2020年06月24日 21:00

ビッチJKのおかげで清楚系処女JKと3Pできた…(体験談)

読了時間:約 7

私が27歳の時、17歳のセフレ(以降A子と呼びます)と処女女子高生(以降処女子と呼びます)と私で3Pエッチ出来たエロ体験談です。
会った当日にエッチ、しかも援助交際じゃないのでお金もかからないというラッキーな体験でした。
この処女子とエッチ出来たのはA子の力が大きかったですね。

A子と知り合ったのはテレクラです。
この頃は出会い系サイト主流の時代でしたが、テレクラに電話する女性も一定数いました。
携帯電話を持ってる女性なら出会い系サイトを使うでしょうが、持ってない女性は利用できません。

その点テレクラは電話をするだけですから、固定電話のある家なら誰でも利用出来ます。
平日夕方なら両親は仕事で自宅に居ませんし、家の電話は使い放題。
A子の家庭もこんな感じだったようで、平日夕方にテレクラへ電話し、私とお話してゲットしました。

A子は17歳で高校三年生です。
話し方は明るい娘で、明日暇なら会ってみる?と誘うと即OKでした。
A子自宅は車で20分ぐらいの所だったので、セフレ自宅近くのコンビニで待ち合わせし無事合流。

A子の外見は、正直中の下でした。
というのも、ちょっとぽっちゃりめの体型だったからです。
身長165cm体重65kg前後といった所でしょうか。
顔自体は悪くないので、痩せたらイイ感じになりそうでしたけど。
髪の毛は黒髪でしたが、化粧は派手でギャルでした。

ぽっちゃりめの体型とはいえ、相手は現役女子高生です。
ノリの良い娘ですし、とりあえず食事をしてドライブをします。
するとドライブ中、A子から○○くん(私の名前)のお家へ行ってみたいと言われました。

この時私は、もしかしてラブホ代かからないパターンですか?と考え、A子を自宅へ連れ込みました。
自宅に到着するとA子から、私とエッチしてみたいって思う?と聞かれたので、そりゃあA子と出きるならしてみたいよと返答しました。

これにA子は気を良くしたようで、そのままエッチへ。
A子はすでに経験済みで感度良好、一回のエッチで数回イってました。
これがキッカケでA子は私のセフレとなり、何度か体の関係を持ちました。

美人じゃなくとも懐かれるの悪い気しませんし、何よりお金かかりませんからね。
A子はエッチが大好きで、私から前戯しなくてもフェラさせるだけでヌレヌレになるほどでしたから。

ではそろそろ本題に入ります。
それは五月GW頃です。
GWにA子と会う約束をしてたのですが、A子から友人の処女子も一緒に遊びんだいけどダメかな?と連絡がありました。

A子と処女子は高校三年生から同じクラスメートとなり、最近仲良くなったんだそうです。
GW中にA子と処女子の二人で遊ぼうという話になったので、ならついでに男友達(私の事)もいるから一緒に遊んでみる?という流れになったとの事。

こちらとしては、17歳女子高校生と遊べるなんて願ったり叶ったり。
A子は所詮セフレですし、処女子ともエッチ出来たらな・・と下心アリで三人で遊ぶのをOKしました。

その日の待ち合わせは夜22時です。
連休前で仕事が忙しかったんですよね。
A子は両親が共働きで放任主義だったからか、A子の外泊を許可してくれたそうです。
まあ普段から夜遊びはしてるんでしょうね。

処女子は、クラスメートとなったA子の家でお世話になると伝えてあったそうです。
なので、二人とも夜でも問題なく出てこれましたし、その日のお泊りまでOKという状況でした。
まあ二人とも若いですし、お泊りというよりオールする!って感じだったんでしょう。

待ち合わせはA子とするいつもの場所です。
処女子はA子とは違い、黒髪真面目系の美人でした。
身長は140cm後半で可愛い系です。

服装は・・・なんと制服でした。
学校から直でA子自宅へ遊びに来たということなので、服装は制服のままでしした。
27歳のオジサンに、現役女子高生の制服姿はなかなか刺激でした。

ただ、私が処女子に欲情してることは悟られてはいけません。
私と処女子が仲良くなれば、A子は面白くないでしょうしね。
A子の機嫌を損ねぬよう、食事に行きました。

行ったお店は飲み屋街にある個人店です。
深夜5時まで営業してるお店で、深夜でも仕事帰りのキャバ嬢が沢山いてるお店です。
なので私が若い女性を連れて入店しても止められずに普通に食事できました。
一応処女子には私の上着を貸してましたけどね。

食事を終えてから夜のドライブをします。
1時間ほどドライブをしたんですが、そのうちA子が寝だします。
車の振動って心地良いですし、この頃の深夜って走りやすい状態でした。

というのも主要な信号は昼間のまま普通に作動してますが、深夜になると点滅信号(朝5時で普通の信号に戻ります)に変わる信号が多かったからです。
信号で停車させられることはほとんどないですし、このおかげでA子は自然な眠りへとつきました。

A子は寝るとまったく起きなかったので、この間に私と処女子で話をしまくりました。
すでにA子のおかげで打つ解けてましたし、処女子は私に一目ぼれしていたそうです(これは後から聞いたんですけどね)。

