリして暴れていましたが、無理矢理ヤリ続けました。
しばらくすると抵抗が少なくなって来たので、クリ皮を剥いてじっくり弄りました。

マキもだんだん感じてきたようですが・・・。
マキ「あっ、ああああん、あっ、もういいだろ、入れろよ、終わらせろよ」
・・・と、強がりは崩さなかった。

でも、乳首を舐めながらクリ攻撃をしてるとすぐに腰がガクガクし始めて、「ああん、あっ、あっ、あああうう、あっ、やめろ、あああん、やだぁ、ああああああ」と、物凄く感じ始めた。
そしてローターを当てていると・・・。

マキ「いやああああ、きゃあああああ」
叫びながらイッたと思ったら、ブシュッ、ビシャアアアアアと凄い勢いで潮を噴射していた。
こっちもビックリした。
マキはさっきよりも感じてイッていた。

少し落着いた後に、ビショビショのソファを見せると、自分に引いていて、恥ずかしくて声も出ない様だった。
マキは体が動かないようだったんで、俺が裸になって、チンポをマキの目の前にぶら下げました。

俺「マキ、しゃぶれよ」
マキ「ハァハァ、やだよ、ハァハァ、汚ねーだろ、ハァハァ」
顔を背けるマキに。
俺「フェラもした事ねーのに、後輩にどうやって話すんだよ!みんなやってんだぞ!」

マキが言い返さなかったので、オッケーとみなしてチンポを唇に当てた。
マキは眉間にシワを寄せていたが、構わず口に突っ込んだ。
最初は歯が当たりまくって痛かったけど、教え込んでいったらソコソコ出来るようにはなった。
俺はソファーに座り、マキを床に跪かせてチンポをしゃぶらせた。

さっきまでタバコ吸いまくって粗悪な態度だったマキが、正座して今日会ったばかりの男のキンタマに吸い付いている・・・。
それだけでかなり興奮した。
完全に勃起してきたので、マキをベッドに移動させて、正常位で股を開かせた。

俺は生のチンポを宛てがってクリ周りをクチュクチュ弄って馴らしていった。
マキはその間も腰をグラインドさせて感じていた。
そしてゆっくりマンコに入れていったが、やはりかなり抵抗感がある。

マキは上に逃げようとして、とうとうベッドのフレームに頭が当たってしまい、そのまま突っ込むと「いってー、痛っ、マジいてー、うぐっ、ううう」と痛みを我慢していた。
かなり無理やり押し込むと、奥の方まで何とか入った。
気が付くとシーツに血が出ていた。

マキは「ちょっ、まてっ、動くなよ、マジで、マジでやばい、いってーよ」と泣きそうな顔で叫んでいた。
俺はしばらく動かなかったが、そんな事をしていてもしょうがないので、一旦チンポを抜いてローションを取り出した。

アソコにたっぷりローションを塗ってもう一度ぶち込むと、さっきよりは痛くないみたいだったので、ゆっくりとピストンを始めた。
10分位繰り返していると麻痺してきたのか痛いとは言わなくなった。

俺は乳首やアナルも刺激しながら、クリにローターを当ててやると、「あうううああああ、ああっ、やめっ、ああああ」と感じ始めた。
マキはクリ攻めであっという間にイッてしまい、ガクガク震えている時にだんだんピストンを激しくして突いた。

そしたらマキは中でも感じてきたようで、必死にしがみついてきた。
俺はマキにディープキスすると、さっきまであんなに嫌がっていたのに、舌を突出してキスをしてた。
もうマキは峠を越えたのか、麻痺して分からないのか、激しくしてもオッケーだったので、色々な体位で突きまくった。

さすがに中でイク事はなかったんですが、クリで5回程イカせました。
最後はマキに何も言わずに中に出して終わらせました。
どうせ処女なんか中出しされても分かりませんし、それを注意出来る余裕も知識も無いんですから!

終わった後、風呂に連れてってマキの体を洗ってやった。
マキにも体を洗わせたが、「自分で洗えよマジでー、ざっけんな」と文句を言っていた。
その頃に気が付いたのだが、マキは文句は言うけど、ほとんど断わらない。
むしろ普通の女のより何でもやる女だった。

それを考えると無性に可愛く思えてきて、風呂場でもう一発入れてしまった。
もちろんマキは処女喪失の一発だけを依頼してきたので、その後のタダマンなんかオッケーするわけない!
しかし嫌がるマキにぶち込むと・・・。

マキ「ふざけんなよ、もう終わったろ、もう帰んだよ!」
そう言いながらも、だんだん喘ぎ声が出てきて、終いには腰を振りまくってイッていた。
俺はそのやり取りが面白くなってしまい、風呂から出ると・・・。

俺「マキ、こっち来い!」
マキ「何だよ!もう帰るっていってんだろ!」
文句をたれてるが、やっぱりこっちに来た。
俺「ちょっとしゃぶって」
マキ「お前ざけんなよ、ただのセフレじゃねーかよ!」

抵抗してるが、無理やり頭を股間に押し付けると、嫌々しゃぶりだした。
その流れでもう一発ぶち込んだ。
マキ「お前マジ何回すんだよ、おかしいだろマジで!」
嫌がっていたが、マンコはビッチャビチャで、簡単に入ってしまった。

俺「マキ、最後は中に出すぞおおお、イクぞおおお」
マキ「ああああん、あああ、ああっ、さっきから、あああ、中に出してんじゃん、ああああ、うはぁぁああ、うっ」
気付かれていた。

結局この日は4発やって帰りました。
しばらくしてマキは、俺とのセックスが忘れられなくなって、偶然を装って店に現れた。
どうやら同年代の彼氏のセックスと俺のセックスが違い過ぎて、猿みたいな年代の女には我慢出来ないみたいだった。

だから彼氏の分もしこたま中出ししてやって、マキを失神するまでイカせてやりました。

コメント (0)
コメントする