2020年10月07日 21:00

【近親相姦】何も知らずに弟と中出しセックスしまくってた半年間…(体験談)

読了時間:約 3

中2の時の話です。
弟は一つ下です。
私が中学の時は母は夜10時くらいまでお仕事で居ない時がありました。

だいたいその時間は、私は弟と一緒にテレビを観ていたんですが、ある日エロいDVDがあるのに気付きました。
たぶん父が観て、入れたまま忘れてたんだと思います。
私たちはそれを隠して、母が居ない時に二人で隠れて観ていました。


そのうちDVDと同じ事を両親が居ない時に弟としようとしましたが、私も弟も痛くて出来ませんでした。
だけどお風呂に入った時、お湯の中で弟のおちんちんを私のアソコに入れれば痛くないことを発見しました。

何回かお風呂の中で弟とくっついていると、そのうちお風呂じゃなくても弟のおちんちんを入れられるようになりました。

そして最初はDVDのように弟に出したり入れたりしてもらっていたんですが、入れたまま擦りつけるようにした方が気持ちいいことを私たちは発見しました。
両親が居ない時には弟といつもするようになっていました。

ある日、弟とエッチをしていると中が暖かくなりました。
そして弟が「ぐっ」とか「あうっ」と言って動きが止まるんです。
そして私のアソコの中から白いドロドロしたものが出てきました。

最初は何なのかわからなく、弟から出たものだとは思わないで、私から出たものだと思ってました。
だけど、それが何なのか分からず、まさかそれが赤ちゃんの素になるとは私も弟も知りませんでした。

それを先に知ったのは弟の方でした。
弟が「パピオンは赤ちゃんを作る行為だよ」と言ってきました。
私たちはセックスのことを“パピオン”と呼んでました。
DVDに『パピオン』と書いてあったからです。

それ以来、弟とセックスはやめました。
そしてお風呂も一緒に入らなくなりました。
今考えるとすごい危ないことをしていたと思います。

あの白いのが弟の精子で、赤ちゃんになるって知ったのはそれから半年後です。
あの時、もし間違って妊娠でもしていたらと思うと、本当に何もなくってラッキーだったと思います。
弟はそれが子供を作る行為だって学校の友達から聞いたみたいです。

うちの小学校、5年生の時の性教育はセックスについては教えてくれなかったんですよね。
性徴で胸が大きくなるからとか、生理になったら体育を休めますとかそういう話でした。

小4の時に弟のおちんちんが硬くなったのを触らせてもらってから、パピオンをやめるまで、弟のおちんちんをお風呂でよく触らせてもらってました。
反対に弟のほうは私の胸をよく触りたがってました。

私自身のアソコのことは、出産の時に赤ちゃんが出てくるってことはどこかで聞いていました。
エッチは、しても恥ずかしくない人とするものだと思ってました。
だから弟だったんだよね・・・。

今、思い出すだけで恥ずかしいし、私の人生の汚点です。
弟で処女喪失するなんてw
今、私も弟も大学生です。
弟と中学の時のあの時の事は話すことはありません。
弟は忘れているんじゃないかと思いたいくらいです。

私の方もあの時のことを思い出すと恥ずかしくて死にたいです。
本当に知らないっていうのは恐いことだと思いました。
もし私に子供ができたら、絶対に中学生くらいになったら性教育だけはしておきますw

コメント (0)
コメントする