処女子は携帯を持っていたので、メールと番号交換まで済ませました。
まあこの日はエッチなしとはいえ、可愛い現役女子高生と連絡先交換できたのですから、十分有意義に過ごせたと満足してました。
しかしA子が目覚めたことで、事態へ急変しました。

A子が深夜3時頃に目覚ました。
そしてA子が、エッチしたいと言い出したんです。
処女子の手前、何を言い出すんだコイツ・・・と思いました。
この時の私は、紳士なお兄さんを処女子の前で演じてましたから。

しかしA子は止まりません。
それどころか処女子に下ネタを振ります。
処女子はエッチ経験なかったよね?興味はあるの?最初は上手な人がいいよ?○○クンは上手だし、してみたら?と処女子をエッチに誘います。

最初はウーンと唸って拒否気味だった処女子ですが、A子も一緒に手伝ってあげるから!二人なら怖くない!と執拗なA子のアプローチに折れました。
なら○○クンの自宅へ行こうとA子が仕切り、私・A子・処女子の三人で私自宅へなだれ込みました。

A子自身がエッチしたくなったとはいえ、まさか処女子まで巻き込んでのエッチになるとは・・・A子ナイス!と内心喜んでました。
表面上、A子は我侭で仕方ないな~という感じを装ってましたけどね。

自宅へ着くと、まず簡単にシャワーを浴びて体の汚れを落とします。
私はよく女性を連れ込んでいたので、バスタオルは豊富に持ってましたし、ベッドはダブルサイズにしておいたのが功を奏しました。

ベッド中央に私が仰向けに寝て、A子と処女子がフェラチオをします。
最初はA子がフェラチオをし、処女子もこんな風にしてみなよ・・と誘います。
不慣れな処女子は、先っちょを軽く咥えただけで前後します。
しかしこのやり方だと、敏感な亀頭が刺激されてすごく気持ちいいんです。
すぐに私の愚息は大きくなり、準備OK!な大きさまで勃起しました。

大きくなるとフェラチオはしにくくなったようで、処女子は思わず口を離します。
するとA子が、大きくなったらこんな感じで喉奥まで加えるのよと、処女子に見せつけながらします。

そして処女子へバトンタッチし、咥えながら口を窄めて吸うと男性は気持ちいいんだよと謎のフェラチオ講義を開始します。
私は処女子にフェラチオされながら、A子のお尻に手を持っていって手マン開始。

シャワーでキレイにしてきたはずなのに、A子のアソコは愛液でトロトロです。
愛液を指につけ、クリと擦るととたんにA子は喘ぎ声を出します。
この声に処女子は反応したのか、フェラチオにも熱が入りだしました。

もう我慢出来なくなったA子は処女子のフェラチオを中断させ、私に跨って騎乗位でイン。
A子の感じるツボは把握してましたし、A子大好きなクリを弄りながらの前後グラインド運動をしてやるとA子は三分持たずにイキました。

恐らくこの日の為にA子はオナニーしてなかったでしょうし、相当溜まってたんでしょうね。
そこに3Pという非現実的な行為で興奮しまくってて、即イキしたんだと思います。
イッたA子をさらにそのまま責め続け、三連続でイカせます。
これでA子はヘバって私の方に倒れてきたので、一度A子から引き抜いて処女子をターゲッティング。

ここですぐ処女子には手を出さず、一度キレイにしてくるからねと言ってシャワーで愚息をキレイにしてきました。
そして次は処女子を寝かせ、丁寧な愛撫をします。
最初はキス、次に首筋、鎖骨、胸と上から順番にです。

ここまでするとエッチ経験のない処女子も感じまくります。
指で処女子のアソコを探った時にはもうヌレヌレでした。
とはいえ処女子は未経験ですし、最初は小指から膣に入れ、人差し指、中指という入れる指を順番に大きくしていきます。

親指は痛がりましたが、そこまではもう余裕でした。
私はA子とのエッチでイッテませんでしたし、処女子に改めてフェラチオをしてもらいます。
フェラチオで唾をつけておくと潤滑油になってスムーズに入る、生だと痛みは薄いよと処女子に話、勃起した愚息を処女子に挿入。

挿入時処女子は痛がるも、その後のピストン運動では痛がりません。
処女子は亀頭が抜け出るぐらいまで抜くと痛みは感じるものの、奥で動いてる分には大丈夫なようです。

そこで騎乗位へと以降し、A子同様前後グラインド運動で責めます。
これは奥をグリグリできますからね。
まあ奥を痛がる女性には逆効果なんですが、処女子はこっちの方が良かったようです。
奥をグリグリすると、急に処女子の声が高くなって感じ出しました。

この頃になるとA子は復活しており、処女子の体勢をA子が微妙に変えてサポートします。
処女子の体をそり返すような体勢にしたり、胸を触ったり乳首を舐めたり。
残念ながら処女子をイカせることは出来ませんでしたが、処女子から抜いて外出しすると、A子がお掃除フェラをしてくれました。

さらに処女子にも、イッた後の男性は敏感になってるから、フェラチオでキレイすると喜んでくれるんだよと処女子にもお掃除フェラをさせました。
しばらくすると欲求不満気味だったA子が再度フェラチオをしてきて、二回戦へと突入。
結局朝までやりまくり、昼過ぎまで寝ました。

これがキッカケで処女子と交際することとなり、A子とはセフレではなく友人関係になりました。

コメント (0)
コメントする