2020年09月07日 21:00

出会い系で知り合った四十路巨乳熟女のテクがヤバかった…(体験談)

読了時間:約 3

去年の夏頃の話です。
私は40代で、嫁と子供がいる普通のオッサンです。
仕事でストレスが溜まり、ひょんな事から某出会い系サイトで遊んでみたくなりました。

普通の出会いは面倒臭いので、割り切り専門で探すと、いるわいるわ。
目的は決まっているので、話は早い。
条件が合えば待ち合わせ場所に行き、車でホテルに。

最初はかなりビビっていましたが、何回かすると慣れてきました。
ほとんどがセミプロみたいなもんで、中には元風俗嬢なんて方も。
お金は使いましたが、それなりに楽しんでいました。

そろそろ飽きたなーって思いながら検索していると、40才の独身女性の書き込みを発見。
あまりこの年代はいないし、条件もリーズナブルな為、会う約束をしました。
いつもとは違い、こまめにメールが来るし、返事も丁寧。

ちょっと期待して待ち合わせ場所に。
現れたのは、そんなに綺麗ではないけど大人しい感じのどこにでもいる女性でした。
ただし今までとは違い、緊張しているのか慣れていないのか、素人だなーって感じがしました。

女性の名前はYとしましょう。
俺「初めまして、来てくれてありがとね」
Y「あの、私、こーゆーの初めてなのでよろしくお願いします」
・・・みたいな会話で、世間話をしながらホテルに。

一緒に風呂に入るのは恥ずかしいとのことで別々に。
いざベッドに入ると、ちょっと震えていた。
(こりゃーマグロだな)
そう思いながらバスタオルを捲ると、なかなかの巨乳で首筋から乳首をナメナメ。

感じているのか、「アッアッ」と小さな声が。
オマンコを舌と指で愛撫すると、だんだんと濡れてきた。
指が2本入るくらいになると声が大きくなり、突然、ビクビクっと大きな反応が。

Yは小さな声で「イッちゃいました」と。
私はそんなに上手ではないので、ちょっと感動。
「まだして欲しい?」と言うと、Yは小さく頷きました。

乳首ナメナメ、オマンコ指2本挿入を続けるとYは、「あー!!ダメー!!」の次に何と潮吹き!?
AVでしか見た事がなく、ビックリ。
Yはちょっと放心状態でした。

「ゴメンなさい。イキやすいんです」と恥ずかしそうに言っていました。
もちろん私のチンコもビンビンになり、興奮していました。
それを見たYは、「今度は、私が気持ち良くしてあげるね」と積極的に。

乳首ナメナメからフェラチオかと思いきや、何と肛門から舐めてくる!
なんとも丁寧な愛撫に、チンコはこの歳でビックリする位の硬さに。
さらにYが、「ちょっと四つん這いになって下さいね」と。
アレですよアレ。
肛門ナメナメのチンコをシコシコ。

恥ずかしい声と共に、一気に射精してしまったのでした。
Yのテクに驚き、「もしかして風俗の方ですか?」との質問に、「もちろん、素人ですよ」と笑いながら言っていました。

「でも、途中でイッちゃいましたね。まだ出来ますか?」
そう言われ、正直自信はなかったが、「頑張ってみます」と一言。
するとYは、「じゃあ、お互いに気持ち良くなりましょう」とシックスナインの体勢に。

気が付けば、主導権はいつの間にかYになっていました。
お互いに興奮しながら、ナメナメしていると、Yは金玉攻めに。
私のチンコは驚く程に回復したのでした。

Yもイッたらしく、さらには自分でオッパイを揉みながらのフェラ。
Yが「挿れてもらえますか?」とゴムを装着。
正常位で挿入すると、私はガンガン腰を振りました。
Yも「もっと突いて!イク!イク!」と大興奮。

バックの体勢になるとやっぱり自分からオッパイを揉んで、私もフィニッシュ。
私「見かけによらずエロいね」
Y「前の彼に教えてもらったんです」
聞けば50才を越えた方だったとか。

最近セックスはご無沙汰だったらしく、掲示板に書き込んだらしい。
Yとは気が合う様で、月に1回は会って楽しんでいます。
嫁とのセックスでは、「なんか前よりチンコ元気よね?」と言われています。
Yとの関係がバレないかと心配です。

割り切り女性多数!

コメント (0)
コメントする