2019年12月13日 09:00

読了時間:約 3

俺:28歳、独身、彼女有りだがかなりの倦怠期、180cm/72kg、反町55%。
相手:29歳、独身、彼氏有り、155cm/?kg。
『今日会える人探してます』のカキコに食い付く。
どうやら彼氏と約束してたのに、彼氏の仕事の都合でドタキャンされたらしい。

『セックスする気満々だったから我慢できない』
『とにかくヤリたい』
『会ったらすぐホテル行きたい』
・・・などの美味しすぎる誘い文句にちょいビビるも、29歳という年齢に信憑性を感じ突撃決意。

某大型ショッピングセンターの駐車場に車を停めて待つ事10分。
『着いたよ』メール来る。
こっちの車のナンバーを伝えると、来てくれるとの事。
期待20%、不安80%。
そして助手席の窓コンコン・・・。

そこに居たのはウエイト10kgUPの長谷川京子!
こんな美人ありえん!
『いや、10kgUPの長谷川京子はダメだろ』との意見もお有りでしょうが、ガチで俺的にはストライクど真ん中なんだよー!

(以下京子タン)
助手席に乗り込んだ京子タンはニッコリ微笑んで・・・。
京子「じゃあ、行こっか♪」
俺「OKなんスね?いいんスね?」
で、ホテル直行。

部屋に入って今からこの女を抱けるんだと思っただけでチンチンおっき。
一緒にお風呂はイヤとの事で、俺、京子タンの順番で別々にシャワー。
ベッドで京子タンを待っている間も自分のチンチンなだめるのに必死な俺。
バスローブ着た京子タン登場でなだめるの終了!
ベッドに押し倒すようにしてバスローブを剥ぐとツルツル&プニプニのお肌。

オッパイは推定Cカップ。
もう1カップ大きければ言うこと無しなんだが、それは贅沢過ぎるよな。
とにかくスベスベで柔らかい♪
ホントに29歳ッスか?
オッパイをしゃぶりながら股間に手を伸ばしてみるともうトロトロな京子タン。

「我慢できないの?」と囁くと、恥ずかしそうに頷く。
(カワエエ~)
京子タンの脚を目一杯開かせてクンニ開始~。
指2本でズボズボ、舌でジュルジュル、わざと音を立てながら続けていると、「恥ずかしいよぉ~」とイッてしまった様子の京子タン。

その後、攻守交代で俺に覆いかぶさった京子タンは、おでこにチュウから始まって全身をペロペロ、乳首は丹念に弄ってくれた。
俺が乳首弱いの知ってたんか?っつーくらい。
もうチンチン、カッチカチですよ~。

先っぽと裏筋チロチロされただけで出そうになる俺。
なんとか持ち堪えるも、今度はジュポジュポとディープスロート!
さすが三十路前、男のツボを心得ていらっしゃる。
(これまで何本咥えてきたんだよ?)

そろそろ我慢も限界になってきたんで挿入しようとするも・・・。
京子「ゴム付けて」
俺「も、もちろん(内心チェッ)」
そそくさとゴム付けて挿れてみると・・・。

なんじゃ、こりゃ~!すっげーザラザラしてて気持ちエエ~!
これがカズノコ天井ってヤツ?初体験。
しかも突く度にキュッキュッって締まる締まる。
「締まりいいって言われるでしょ?」と聞いてみると、喘ぎながらも「うん・・・よく言われるぅ」とのお返事。
(だから一体何本・・・)

そんなこんなで俺、あっという間に発射。
俺のセックス人生で一番の早撃ちだった気がするよ・・・orz。
終了後、ベッドでまったりしながら何気に彼氏の事を聞いてみると、あまり多くは語らなかったが、言葉の端々に彼氏好き好きオーラが感じられて、なぜかかなりジェラシー。

そしてなぜか、いきなりチンチンおっき。
京子タンへの愛撫もそこそこに四つん這いにして、バックからメチャメチャ突いた。
そしてまたしても早撃ちで終了・・・orz。

また別々にシャワーを浴びて、京子タンの車が置いてあるので待ち合わせた駐車場に戻ってバイバイ。
「気持ちよかったよ。ありがとう」と、去っていった京子タンの笑顔が忘れられません。
その後、何度かメール&電話をしてみるものの全くのノーリターン。
着拒はされていないみたいだが・・・。

今まで出会い系経験はそれなりにあるんだが、これ程もう一度会いたいと思ったのは初めてだよ。
マジで惚れたみたいです。
とりあえず彼氏にキャンセルされた時だけの舐め犬扱いでもいいんで連絡下さい!

