2020年07月29日 09:00

女装子として会った変態過ぎるオジサンたちとのプレイ…(体験談)

読了時間:約 4

前回の話

由衣として、初めて男性とエッチしてから、
部屋に帰宅してから、翌週末の相手をネットで募集していた。
募集内容は前回と同じで「23歳168cm 48kgの女装娘の由衣です。ちょっとMです。
○○県○○市近郊でエッチできる。Sのおじさん・いませんか?」

こんな感じで、色々な男性とのエッチが始まっていった。
ネットで募集すると、びっくりするぐらい嘘が多い
年齢詐称が一番多かったと思う。
40代のはずが・・・60代くらいの人だったりも。
さすがに60代とは無理だったので即逃げした。


年齢詐称の次に多かった嘘は、ゴム付でエッチの約束が途中でゴムを取って
生でしたがる人が多かった。
お互いに病気とか考えないのかな??

あと多かったのが、S男性を募集したのにM男性だった事
いざエッチをすると・・「由衣ちゃん僕にも入れて」言ってくる。
2年くらいで40人以上の男性とエッチをしたが、今でも自分の、オチンチンを男性に入れた事はナイ。

全てのおじさんが、エッチが上手なわけでもナイ事も解った。
でも、若い人よりおじさんの方がエッチが上手な人が多い。
色々な人とエッチをして、改めて色々な性癖がある事に気が付く。
びっくりするのは顔射したがる人が多い、AVの見過ぎ??
精子は眼に入ると超痛い…顔射好きの人は相手に気を使ってくれると嬉しいです。

S男性を募集しているので、S男性とエッチする事が多い。
びっくりするS男性もいた。
その人は、痛みとかではなく、羞恥責め好きだった。
某有名なSMホテルでPLAYをした。
そこのホテルは、部屋の扉を開けていると知らない人が部屋に入って見学OK
参加してもOKの暗黙ルールがある。

完女装の状態で服の上から、縄で縛られアナルにはバイブを入れて頂いた。
アナルの奥でバイブが動いている状態で放置状態にされた・・・
扉が開いているので、4組のカップルが覗きに入ってきた。
最初は女装とは気が付かれなかったが、横に座っている、S男性が「実はこの子は女装娘です」話すとドン引きして逃げ出すカップルもいたが、2組のカップルは興味があるのか、暫くの間だったが見学していった。

1組の、カップルに見られながら、縛られた状態でアナルにはバイブ、そのままS男性のオチンチンをフェラ。
カップルに見られながらのフェラが超興奮。
S男性がカップルの男性に「フェラされてみます?女性より上手ですよ!フェラ」
さすがに女性がゆるさないのか?女装娘に興奮しないのか、見ているだけだった。
フェラしてみたい気持ちがあったので残念。

もう1組のカップルは、縄を解かれ、全裸で首輪に鎖を付けた状態で開かれた扉の前で犯された。
扉は開いた状態だったので、廊下を歩くカップルに丸見え。
女装娘と男性のエッチはドン引きし逃げていく。
ドン引きでも、知らないカップルに見られて羞恥PLAYに超興奮。

バックで犯されている所で1組のカップルが扉の前で止まった。
カップルを見ると、20代女性と50代のおじさんだった。
こっちを見ている。
S男性がカップルに見せつける様に体位を騎乗位に変えた。

カップルをよく見ると、おじさんのスーツの首から首輪と紐が、女王様とM男性だ!女王様はプロっぽいかも。
見られてヤバイくらい興奮している、オチンチンの先から汁が垂れ落ちている。
女王様が何かをM男性に命令した。
M男性がズボンとパンツを脱いだ。
よく見ると勃起している。

エッチを見られ知らない人が勃起して興奮しているのを見て余計に興奮様態。
4Pをしてみたい気持ちがあったが、途中で女王様とM男性は下半身を裸のまま、部屋の前からいなくなった。
その後S男性は扉の前で私に顔射して終わった。

顔射された所を誰かに見られたい気持ちがあったが、そのまま顔に精子を付けたまま、廊下で誰かが来ないか周りを気にしながら自分でオナニーして、その日のPLAYは終わった。
そのS男性と連絡先を交換し、その後何度も誘われたが、やっぱり1回しかエッチはしていない。
羞恥PLAYの思い出です。
下手な長文を読んで頂きありがとうございました。

S男性ではないが、とても変わった性癖の男性とエッチをした事を書いてみます。
やはりその人とも、某サイトで何回かやり取りをして会う約束をした。
42歳でナオキさんと名乗った。

ナオキさんの希望は服を持参するからそれを着てエッチをして欲しいとの事
着る事が出来る服ならOKと返事して、待ち合わせた。
待ち合わせをしてそのままホテルに向かいホテルの部屋でナオキさんが3着の服をベッドに並べた。
ごく普通の女性物の服ばかりだった。

持参する服はコスプレとか制服かと思っていたのでチョットびっくり。
服を着てみると少し小さいがなんとか着る事ができたので可愛い白ワンピでPLAYスタートと思っていたらナオキさんがもう一つお願いがあると言い出だした。

「エッチの時に由衣じゃなくてマリコと呼ばせて」欲しいと。
ホテルまで来て、相手の希望の洋服まで着ちゃったのでとりあえず
OKした。

その人のエッチは、少しだけS。
首絞めとバックの時お尻を叩くくらいだった。
エッチの時は服も脱がさず、服のままでエッチをした。

でも、「マリコ気持ちいい?マリコ俺のチ○ポは気持ちいか?マリコ俺のチ○ポは好きか?」
マリコをエッチ好きな女性として、扱うPLAYだった。
最後は「マリコ俺の精子を飲め」でお口に精子を出されて、
ナオキさんの精子を飲んで、ナオキさんの残った精子も全部吸い取ってPLAYが終わった。

PLAYが終わって一緒にお風呂に入って、二人でまったりタイムに話しを聞くと、マリコはナオキさんの娘さんだそうだ。
洋服も娘さんのタンスから持ってきたとの事。
怖い…父親が娘をそんな眼で見てるなんて。
そのうちに近親相姦しそう。

由衣は母親とも父親ともエッチの想像すら出来ない。
しかも娘への性の対象を女装娘で発散するなんて
色々な性癖があるのだなと思った人の一人に加わった。
下手な長文を読んで頂きありがとうございました。

コメント (0)
コメントする