2020年06月04日 21:00

【輪姦】レイプで処女喪失して姉と妹まで…(体験談)

読了時間:約 12

私はレイプされ処女を失なった高校2年生です・・・。
その日は、文化祭の準備で少し帰りが遅くなったので、学校の近くの人気のない道を歩いていると、ワゴンが後ろから来て、中の男たちに、道を尋ねられました。

ワゴン車の中には3人の男がいました。
怪しいところもなく、普通の男だったので油断してしまい、男が手にした地図を覗き込んだとき、手を掴まれ中に引きずり込まれそうになりました。
とっさに逃げようとしたら、そばに別の男の人が歩いていました。


助かったと思いました。
しかし、その男もグルだったのです。
私は、後ろからその男にワゴン車に押し込まれ、拉致されてしまいました。

私が連れて行かれた部屋には4人の男がいました。
男の一人が、ニヤつきながら「全部脱げ、パンツも脱いで裸になれ」と言いました。
「いやです」
絶対脱ぐものかと思った。
でも怖くて蚊の泣くような声しか出ません。

「まぁその方がこっちも楽しめるけどよ」と、別の男がスカートを捲りあげました。
「おっピンクか」
男の人に下着を見られるなんて初めてのことです。

「どうしてこんなことをするんですか?やめて下さい」
大声を出したら誰かが来てくれるかもしれない。
「誰も来ねえよ、見てみろよ」
太った男がカーテンを開けました。

外は林のようでした。
「でも大声は出してくれよな」
いつの間にか一人の男がビデオカメラを回してました。
普通のビデオカメラではなく、プロ用です。
(撮られてる!)

突然、左胸を鷲掴みされました。
「キャー!痛い!」
何とかして手を払いのけようとしましたが、背の高い男に羽交い絞めにされました。
「痛いか?じゃあ優しく揉んでやるぜ」
両方の胸が揉まれました。

「いやぁ!やめてぇ」
「可愛いパンツをもう一度見せてくれよ」
再びスカートの裾を掴まれたので、足をばたつかせ男から逃れようとしました。
「ミニスカートでそんなに足を開くと危ないよ」
別の男がしゃがんでスカートの中を覗いていました。

恥ずかしさのあまり、慌てて足をピタリと閉じました。
その途端、私は両足を払われ、カーペットに転がされてしまいました。
すぐに仰向けにされ、男が馬乗りになり、別の男に肩を押さえられました。

「お願いです、やめて下さい」
何とか馬乗りになった男を跳ね除けようとしましたが、びくともしません。
服を剥がそうと何本も手が伸びてきました。
防げませんでした。

制服のブラウスが簡単に脱がされ、ピンクのブラジャーも剥ぎ取られました。
剥き出しにされた自分の乳房が見えました。
幾人もの男の手が胸に寄って来ました。
肩を押さえられても肘から下は動いたので何とか胸を隠そうとしましたが、すぐに私の手は払われました。

「小さいけれどいい形してるじゃないか」
恐怖と一緒に恥ずかしさが込み上げてきました。
「いたい放して!」
胸は形が変わるほど強く揉まれました。

無駄とは思いつつ逃げようと藻掻きました。
ビデオカメラがそんな私を映していました。
映されないように顔だけは逸しましたが、髪を乱暴に掴まれカメラに顔を向けられました。

「ほら、ミニスカートで暴れるから丸見えだ。恥ずかしくないのか?」
男の言う通りチェックのミニスカートは腰まで捲れ上がってピンクのパンティーが丸見えでした。
「もう用無しだな」
男がそう言ってスカートのチャックを下ろし、スカートを脱がしにかかりました。
「お願い!やめて」

「いい眺めだな、後はパンティーだけだ」
男がパンティーの上からアソコを触りました。
「いや、触らないで」
男が足首を上に乗り、手をゆっくりとピンクのパンティーに伸ばしました。
「いやー!それだけは止めて」

指がゴムにかかった瞬間、私は絶叫してしまいました。
悲しくて涙が滲みました。
パンティーだけはダメ、と必死に藻掻きました。
ところが藻掻いたとき腰を動かしたため、逆にパンティーを脱がすことになったのです。

ヘアが少し外に出てしまいました。
「自分から脱ぐ気になったのか?」
「本当はして欲しいんだろう」
男たちは、わざとゆっくりとパンティーをずり下げました。

「見えてきた。見えてきた」
私が泣き叫ぶのを楽しんでいたのです。
ゆっくりと膝までパンティーが脱がされました。
私の足首を押さえていた男がアソコを触ろうとして、私の足首から手を離しました。