タグ:
2019年12月13日 09:00

読了時間:約 6

本日の時点では、あの日が僕の人生のピークです。
僕が高校3年の時、クラス対抗の創作ダンス大会がありました。
その練習の時、思いがけないハプニングによって、学年で一番可愛い女子のケツの穴を見ることが出来たのであります。
恐らくあんなに可愛い子のケツの穴を生で見られる事なんてもう2度とないでしょう。

その創作ダンスは男女一緒にやるものなんですが、衣装が各クラスそれぞれ特色を出していました。
僕のクラスは、男子はフィギアスケートの男子選手が着るような衣装で、女子はチアリーダーの衣装で、ダンスの内容自体も結構本格的なものでした。

「童貞の俺がカワイ子ちゃんの肛門を見た奇跡のハプニング…(体験談)」の続きを読む

2019年12月08日 09:00

読了時間:約 4

私は社会人3年目の24歳です。
初めて一泊二日の社員旅行に参加したときの事。
女性社員全員20人くらいで和室の大広間に泊まることになりました。
ちょっとした修学旅行気分。
苦手な先輩の女性社員が来なかったので、本当に楽しかったw

んで、夜寝る頃に男性社員5人が酔った勢いもあったのか、「一緒に寝よう」と冗談半分で布団に潜り込んできました。
左側には密かに可愛いなと思っていた3つ歳下のK君、右側には2つ歳下のA君でした。
私も面白がってK君に、「じゃあ、腕枕して」と言って抱きついてしまいました。

「社員旅行の女子の大部屋で布団に侵入してきた後輩君に…(体験談)」の続きを読む

2019年12月07日 09:00

読了時間:約 3

俺:37歳、167cm、57kg、武豊似。
相手:21歳、OL、佐々木希似。
掲示板でドライブ募集をかけたところ、これからすぐ行けるとのこと。
横浜方面へ行こうと約束。

それ以外はたいした決め事も無く、不安要素たっぷりだが、それもまた楽しい。
非通知で事前に打ち合わせ。
「制服っぽい服装ですが良いですか?」と。
そんなもん全然OK、って言うかむしろ興奮!

「【出会い系】奇跡の佐々木希似激カワOLと制服着衣セックス…(体験談)」の続きを読む

2019年12月06日 09:00

読了時間:約 4

先月の話・・・。
その黒ギャルは某出会い系サイトで釣って、すぐ直メできる様になった。
基本、俺はサイト内でもエロ全開で行くから、メールしてくるのはそれなりに興味がある子だ。
写メ交換もスムーズにこなし、お互い及第点だったので会うことに。

ちなみにメールで聞き出したところ、結構なヤリマンっぽかった。
休日に会うのは面倒臭いので、基本仕事終わりに呼び出す。
ちょうど俺の通勤路線にホテル街があるので、そこで待ち合わせをした。

「出会い系でゲットした即マンコOKな黒ギャルビッチ…(体験談)」の続きを読む

2019年11月30日 09:00

読了時間:約 4

学校でしたエッチ話を思い出したので書いてみっか。
相手はその時の彼女で深津絵里似。
152cm、40kgのCカップ。
髪は染めてなく肩ぐらいのちょっとマジメ入ってる感じ。

高3、11月の放課後(PM4時頃)。
彼女とは1年前に初エッチ。
彼女は俺が初めて(彼女の自己申告。事実はわからん)。
俺は彼女で3人目。
(彼女じゃなんかつまらんので「絵里」としとくか)

「高校時代の彼女との教室エッチの思い出…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年11月29日 09:00

読了時間:約 5

高校時代の同窓会で幹事をやらされた時の話。
卒業して5年目、初めての同窓会をやる事に。
全員に声をと思い、往復葉書で連絡をした。
でも予想通り、全員出席とはならず・・・。

そんな中、当時クラスでも1、2の可愛さと人気を誇った、優香をまんま細くした優香似の優子ちゃんから封筒入りの手紙が届いた。
内容は仕事の都合で出席できない旨と、『みんなにヨロシク』とのこと。
それと最後に、『貴君(俺)と出来たら2人でプチ同窓会をしたい』と携番とメアドが綴られていた。

「当時好きだった子に「二人で同窓会したい」と言われて…(体験談)」の続きを読む

2019年11月28日 21:00

読了時間:約 6

都内の会社に勤めているんだけど、ある日、関西本社のある会社の営業担当者が新しい担当になる女の子連れてきた。
「このたび大阪本社から参りました水野と申します。よろしくお願いします」
引き継ぎはつつがなく行われたが、(なんか見たことあるな?)と頭に引っかかった。
で、家のPCでとあるHPを見たとき疑問が解消した。

(この子じゃん!)
それは俺がたまに利用する交際クラブのHPだった。
あまり修正の入っていない写真は水野さんにそっくり。
超俺好みの女だったので、いつか指名しようと思って狙っていた子だった。

さすがにこの時は、こういうシチュは妄想すらしていなかったので、俺はすげえ驚いて相手に挙動不審に見られたかもしれん。
それで、『関西から来たばかりで東京のことはよくわかりません。色々連れて行ってもらえると嬉しいな』みたいな文章も裏付けている感じだ。

(思い切って指名してみるのが面白いか?)
いやいや、それだと指名料がかかっちまう。
会社のアドレスしか知らないが、それを使うのはちょいマズイ。
ということで水野さんに一席設けてもらうことにした。

当日、元担当も一緒に来やがったが、お前にはすでに用はない。
まあ気を利かせたのか、1軒目で彼は帰った。
俺「軽くもう1杯飲みませんか?銀座でいいバーを知ってるんですよ」
水野「えー、銀座のバーですか?行きたいですー」
で、場替え。

