2020年07月15日 09:00

綺麗になった中学生の従妹の処女を勢いに任せて…(体験談)

読了時間:約 7

これは私が高校2年生の時のお話です。
この年の冬、従妹(当時中学3年生)が3日間だけ私の家に滞在する事になりました。
理由は高校受験のためです。

都内にある某有名私立高校を志望していたのですが、彼女の家からだと始発に乗らないと試験開始時間に間に合わないのです。
私の家からだと30~40分もあれば行けるという事で、ウチに泊まる事になりました。
従妹の春菜(仮名)とは年に1回くらいのペースで会っていました。
ただ去年は会っていなかったので、2年ぶりの再会です。


母親から春菜が泊まりに来ると聞いた時は、あー久しぶりだなぁ、少しは女の子らしくなったかな?程度に思っていました。
・・・私の考えは激甘でした。

最後に見たのは春菜が中学生になったばかりの頃。
まだ小学生が制服を着ているみたいで、ほんの子供という感じでした。
それが2年の間に、手足はスラリと伸び、胸だって服の上から分かるくらい大きく、髪はキラキラ輝いているじゃありませんかっ!

街中で偶然会っても春菜だと気が付かないほどの変貌です。
小さい頃の春菜は、凄くお転婆な女の子で、私と一緒に泥だらけになって遊び回っていました。
しかし春菜の家は、いわゆる“名家”というヤツなのです。
広いお屋敷に広大な土地。
地元では知らぬ人が居ないくらい有名です。

どうも2年の間に家のカラーに染まった様子。
どこからどう見てもお嬢様です。
そんなこんなで3日間の共同生活が始まりました。
春菜はもちろん勉強です。
入試直前のラストスパートですから、邪魔をしてはいけません。

母は、「あんた高校生なんだから勉強を教えてあげたら」なんて呑気な事を言ってましたが、ハッキリ言って春菜は私よりもずっと頭がいいです。
学校では、2年生の途中からずっと学年1番だったそうです。
県内模試でもトップクラスで、地元の高校ならどこでも推薦で入学出来るとの事。
・・・私だって成績悪いわけじゃないけど、教える事なんか何も無いですー(苦笑)

そんなこんなで、夜になりました。
客間が使われているので居間でテレビを観ているわけにもいかず、自分の部屋でゴロゴロしていました。
・・・やる事がなくて暇です。
喉も渇きました。

水を飲もうと思って台所へ行くと、そこには春菜の姿がありました。
私「お湯なんか沸かして何をやってるんだ?夜食でも食べるのか?」
春菜「違うよ。眠気覚ましにコーヒー飲むの。まー君こそ、何してるの?」
えっと、春菜は私の事を『まー君』と呼ぶのです。

私「コーヒーなら俺が淹れてやるよ。寒いから部屋に戻ってろ」
春菜「じゃあ薄く淹れて」
私「薄いと眠気覚ましにならないじゃないか?」
春菜「・・・濃いと飲めないんだもん」
思わず笑ってしまいました。
外見は凄く成長しましたが、言ってる事が子供っぽくて可愛いです。

見た目が変わったせいでつい接し方を変えてしまいましたが、春菜はやっぱり春菜でした。
変に遠慮する必要など無かったのです。
お湯が沸いたので2人分のコーヒーを淹れて、春菜の部屋へお邪魔する事にしました。

コーヒー飲みながら雑談して、勉強して・・・。
解らないところを私も一緒に考えたり、答え合わせをしたら全然間違っていて2人で笑ってしまったり。
効率の悪い勉強でしたが、春菜は楽しそうでした。
受験を間近に控え、親元も離れ、不安を感じていたのかもしれません。
私と春菜は仲の良い兄妹のように、じゃれ合いながら朝方まで勉強を続けました。

・・・翌日は寝不足でした。
昼間は用事があったので出かけて、家に帰ってきてから昼寝しました。
自分が受験するわけじゃないので気楽なものです。
その夜。
昨夜と同じ時間に春菜の部屋の前を通ると、灯りが点いているのが見えました。
前日あれだけ勉強して、まだ起きているなんて驚異的です。

声だけ掛けようと思って、ドアをノックしました。
・・・返事がありません。
まさかと思い、そっとドアを開けてみるとテーブルに突っ伏したまま寝ていました。
試験直前に風邪を引かれたら責任問題になってしまいます。
慌てて春菜を揺り起こしました。

私「寝るなら布団で寝ろよ。風邪引いたらどうするんだ」
春菜「・・・まだ寝ないもん。数学の問題集が終わってない」
寝ぼけ眼で返事が返ってきました。
私「コーヒーでも飲むか?」
春菜「・・・お砂糖2つ」

今日はこのまま寝た方が良いと思うのですが、本人の意思が最優先です。
昨夜よりも少しだけ濃い目にコーヒーを淹れて、部屋に戻ってきました。
・・・また寝てた(笑)

私「おーい春菜ぁ、コーヒー持ってきたぞ」
頬っぺたをツンツンしてみましたが起きません。
何だか幸せそうな寝顔です。
起きている時よりも幼い感じで、とても可愛らしい寝顔でした。
しかし視線を下に向けると、そこには大きく成長した胸が・・・。

私「は・る・な」
悪戯心に突き動かされ、私は指先で春菜の胸をつついてみました。
春菜「ん・・・きゃっ!や、やだ~、どこ触ってるのよー」
私「あははっ、目が醒めただろ?」
春菜「まー君のエッチ」

指先が沈み込む柔らかさ。
2年前の春菜の胸とは比べ物になりません。
私「部屋が暖かいから眠くなるんだよ。暖房を切るか、セーターを脱いだらどうだ?」
春菜「うん・・・そうだね」