必死に暴れた私の足が自由になりました。
すぐに立ち上がり、男たちから逃げ出しました。
ところが、膝まで脱がされたパンティーが足枷となってしまい、転んでしまったのです。
男たちがどっと笑いました。

「そんなに急いでどこに行くんだ」
「邪魔なパンツを脱いだらどうだ?」
うつ伏せに倒れた私に、また男が馬乗りなりました。
「邪魔なパンツを取ってやるよ」

必死に足を閉じましたが、膝まで下がったパンティーは簡単に足首からはずされてしまいました。
四人がかりなので、すぐにでも私を犯すことが出来たはずなのに、そうしませんでした。
私を、弄び、なぶりものにしたのです。
胸は揉まれるだけでなく、舐められ、しゃぶられました。

アソコに手が伸びてきました。
足を蹴りあげましたが、簡単にアソコを触られ、指を入れられてました。
「いたあーい!」
「お前、ひょっとして処女か?」
こんな男に答える気はありません。

目を逸らしました。
「じゃぁ、確かめてやろう」
いつの間にか男たちは、下半身をむき出しにしてました。
最初の男がゆっくりと手を伸ばし、私の膝を抱えました。
最後の気力を振り絞って足をばたつかせましたが、別の男に羽交い絞めにされてほとんど動けません。

「お願いです!それだけは許してください」
「だーめ、諦めな」
男が笑いながら乳首をつねりました。
あまりの痛さに一瞬力が抜けました。

その隙を見逃さず、私の足を痛くなるくらい大きく開きました。
「いよいよ処女とお別れだ。お前もよく見とけ」
カメラがアソコに接近し、男が指を入れ、広げました。
「見ないで、恥ずかしい」
「本当は気持ちいいんじゃないのか?感じてるんだろう」
「早く逃げないとやられちまうぞ」

ひとしきり私のアソコを弄んで、泣き叫んで暴れる私を笑いながらビデオに収めたのです。
ついに下半身の先端を、アソコに当てました。
「やめて!許して!それだけはだめぇ!」
男はちょっと腰を引き、勢いをつけ私のアソコに入ってきました。

こんなに痛いとは思ってませんでした。
まるで体が引き裂かれそう。
「ぎゃー!痛いやめてぇー」
私のアソコに男が入っているのが見えました。
自分の目で見て、こんな物が入っていることが信じられませんでした。

「まだまだ。もっと痛くなるぜ」
男はすごい勢いで腰を動かしました。
「痛い!やめて!助けて!」
もう嗚咽でしゃくりあげるばかりで言葉になりませんでした。
そして男は私の体に熱いものを注ぎ込みました。

とうとう処女を奪われた。
悲しくて涙が止まりません。
でもこれでもうこの痛みから開放される。
もう許してもらえると、少しほっとしたのは事実です。

男が私を放したとき、私は仰向けで大の字になってました。
自由になった両手も広げたままで、胸とアソコを隠すことさえしていませんでした。
「股ぐらい閉じたらどうだ。まだやって欲しいのか?」
髪を乱暴に掴まれて、膝をついて立たされました。

その途端、男が私の中に放ったものが逆流し、ドロリと太ももを伝わりました。
私自身の血も。
私はもう処女じゃないんだ。
女の子にとって一番大切な儀式なのに、こんな形で・・・。

「妊娠してるかも知れねーな」
そうです。
そのときまで私は全く考えてませんでした。
「ほら、自分で広げて出すんだよ」
男が私の手を掴んで、アソコに宛てがいました。

さっきまでのことが嘘のように、もう私には恥ずかしいという気持ちがありませんでした。
痛みをこらえて、指でアソコを広げて男たちの放ったものを流しました。
「おっ、自分でしてるのか?まだやりたいのか?」
男達が笑ってます。

「もういいでしょ!これ以上ひどいことしないで、帰してください」
「まだだ。俺たちは何もしてないぜ?」
背中を強く押され、うつ伏せに倒されました。
「もうやめて!いやぁ!」
必死に足を閉じました。
でも、無駄でした。

閉じたつもりの足は簡単に開かれてしまい、再び男に貫かれてしまいました。
悔しい!
学校では男子に負けないくらい勉強もクラブも頑張っている。
でも、こんな男たちに抵抗することも出来ずに簡単に犯されて・・・。

「さっきまでの威勢はどうした?」
「しっかり腰を振るんだ!」
男が、腰をさらに強く動かしました。
私の体も大きく揺れました。
力無く。

「抵抗しないと面白くないだろう」
別の男が私の両方の乳房を力任せに握りました。
あまりの痛さに体が跳ね上がり、その瞬間、再び男が私の中に忌まわしいモノを吐き出しました。
そしてまた次の男・・・。
抱きかかえられた膝から下が力なく揺れていました。