水野さんはちょっと酔ってて、さりげなくボディータッチなんぞしてくる。
これ、『秘密知ってるよ?』なんて話しなくても落とせるんじゃね?って感じだった。
で、バーでしばし歓談。
カウンターの下で軽く太ももに手を乗せたりしてみるがあまり嫌がらない。
(これはまずいける)と確信。

「取引先の新しい営業担当の子が愛人クラブの会員だったので…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年11月16日 09:00

読了時間:約 4

俺:都内、25歳、174cm/63kg、ワニ顔。
相手:都内、20歳、163cm/普通体型、九州出身の大学生。

某サイトで『年上の知的で常識のある方と知り合いたい』という投稿にメールする。
メガネ着用の写メが相手に食指に触れたらしく『ぜひ、仲良くしてください!』と返信が来る。
どうやら、かなり気に入ってもらえたらしく喜んでいる様子。

メール開始の2日後くらいに電話に移行する。
地元の訛りが抜けないらしく、言葉のところどころに「~じゃけん」と付く。
どっかで聞いた事ある声だな、と思ってたら声が上戸彩だった(以下、『彩』)。

「出会い系でゲットしたHに興味深々な女子大生処女…(体験談)」の続きを読む

2019年11月12日 21:00

読了時間:約 11

俺は広告代理店に勤める30歳の男です。
この前、会社の後輩で仲が良いメグミから電話がありました。
俺のマンションが駅近くにあって、飲んでいて終電が無くなったから泊めて欲しいって事でした。
メグミは顔も可愛くて、年は27歳です。

メグミが家に来ると、ほろ酔いな感じの赤い顔がさらに可愛かったです。
とりあえずビールで乾杯して少し飲みました。
俺には彼女がいたので何とも思って無かったんですけど、改めて見るとかなり可愛いと思って、今日は何とかいけるとこまでいきたいと思っていました。

「彼氏できたての可愛い後輩をうまく誘導して中出しエッチ…(体験談)」の続きを読む

2019年11月09日 09:00

読了時間:約 7

数年前の夏の暑い日、私は傷心で両耳にウォークマンをぶっ挿して、ヘビメタを大音量で聴きながら街を歩いていた。
(誰とも話したくない・・・)
そんな心境だった。

いきなり後ろから肩を叩かれる。
面倒臭くチラッと目をやると、身長180センチ位で福山雅治みたいな兄さんが立っていた。
私はイヤフォンを外すと、「はい?」と聞いた。
(落としもの?道を聞きたいの?なんだろう?)

「キャッチのイケメン兄さんと男子トイレで生ハメ…(体験談)」の続きを読む

2019年11月05日 21:00

読了時間:約 4

俺は32歳の独身の男です。
この前、入院した時の話です。
腎臓機能低下で体の調子が悪く、検査も含めて1週間入院しました。
結果的には経過観察で、脂質と糖質を制限された食生活を余儀無くされました。

でも、手術をしたわけじゃないから病室では元気でした。
病室は4人部屋で、俺以外は60代から80代の患者が3人。
話も合わないのでDVDや漫画を読みながら適当に過ごしていた。

「入院中に隣のおじさんの巨乳ギャル娘を犯した話…(体験談)」の続きを読む

2019年11月04日 21:00

読了時間:約 3

専門学校生のゆみです。
エロい女友達の話を書きます。
その友達から電話がきた。
声がちょっとエロかったので分かった。
どうやら彼氏と一緒の様子。

以前彼氏がそういう趣味だと聞いたことがあった。
でもそれを聞いたのは2年位前かな。
その頃と同じ彼氏なのか、別の彼氏なのか?それはよく分からない。
彼女とも少し疎遠になってて電話も半年振りくらいだったし。

「女友達が彼氏とセックスしながら電話してきて困ります…(体験談)」の続きを読む

2019年11月02日 09:00

読了時間:約 2

私の20歳の時の初体験は、残念ながら愛のないものでした。
しばらくすると男の子から連絡が途切れ、私は男に遊ばれたのだと思い、自分がひどく安っぽい女になってしまったかのようでした。
私なんかプレイボーイの玩具に過ぎなかったんだ、と。

でも二番目の男の子、つまり今の彼氏とのつきあいは、すごくラブラブなセックスから始まったのです!
本当に、いつまでも一緒にいたいと思います。
セックスが終わった後でも抱き合ったり、何度でも何度でも、呆れるほどキスをし合ます。

「性欲処理に使われた初体験と今彼との濃厚セックス…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年10月29日 21:00

読了時間:約 7

高校3年の時、近所の大学生のTさんという方に家庭教師に来てもらっていました。
有名国立大生で昔から柔道を続けていて体格のいい人で少し無骨な感じの真面目さからうちの母もとても信頼していました。

私は当時、彼氏と初体験したばかりの頃でした。
それで週に一度、そのTさんに家に来てもらう度に実際にHしようとまでは思わなくてもTさんとだったらどんな感じだろう…と想像して意識することは時々ありました。

「家庭教師の大学生に「胸触っていい?」と聞かれて…(体験談)」の続きを読む

1 / 3712345...102030...最後 »