2020年07月26日 09:00

引きこもりの私が好きになった妻子持ちの中年男性・・・(体験談)

読了時間:約 5

恥ずかしいけど、どうしても言いたい私のエロい話聞いて下さい。
私は介護施設で働く25歳の女性です。
私は大学在学中に引きこもりになり、大学を中退しました。

もうちゃんとした仕事に就くこともできないと思っていたのですが、親戚のおじさんが施設長をしていて、どうしても人手が足りないというので、短い時間だけ老人施設でお手伝いをすることになりました。
初めはお年寄りとどう接していいのか分かりませんでしたが、毎日接しているうちに、お年寄りの人間味に触れ、可愛いと思えるようになっていました。

一緒に働いている人は若い人もいれば、中年の人もいたり、定年間際の人もいて、みんな仲良くやっています。

中でも私と話が合うのは、中年の男性の春田(仮名)さんです。
春田さんは結婚して子供さんもいるのですが、とても人がいいというか、優しすぎて、この人大丈夫かな~、人が良すぎて騙されなきゃいいけど、なんて思うこともあります。

二人一組でおむつ交換をする時があって、春田さんと話をしていると、年の差も忘れて友達と話している気分になります。
春田さんは友達というよりも、守ってあげなきゃって思ったりもします。

春田さんが映画を観るのが好きというので、先日観に行きたいと思っていた映画の話をしました。
「あーそれ俺も観たかったんだよね、良かったら連れて行ってよ」
その言葉で私はハートを射抜かれました。

男性と話していて映画に誘うなら、一緒に行こうよ、じゃないですか。
それが、連れて行って、です。
なんか上から目線じゃないところに、キュンとしたのです。

それまで何とも思っていなかったのに、たったその一言で、あれ、私この人のこと好きかも!って思ってしまったのです。
今考えると頭ヘンですよね。

「いいですよ、その代わり、これはれっきとしたデートですからね」
私は既婚者相手に何を血迷ったか、そんなことを口走っていたのです。
「デート、いいね~久しぶりに聞いた、その言葉」
なんだか嬉しそうにしているので、そのままデートの日時などとんとん拍子に決まりました。

それから私は春田さんのことが気になって仕方がありませんでした。
いつもどこにいるのか目で追っているし、春田さんが他の女性と話しているのに気が付くと、近くで聞き耳立ててしまうし。

暇さえあれば春田さんのことを考えているのです。
あー私、もう春田さんのことが好きで好きでしょうがないのかも、って。

2人が同じお休みの平日の午前中に、映画館で待ち合わせをしました。
本当は既婚者と観に行くんだから、もっと気を遣わなきゃいけないのでしょうが、2人とも誰に見られても構わないとばかりに、普通のデートのように待ち合わせをしました。

会うまでもソワソワしていたのに、落ち合ってからも落ち着かず、トイレに何度も行ってしまいました。
春田さんとはいつも仕事用のジャージ姿しか見ていなかったので、スーツを着てきたのには驚きました。

「ちゃんとした服持ってないんだよね、サラリーマン時代のスーツでごめん」
って、もうキュンキュンです。
何から何まで可愛いのです。

映画はアクション物で、春田さんのことが気になって、あまり内容は頭の中に入ってきませんでした。
でもちょうどいい気温なはずなのに、めっちゃ汗をかきました。
恥ずかしい。

春田さんが映画を観ている横顔が何か精悍で、ますます好きになってしまいました。
もし万が一、映画の途中、手を握られたらどうしようと思いましたが、それは私の思い過ごしでした。

その後はファミレスでご飯を食べながら、感想を言い合って、別れました。
翌日仕事で会っても想いは募るばかりで、とうとう仕事の帰り道、春田さんに伝えました。

「私、春田さんが好きです」
「えっ、俺?俺が好きなの?」
「春田さんが好きです。私と、付き合って下さい」
「…いいよ」

そのまま春田さんの車に乗って、ホテルに行きました。
車の中で、奥さんとは別れる気はないけど、それでもいいの?と聞かれました。
私はいいです、と答えました。

春田さんは終始優しくて、それでいて、ちょっとそそっかしくて、でも憎めないんです。
私たちは部屋に入るなり、抱き合いました。
今まで我慢していたものが解き放たれた、そんな感じです。