結局私は何度も何度も、犯され続けました・・・。
しかし、悪夢はまだ終わりませんでした。
10日ほど後のことです。
校門の脇の木の枝を見ながらみんなが笑っていました。
なんだろうと思って目を向けると、ピンクの布切れがぶら下がっていました。

信じられない思いでした。
ピンクの布切れは、私のブラジャーとパンティーだったのです。
そして学校の壁には、顔こそ見えないようになっていましたが、乱暴される私の写真が貼ってありました。

それからしばらくすると、男達からメールでホテルに呼び出されました。
『今度は顔が見える写真を貼り出す』
もう逆らうことはできません。
ホテルには同じ4人の男がいました。
部屋のテレビには、男たちに弄ばれ、泣き叫ぶ私が映されていました。

「さっさと脱げ」
「いやです。この前のことは警察には言いません。だからもうひどいことしないで下さい」
「おい、今日は逆らったら、下着だけじゃねえぞ。スカートも破いてやる。裸で帰るか?」
私は仕方なく俯いて、ブラウスとスカートを脱ぎました。

下着姿の私に、「今日は白か」「次、早く脱げ」と男たちの声がかかりました。
ホックを外し、片手で胸を隠しながらブラジャーを脱ぎました。
「ほら、最後の一枚も自分で脱げ」
こんな男たちの前で、パンティーを脱ぐなんて。
せめてと思い、男たちに背中を向けて脱ごうとしましたが・・・。

「誰が、後ろを向けといった?言うことを聞かないと今度は顔を写した写真をばらまいてやる」
仕方なく男たちのほうを向いて、左手で胸を隠しながら、右手でパンティーを脱ぎました。
脱ぎ終わったとき、私はしゃがみこんで泣いてしまいました。
さっそく男の一人が裸になって、仰向けにベッドの上に寝ました。

「ほら、何やってんだ。自分で入れるんだ」
(そんな・・・でも写真とビデオが・・・)
自分から足を開いて男の上に跨りました。
右手で自分のアソコを広げて、左手で男のモノを掴んで・・・。
でも男達の犠牲者は、私だけではありませんでした。

何度目かに呼び出されたとき、「今は生理だから」と嘘をつきました。
でもそのために、新たな犠牲者が出てしまったのです。
嘘をついた翌日は土曜日でした。
生理と言ったらあっさりと許されたのでホッとしていました。

でも昼過ぎに、「生理でもいいから来い」といつも私が犯される部屋に呼ばれました。
ビデオと写真がある以上、これ以上は逆らえません。
いつもの部屋に行くと、2人の女の人が手を縛られて、男に跨れ、うつ伏せに倒されていました。
1人はセーター、もう1人はセーラー服で、私のときと同じようにビデオカメラが二人を映していました。

「今日は生理だってな」
「はい」
「嘘じゃないだろうな」
スカートを捲り、パンティを引き下げました。

「どこが生理なんだ?」
「お前が嘘ついたからさぁ、別の女で我慢するか?」
部屋の中の2人の女の人は私の代わりなのでしょう。
正直ホッとしました。

「おい、助かったと思っているんだろう?ひどい女だなお前は?」
そう言って、女に跨った男が女の髪を掴んで顔をこちらに見せました。
「えっ、なんで!」
2人は20歳の女子大生の姉と14歳の中学生の妹でした。

「2人ともお前の写真を見せたら、来てくれたんだ」
「お前の嘘の責任を取ってくれるんだと」
「どちらから先にしようかな」
姉のスカートが捲られました。

「きゃー」
姉の悲鳴は私に向けられているようでした。
「止めてください、姉や妹には何の関係もないじゃないですか?私がしますから」
「生理中なんだろう」
「それは・・・嘘です」
「だから、嘘つきの責任を取ってもらうんだよ」

姉のスカートが剥ぎ取られました。
どちらかというと、内気で大人しい姉はもうすすり泣いていました。
「こんなことされるのイヤか?」
泣きじゃくりながら姉は頷きました。

「そうか。じゃあこちらにしよう」
今度は中学生の妹のスカートが捲られました。
「いやぁー」
「おっブルマか?パンツが見えないぜ」
紺色のブルマがずらされ、水玉模様のパンティーが見えました。

「助けて!おねえちゃん」
「無駄だよ。お姉ちゃんは自分が助かりたいから、お前を自由にしていいとさ」
「わかりました。私にして下さい。だからお願いですから妹は助けて」
「もし、少しでも抵抗してみろ。妹を裸にするからな」