春菜は意外なほど素直にセーターを脱ぎました。
綺麗な髪がふわりと舞い、白いうなじが見え、そしてブラウス越しには胸の隆起が・・・。
思わず、春菜の胸を凝視してしまいました。
しかし男のスケベな視線に女の子が気がつかないわけがありません。

春菜「あーーっ、またおっぱい触ろうとしてるー。エッチなんだからっ!」
バレバレです(笑)
私「冗談はよせよ。春菜みたいな子供の胸触ったって、面白くともなんともないよ」
春菜「あっ、ヒドい。私クラスの中でも大きい方なんだよ」
春菜は胸を張って反論しました。

膨らみが強調されて、大きさも形も手に取るように分かります。
いや、これはもう手に取って確かめてみるしかないでしょう!
もにゅ。
春菜「ひゃっ!ホントに触って・・・きゃはは、くすぐったいってば~」
しばらくすると春菜は無言になりました。

私の手の上に自分の手を重ねていますが、引き剥がす素振りも見せません。
嫌がったらすぐに止めて「まだまだ子供だな」とか言うつもりだったのですが、やめるキッカケがありません。
触らせてくれるのなら、いくらでも触ってあげようじゃないですか。

力を入れすぎないように揉み続けていると、春菜の呼吸が浅くなってきました。
明らかに感じてきています。
瞳もトロンとしちゃってます。
このまま続けるとマズい気もしたのですが、なにしろ私も高校2年生。
精力が無意味に余りまくっています。

春菜の様子に注意しながら、片手を彼女のスカートの中に忍ばせてみました。
春菜「んんっ・・・」
春菜は一瞬驚きましたが、私の手を拒絶しませんでした。
ただ恥ずかしそうに顔を背けただけです。
少し手を伸ばすと指先がショーツに触れましたが、驚くほど熱く、そして弾力に満ちた感触。

胸よりももっと優しく、表面を擦るように指先を動かしてみました。
手のひらにちょうど収まるくらいのボリュームと、想像以上の柔らかさ。
春菜が言うほど大きいわけではありませんが、2年前のツルペタ胸とは雲泥の差でした。
春菜は、「くすぐったい~」と言いながら、あまり抵抗せずに笑っていました。

私も調子に乗って、ふにふにふにと春菜の胸を揉み続けました。
最初は声が出ないように耐えていた春菜ですが、だんだんと呼吸に合わせて「・・・あっ」とか、短い母音が混じるようになってきました。
春菜の官能が高まるのと同時に、私の理性も歯止めが効かなくなってきました。

ついには我慢出来なくなり、春菜をカーペットの上に横たえ、スカートを捲り上げました。
白いショーツは少し湿ったのか、地肌が透けています。
ここで下手に「脱がしていいかい?」などと聞くと拒絶される予感がしたので、何も言わないで彼女のショーツを引き下ろしました。

上気していた春菜の顔が、さらに紅く染まりました・・・しかし拒否はしません。
私はと言うと、春菜のあの部分に視線が釘付けでした。
悪い友人に貸してもらった裏ビデオの映像とは全然違います。
薄い陰毛を透かして深いクレヴァスが走り、割れ目が始まる部分には小さな肉鞘が見えていました。

その部分に指を押し当てると、一瞬だけ押し返される感触、そして濡れた肉壁に包まれる感触。
氷細工を扱うよりも慎重にゆっくりと割れ目を押し広げると、驚くほど鮮やかな色彩が目に飛び込んできました。
ビデオで観た女性器は正直グロテスクでしたが、春菜の性器は花の蕾を思わせるような可憐さでした。

・・・と書くと冷静に観察しているみたいですが、実際には心臓バクバクで、夢中で秘部に舌を這わせていました。
ほとんど何も考えず、脊髄反射と本能だけで動いている状態です。
春菜も性器を直接舌で弄られて、派手に喘ぎだしました。
中学生とは思えない艶っぽい声です。
その声を聞いているだけで背筋がゾクゾクします。

私はついにズボンを脱ぎ捨てました。
相手が従妹だとか中学生だとかは頭にありません。
自分の欲望を満たしたい・・・。
ただそれだけが望みでした。

挿入の瞬間も春菜は抵抗しませんでした。
彼女がどんな表情をしていたのか、見ている余裕はありませんでした。
春菜の秘洞は狭く、全身の力を込めて割り進まなければいけなかったからです。
たぶん、かなりの痛みを感じていた事だと思います。

最奥に達した時点で、もう私は我慢の限界に達していました。
それでも歯を食い縛って放出の欲求に耐えました。
しかし長くは持ちそうにありません。
ふと薄目を開けると、春菜の涙に濡れた瞳が見えました。

彼女も私の視線に気が付くと、痛々しい笑顔を浮かべ、こう言いました。
春菜「痛くないから、大丈夫だから」
この一言が引き金でした。
背骨から股間まで官能のパルスが走り抜け、次の瞬間、春菜の体内に精を放っていました。

終わった後も、お互いにしばらく動けませんでした。
先に口を開いたのは春菜でした。
春菜「・・・どうしよう」
春菜のセリフに心臓が止まるかと思いました。

そう・・・、冷静に考えると、とんでもない事をしてしまいました。
受験勉強で疲れている女の子に性的な快楽を与え、その場の雰囲気で処女を奪ってしまった。
しかも中に出してしまったのです。
正直、目の前が暗くなりました。
しかし春菜が心配していたのは別の事でした。

春菜「きっと叔父さんと叔母さんに聞かれちゃったよね」
そうです!2階には私の両親が居るのです。
狭い家の中で大きな声出してエッチして、親が気が付かないわけがありません。
私「・・・どうしよう(大汗)」
・・・その先の展開は想像にお任せします。

コメント (0)
コメントする