2020年05月22日 09:00

大人しげだった合コン相手の女の子と公園セックス…(体験談)

読了時間:約 4

これは僕がまだ20代も前半のときの話です。
当時僕には彼女がいましたが、人数合わせもあり合コンに誘われました。

3対3でしたが、最初の女性たちの印象はとてもおとなしそうな感じです。
こんな子達が合コンするの?というくらいおしとやかというか…

年齢はみんな22才と、同世代ですが実際にその会でも、会話がなんとなく普通すぎる感じで、女性達はただ話を頑張って合わせているという雰囲気です。

とりあえずこの会は盛り上げるのが大変だなと判断した僕ら男性陣は、連絡先だけ交換して解散することにしました。
そこで僕らは男だけで居酒屋に。

飲み直しをして1時間ほど、そろそろ切り上げようかと思っていたところに僕の電話に連絡が来ました。
さっきの女性陣のうちの一人です。
あさみちゃん(仮名)という、3人の中ではまだ可愛くてノリがあった子です。

メールには「まだ飲めますか?」と入っていた。
僕らももう解散するし、「軽くなら」と返信。
彼女も女性陣でお茶をしていたらしいけど、まだ帰りたくなかったのか、僕に声をかけたそうです。

大人しそうだったけど、わりと積極的なところもあるんだなと思いながら、待ち合わせの公園の近くのコンビニに。

「さっきはどうも」そんな感じで挨拶して、飲み屋をどこにしようか考えていると、あさみはお酒買って公園で飲もうよと提案してきたのです。
まあそれもいいか、時間も時間だしもうお店も閉まる頃だ、そう思ったので賛成です。

ベンチで乾杯して今日の合コンのことを話す僕ら。
「今日の合コンどうだった?」
あさみから聞いてきた。

つまらなかったとは正直に言えないので、
「あさみちゃんが一番可愛かったよ」
と、まあ一応嘘ではない答えを出しました。
「また、上手いんだから」

二人だけになるとわりと会話も弾み、何だかんだで一時間くらい話していると、公園の街灯も消えました。
「あ、もう12時過ぎたね、帰らなきゃじゃない?」
そう言うとあさみは意外な返事をして来ました。
「もうちょっと一緒にいたいな、なんか好きになりそう」

マジかと思いました。
嬉しいのは嬉しいけど、こんな展開になるとは思わずです。
でも僕には彼女もいるので付き合えないし、でもなんかこのまま返すのは惜しい気もする…

そこで僕は彼女の方を抱き寄せて、耳元で言いました。
「僕と付き合うと大変だよ、こんなところでもこんなことしちゃうから」
そしてあさみにキスをしながら胸を揉みました。

あさみは驚いた様子でしたが、抵抗する感じもなくてそのままなすがままです。
暗い公園で誰もいないことをいいことに、僕は興奮してあさみのブラのホックを外して服の中に手を入れて、直接あさみの乳首を擦ります。

「あん、だめ…」
あさみの吐息が激しくなってきて、もう止まらなくなった僕は、あさみのスカートの中に手を伸ばし、手マンを。
「あん、やだ…こらぁ…」
そう言いながらも抵抗しないあさみ。

これはここで最後までいくしかないだろうと思い、僕は自分のパンツを脱いであさみにムスコを触らせました。

「あさみちゃん、舐めて」
「え、ここで?」
「いやなの?」
「え…いいよ…」

あさみは僕のムスコを加えてフェらしてくれました。
おとなしそうに見える子にこんなことしてもらえるなんて、その気持ちがさらに興奮します。

僕はあさみの下着も脱がせて、アソコに指を入れてGスポットを刺激します。
「あぁ…いやぁん…」
あさみは僕のムスコを加えたまま悶えていました。

あさみの姿はエロ過ぎて僕のムスコはどんどん固くなっていきます。
悶えてあさみがもうフェらをすることもできないので、僕はあさみの足を開き、ベンチに横たわるあさみに挿入です。

「あはん…!」
あさみのいやらしい声が公園内に響きます。
「声出しちゃだめ」
一言注意して、僕はあさみに激しくピストンしました。

「あ、あ…!あんん」
声を我慢しながらもどうしても出てしまうエロい声。
もう声が誰かに聞こえるとかどうでもよくなり、僕はあさみを犯します。

「あさみちゃん、オレと一緒だとこんなことされちゃうんだよ」
そう、こんなひどい男と付き合いたくないでしょというメッセージを込めつつ、とりあえず一回は頂こう作戦です。

あさみは悶えながらも返事をして来ます。
「気持ちいい…もっとしてぇ」
返事になっていないけど、とにかく僕はそんなあさみのあそこの気持ちよさに、イキそうになっていました。

「あさみちゃん、僕イキそうだよ…」
フィニッシュの状態に入ろうと、僕はピストンをさらに激しくする。
「あああん…あたしもイッちゃう…」

そして僕らは二人でほぼ同時にイキました。
まさか気の乗らない合コンの相手と公園でその日にエッチなことするなんて。
とてもラッキーな美味しいエロ体験談です。

ちなみにこのあと、あさみとはたまーに会っています。
いわゆるセフレと言うことになりました。
しかもエッチする場所はホテルとか家ではなく、車や夜の駐車場などの野外が多いです。

コメント (0)
コメントする