2020年04月20日 21:00

【痴漢】マイクロミニの無抵抗女子に満員電車で中出し…(体験談)

読了時間:約 3

今日、マイクロミニの女の子を見つけた。
Y浜駅でターゲットを物色していた時のことで、思わずハッとするほどのミニだった。
階段を上がれば見えることは確実で、とりあえずそれだけでも良いと思い後をつけた。

マイクロミニ故、歩いているだけで、チラチラと黒パンらしくものがちらつく。
普通、この手の子は階段を上がるとき後ろに手をあてたりバックでかくしたりするのだが、この子はそんなそぶりもみせない。

更にうれしいことに、この子は一番混むT海道線のホームへうかうではないか。
階段では5m程後をついていくと、先程チラチラしていた黒パンがよりはっきりと、且つ尻肉に食い込んでおり、もう俺の理性は完全にぶっとんだ。

もう、OKか爆弾娘かはどうでも良い。
乗り込み際のどさくさだけでも、あの黒パンが食い込んだ生尻を触りたい・・・という思いで一杯であった。
ラッキーなことに、到着した電車も列を作っている乗客も痴漢をするには絶好の条件。

予定通り、乗り込み際にその子を逃がさないように右手を腰にまわしながら、左手で念願の黒パンの食い込んだ生尻をゲット。
その子は困惑したようにこちらを向く。
かわいいーーーーーー。

無視して黒パンをTバックのように更に生尻に食い込ませると、観念したのか下を向いてしまった。
OK娘ではないようだが、抵抗できないタイプらしい。
それではとことんやってやる。

抵抗がないので、生尻を堪能していた手をマイクロミニを捲りあげるように、前へまわす。
彼女のマイクロミニは黒パンを尻肉に食い込ませた状態で、前も後ろも腰のあたりまでめくりあげられた。

気がつくと、前のやつが胸をせめているらしい。
そこは譲ろう。
ブラのホックをはずして十分生乳を堪能してくれ。
俺は前をいただく。

前に回した手を彼女の黒パンの前ゴムの上から進入させると、一気に人差し指と中指を彼女の中に進入させた。
濡れてはいなかったが、そんなことはどうでもいい。
彼女は小さな声で、やめて下さい、と俺にいった。

俺は彼女の耳をなめると「こんなマイクロミニに黒パンをはいて、さわらせたいんだろ」と言ってやった。
彼女は無言だった。

二本の指を彼女の名かにいれたまま、時々クリトリスを刺激したりしながら抜き差ししていると、さすがにそこはぬれてきた。
彼女の黒パンは俺が前から手を突っ込んでいる為に、半脱げ状態。

あいていた手で、後ろ側のゴムをひっぱり対に黒パンをふともも付近まで吊りおろした。
マイクロミニはさっきから腰までめくりあがったままなので、彼女の下半身は前も後ろも丸出し状態になった。

彼女の前側にいた奴がブラをはずしてセータをたくし上げて胸を揉んでいたので、前は全裸に近いと言っても良い。
すでにこの頃になると、異変に気がついた周囲の連中が寄ってきた。

注意するのではなく、さわっても問題なさそうとわかると寄ってくるとは、とんでもない奴らだ。
しかし、この状態は俺にとっては最高。
俺はズボンの中から一物を取り出すと、腰をかがめて彼女のその部分にあてがった。

彼女が大柄であった為、それほど無理をせずに挿入に成功。
まさかそこまでされるとは思っていなかった彼女は、ここで最後の抵抗を試みる。
でも、声をだすわけではないし、寄ってきてさわりたくてしょうがない奴らにつかまれて、結局俺の挿入を許すことになる。

状況故、3分ほど抜き差ししているうちに、俺は彼女の中に大量のザーメンを放った。
彼女は泣いていた。
俺は彼女の太股に手をあてると、黒パンを足も使って彼女の足首までおろすと、落とし物を拾うようなふりをして、彼女の足首からその黒パンを抜き取ると、ポケットに納めた。

これで彼女は歩くだけでパンチラのマイクロミニで、ノーパン状態になった。
俺は十分に堪能させて頂いたので、次のT塚駅で降りたが、彼女は他の痴漢どもに降りることを許されなかったようだ。

饗宴はまだまだ続いたはずた。
マイクロミニでノーパン、ブラをはずされた美女はどうなったことやら。

コメント (0)
コメントする