私は抱き合ったまま、涙が流れていきました。好きで好きで仕方がない。
長い時間抱き合った後、キスをしました。
春田さんとキスしても、大好きで大好きで仕方がありませんでした。

シャワーも浴びることなく、慌てて裸になって、いろんな所を舐め合いました。
愛おしくてたまりませんでした。
春田さんもその気持ちでいてくれるのか、私の気持ちを受け止めてくれました。

奥さんがいてもいい、こうして私の気持ちを受け止めてくれるなら。
キスしながら、胸を揉まれ、乳首を吸われました。
あまりの気持ち良さに、春田さんの頭を抱きしめました。

「春田さん、春田さん大好き!」
「ありがとう、僕もだよ」
また濃厚なキスをして、抱き合いました。
うわ言のように、春田さん好きと言っていました。

春田さんが下の方に手を伸ばし、クリトリスを刺激してきました。
私は自分で触るのとは全然違った快感に、身をよじりました。

「ああ、ダメ。頭が変になりそう…」
「大丈夫だよ、2人だけの時に変になっても」

私のあそこを舐めたので「ダメ、洗ってないから汚いよ」と言うと、春田さんはにっこり笑ってクンニしてくれました。
クリトリスをチュパチュパ音を立てて吸ったり、舌を使ってペロペロ舐めてくれました。
私はあまりの気持ち良さに、シーツを掴みました。

「ダメ、それ以上、イク!あ、イク!」
体がビクビクとなって、崩れ落ちました。クンニでいくなんて、今までで初めての経験です。
私はイッた後ボーっとしていました。

「じゃあ、俺のも気持ち良くさせてよ」
そう言って、春田さんはズボンを下げました。
パンツが盛り上がっていて、あそこが大きくなっているのが分かりました。

私は恥ずかしくてどうしていいのか分かりませんでしたが、パンツを下ろしてとか舐めてと言われて、言われたことをしました。
私は今好きな人のあそこを舐めているんだ、と思うとそれだけで興奮しました。
私は男性のあそこを舐めたことがなかったので、言われた通りにフェラしましたが、全然上手に出来た気がしませんでした。

「上手だよ、えっ、初めてなの?イキそうだよ」
春田さんがトロンとした目で言いました。
私は嬉しくて、また泣いていました。

「イキそうだから、入れてもいい?」
そう言って、辺りを探しました。
私はきっとコンドームを探しているんだろうなと思い、言いました。

「ゴム、つけなくてもいいですよ」
「えっ?いいの?」
嬉しそうに春田さんは私を抱きしめて、私の中に入ってきました。
私はあそこがいっぱいになるのを感じて、春田さんにしがみつきました。

「あっ、ダメ。く、苦しい!あん、あ~」
春田さんのあそこが私の中にグイグイ入ってきて、奥まで届きました。
私は春田さんの愛を感じて、もっともっと好きになりました。
春田さんがゆっくり私の中で動き回ります。

「あん、あっ、はぁ、あん」
私は声を出さずにいられませんでした。
気持ち良くて、頭がまた真っ白になってしまいます。
「可愛いね、可愛いね」
挿入されながら、ギュッと抱き合って、キスしました。

舌を絡ませて、私の舌を春田さんが吸ってきます。
体位を何度も変えて、私たちは同時に果てました。
時間を置いて、もう一度エッチなことをしました。

それからも、昼に会っては時々愛し合っています。
私は春田さんが好きなので、春田さんに奥さんや子供がいても構いません。
私だけの春田さんでなくてもいいから、私と一緒にいる時だけは私だけを見て欲しい、ただそれだけです。

コメント (0)
コメントする