男たちは、姉の服を脱がしにかかりました。
下着だけになった姉に・・・。
「妹より胸は大きいな」
「レースのパンツが色っぽいぜ」
男たちが笑いながら言いました。

そして私のときと同じように下着がゆっくりと脱がされました。
でも姉は妹のために抵抗できません。
すすり泣くだけです。
ついに姉のパンティーも男の手が伸びました。

姉は俯いて、しっかりと股を閉じていましたが、手を縛られているため何の抵抗も出来ません。
必死に閉じた股の間をパンティーが脱がされました。
「膝を立てて、足を開け。しっかり見せろよ」
たまりかねた姉が「いやっ」と、声をあげてしまいました。

「嫌か。じゃあ妹で我慢してやるよ」
男たちは、今度は妹に襲い掛かりました。
「何するの?やめて」
セーラー服の上から妹の胸が掴れました。

「私がなんでもしますから、妹には何もしないで」
姉が懇願しました。
「抵抗しないって言ったのに、股を開かないお前が悪いんだろ」
「わかりました!」
姉が、足をM字に開きました。

それを見て男たちが、どっと笑いました。
「もう、遅いんだよ」
私たちの目の前で、妹のセーラー服が脱がされました。
「次はブルマだ」
「そんな。見えちゃうやめてぇ」
「男にパンツ見せるのは初めてか?」

ブルマも簡単に脱がされてしまいました。
次は、今年になってから着け始めたと嬉しそうに話していたブラジャーが狙われました。
「そんな小さなおっぱいにブラジャーなんかいらねえよ」
「そんな」
たちまち妹のまだ小さな胸が剥き出しにされてしまいました。

「なんだ。やっぱり小さいじゃないか」
そう言いながらも、男たちは胸を揉み始めました。
「痛い!助けて!」
「さぁ。最後は水玉パンツだ」
「それだけは、やめて!おねえちゃん、助けて!」
「いいじゃないか。お姉ちゃんもパンツ脱いだんだからよ」

妹は体をくねらせて藻掻きましたが、敵うわけもなく、簡単にパンティも脱がされてしまいました。
「なんだ。ほとんど生えてないじゃないか?」
男の言う通り、アソコはほとんどヘアが生えていません。

さらに男達は姉と妹を嬲り、姉の左足と妹の右足を床に固定し、姉の右足と妹の左足を縛ったのです。
先ず、姉のアソコが触られました。
「ひっ」
姉が必死に足を閉じました。

すると姉の右足に、妹の左足が引っ張られ、妹の足が開いてしまいます。
妹のアソコが丸見えです。
「いやー!お姉ちゃん!」
「おい。妹は触ってくれって、広げてるぜ」

慌ててその言葉に気づき、姉が足を開き、妹が足を閉じましたが・・・。
「男の前で足を開くような女より、恥ずかしがって足を閉じる女のほうがいいぜ」
男たちが妹のアソコを触り始めました。
姉のアソコをビデオが映し始めました。

「恥ずかしかったら、足を閉じてもいいんだぜ」
男が今度は姉のアソコに指を入れました。
「痛い!」
「おい、こいつも処女だぜ」
でも、姉は足を閉じることが出来ません。

二人は嬲り者にされた後、足が解かれました。
でも2人とも起き上がる気力もありません。
「助かったの?お姉ちゃん?」
妹が力泣く姉に問いかけました。
でも、そんなはずがないことは、姉は承知しています。

4人の男たちが、ズボンを脱ぎ始めていたから。
最初の男が、妹に覆い被さろうとしました。
「やめてー」
姉は必死になって妹を庇おうとしました。

「お前は、俺が相手してやるぜ」
姉は別の男に圧し掛かられました。
まず、妹が、犯されました。
「そんなー入らないよー」
妹が暴れましたが、最初の男は簡単に足を抱えて、妹を貫きました。

「いったーい」
妹は、男を跳ね除けようと手を振り回しましたが、別の男が胸を揉み始めました。
「痛いよう。お姉ちゃん助けてぇ」
その横では姉が同じ目にあっていました。

「血が出てるぜ。やっぱり処女か」
「姉妹3人とも処女卒業だ。良かったな」
「痛い痛い、もうやめて!」
姉が力無く声を出していました。
男たちは腰を勢いよく動かし始めました。

泣き叫んで暴れる姉と妹を別の男が弄んでいます。
男たちが、2人に精液を注ぎ込んだのは同時でした。
力無く横たわる2人の股間から男たちが注いだ精液と、血が流れていました。
でも、それだけではありません。
4人の男は、姉と妹を1回ずつ犯したのです。

それ以来、私たち3人は何度も呼び出されては犯され続けています。

コメント (0)
コメントする