2020年08月17日 09:00

女同士の嫉妬心を利用して女友達にフェラさせた方法…(体験談)

読了時間:約 4

今では当たり前に皆がしているSNS。
オレが子供のころには全くそんなものは無かった。
そこから比べると、今の若い子たちは変なところが気になるんだなと思う。

個人的な日記を皆に公開してしまうわけだが、もちろんそれを見て何かを思う人もいるわけで。
オレは正直、他の人が何をしていようがどうでもいい。
旅行に入ってようが美味しいものを食べていようが。

結婚したなんて記事が出たら、適当に嬉しいと思う。
これは冷めているのかと言われたら、そうとは思っていない。
しかし、周りからしたら冷めている方なのだろうと感じる。

オレの知人繋がりの女なのだが、そんなことに関する話を良くしてくるのだ。
その女はマミという29歳。
実はオレとの共通の知人である女友達に嫉妬をしているのだ。

オレはその女友達とは、いわゆるセフレに近い。
もちろんそんなことはマミは分かるはずもないのであるが。
ただその女友人はリア充ネタをボンボンとSNSに上げている。
もちろんオレはどうでもいいと思っているネタも沢山ある。
しかし、マミはそれにいちいち反応しているのだ。

「なんか、あの女また旅行に行ってる!誰となのかな…?」
なんてことはしょっちゅう言っているのだ。
オレはその女友人とはチョイチョイ会っているので、どんな男と言っているのかが分かる。

しかしマミは、誰とというどころか、相手は男か女かも知らないわけだ。
記事の中には具体的な文章も写真もない。
それがマミを気にならせているのである。

「ねー、何か聞いてないの…?」
そんなことを言いながら、オレに聞いてくるくらいだ。
まあもちろんオレはそんなことを知っていても答えはしない。
一応その辺はしっかり守るようにはしている。

ただ、あまりにマミが気になっているから、オレは時に意地悪をするのだ。
「あの時の相手、気になる?」
「あ、まぁね…いや、彼氏と一緒とかならそれで良いんだけど…彼氏がいるのかも謎だけどね…」

わざと細かいことを聞かない間柄なのか、マミは本当に女友人のことを知っていない。
「オレは一応知っているけど、聞きたい?」
「そうなの!?まあ知っているなら聞くよ…」
「まあ、簡単には教えられないけど。フェラしてくれたら教えるさ」

オレはその場に大股を開いて、マミにフェラするように促す。
「な、何で…そんなのさぁ、普通に教えてよ…」
「えー、それは無理。フェラすればいいだけでしょ、ほら」
オレは自分でペニスをパンツの中から出す。
マミはオレの肉棒を見て驚いていた。

「ちょ、ちょっと…本気なの…?」
「そうだよ、当たり前じゃん」
マミは照れながらも、最初は顔をそむけていた。
しかし、事実目の前にはギンギンのオレの肉棒が待っている。
これを舐めれば内心気になっていることが分かるというのだから。

マミはそっとオレの肉棒に手を伸ばし、指で周りを摩る。
オレの陰茎が反応してわずかに動いていると、マミはその下のタマの部分からしゃぶり始めて、そしてフェラを始めた。

一回舐めてしまったら、その後はマミも気合を入れてしゃぶりまくる。
オレの精子が躍動して肉棒を膨らませてしまうと、ますます唇の上下運動に磨きがかかった。
「いいよ、いい感じ。マミちゃん良いフェラしてるじゃん」
「あぁん…良かった…いっぱい出していいから…」

そう言いながら可愛い表情でフェラを頑張るマミ。
オレはそんなマミの口の中に精子を爆発させてしまった。
タガを外した水滴という感じで、マミの口内に噴射していく。
オレは完全にイってしまった。

「もう…本当にいっぱい出たんだね…」
マミの口に中には大量に溢れる精子がある。
それを飲みこんで、オレの体に抱き付いてきた。

「ほら…気持ちよくしたんだからさ…教えてよ…」
これは約束だから教えなければいけない。
しかし、オレは実際には教えられないというのが事実。
本気でそんなことを言ったら女友人に怒られてしまう。

そこでオレは提案をした。
「今なら、アイツに彼氏がいるのかを教えるよ。ただもしクンニさせてくれたら、そいつの名前も教えてあげる。驚くかもよ」
オレは意味深なことを含ませて提案した。

「え…彼氏…アタシの知っている人なの…?」
「さあ、どうだろ。クンニさせてくれればいいんだよ」
「ほんと…エロバカ…もう…!」

マミは自分の恥部までさらさないとと思うと、恥ずかしさで気が引けるだろう。
しかしオレは既にマミのスカートをめくって、股間に手を伸ばしていた。
「ほら、ここをオレに舐めさせなよ」
「あん…ちょっと…アタシまだなにも…あふんん…」
「聞きたいでしょ、彼の名前?」
「ひゃん…わ、分かったから…」

マミの了解が出て、オレはマミのパンティーを脱がす。
きれいで可愛いマミのヴァギナ、そしてクリトリス。
オレはそのクリトリスをクンニし始めた。

「ひゃぁっぁん…!!ア、アァぁあ…」
急に今までにない性的な感触を浴びてしまい、マミは思わずイヤラシイ声と姿を披露してしまった。
体をよじらせてはヴァギナから愛液をたっぷりと流してしまう。
女の喜びを存分に感じているのである。

「ハァぁあ…!そ、そんなところ舐められたら…あぁっぁあ…あんん…!!」
「舐められたら、何?」
「バカぁぁぁ…イッちゃう…!!」

マミはクリトリスがかなり敏感な性感帯なのか、割と早いクンニで絶頂に達してしまった。
吐息を一気に吐き出しながら、体を熱くして反応させる。

「あぁぁあ!!あぁぁん…!!あハァァぁん…!」
イってからもクンニを続けて、マミはかなり悶え続けて疲れてしまったようだ。
そのまま眠りについてしまうマミ。
その後、結局女友人の彼氏の存在を言うことなく解散をした。
まあ本当は、マミの知らない男なのだが。

コメント (0)
コメントする