2019年03月12日 21:00

読了時間:約 3

世の男性の皆さん、エッチな会話をするのは男性だけだと思っていらっしゃる方はいませんか?
私も結婚を機に会社勤めを辞めて長く専業主婦をしていたのですが、子供もそれぞれ独立して、1年6ヶ月前から福祉施設で働いています。

昨年の秋、会社で社員旅行に行った時の一コマを紹介させていただきましょうか?

【登場人物】
夏子さん・・・ケア・マネージャー、離婚して以来独身でいる。58歳。
由美さん・・・今年50歳。夫婦2人暮らし。
和美さん・・・一番若く28歳、結婚して2年と少し、未だ子供はいません。
安代・・・・・私49歳。

「「オマンコ」を連発する女同士の猥談…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年03月11日 21:00

読了時間:約 3

珍しく冬前の時期にちっこい娘が配属されてきて、高卒娘かと思ったら、もう20歳だと。

俺のフロアは小さなブース毎に仕切ってあって、周囲との関わりが薄い個人個人の独立性が高い部署だったのだが、その彼女は飲み物なんかはおろか、終いには昼食の手配にも気を配ってくれるようになって重宝してた。

けど、春前に挨拶もなく姿が見えなくなって、そこで初めてバイトちゃんだと知った。
・・・と思ったら4月になって正社員として再配属されてきた。

「見た目中学生な新人腐女子OLのパイパンマンコに理性崩壊…(体験談)」の続きを読む

2019年03月10日 21:00

読了時間:約 4

<スペック>
ことみ:東京の女子高生(私立)。
背は150cmくらい。
黒髪、芸能人で言えば持田香織似だろうか。
ちょいギャルで、制服のスカートはパンツ見えそうなくらい短かった。

メールして一週間くらい、新宿で待ち合わせして会った印象は、(おっ、カワイイ)だった。
ノースリにカーディガン羽織ってて、思ってたより大人っぽかった。
大きな猫目がすごく印象的だった。

「すぐ付き合いたがる巨乳女子高生の体に溺れた…(体験談)」の続きを読む

2019年03月07日 09:00

読了時間:約 7

18歳の女子大生とメール交換をするきっかけになったのは、ここに話を書いて感想が送られてきてからでした。
俺は28歳なんだけど、最初に2時間程度話した時、すっごく気に入られて、メールを続けることに。

ナオは結構エッチで、二日に一回くらい「これからオナニーをしたいのでエッチなメールを頂けませんか?」と送信してきてはねだるんで、俺も嫌いではないので仕事中であったりしても、昼間から最後まで付き合ってあげたりしてました。

「ムッツリスケベなメル友の女子大生の処女をいただいた…(体験談)」の続きを読む

2019年03月06日 09:00

読了時間:約 4

彼女と知り合ったのは、私がよく行くコーヒーショップで。
彼女はそこでアルバイトをしていたのです。
どちらかと言うと大人しい感じの女性で、歳は24、25で、私は好印象を抱いていた。

私は、仕事の気分転換によくその店を訪れ、なんとなく顔なじみになったようなものでした。
そんなある日、街を歩いていて信号待ちをしていると偶然にも彼女に会って、ちょっと立ち話をした。
以後、その店を訪れると軽く会釈をするようになった。

「コーヒーショップのアルバイト店員と大人の関係に…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年03月05日 21:00

読了時間:約 3

私の今の彼女の話なんですが、相手はY美(19歳)です。
私の職場(スポーツクラブ)のアルバイトで入ってきた子なんです。

比較的女性の多い職場なんですが、何十人もいれば一人くらい中年好きの若い子もいるようで、相手の積極的なアプローチと、今時っぽくない清楚な外見に惹かれて、既婚者ながら付き合うようになりました。

まぁ最初は私も当たり障りのないデートを重ねていたのですが、たまたま重度のインフルエンザを押して仕事に行って職場から帰ろうとしたときに、Y美が後を追いかけて来て・・・。

「オヤジ好きなインストラクター(19)をセフレに…(体験談)」の続きを読む

2019年03月02日 21:00

読了時間:約 9

某百貨店に勤めていた時の話ですが、新卒で採用された新入社員は配属先がどこであれ、研修期間中は売り場に立たされます。
派遣先は人事部に委ねられていたのですが、事もあろうか、私は婦人服飾部のショップ売り場に派遣される事になってしまいました。

ショップ売り場とはブランドショップがひしめくゾーンで、社員はほとんどおらず、メーカーから派遣された販売員が数多く在籍する売り場です。
案の定、その売り場は管理者である4人の男性社員、会計担当の2名の女性社員、以下約30名の販売員(ほとんど女性)で構成されていました。

「美人アパレル販売員の送別会で告白されて…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年02月25日 21:00

読了時間:約 6

こーゆートコにカキコするのは初めてなんだけど・・・ていうか記憶がおぼろげなんだけど。
まぁ・・・思い出しながらだけど頑張って書きますので聞いてください。

昨日、チャットで知り合った4つ上のLさん(仮名)と渋谷に遊びに行ったんです。
Lさんとは知り合ったその日に電話して、そんでいきなりテレエッチしちゃって・・・遊びに行く時もそーゆー雰囲気になることが簡単に予想できて・・・。

「【ビッチ】チャットで知り合った巨根男性と中出しエッチ…(体験談)」の続きを読む

2019年02月25日 09:00

読了時間:約 5

数日前のエッチがすごく良かったので、書かせてください。
私は23才、彼氏は31才で、来年結婚する事になってます。
しばらくエッチしてなかった私は、欲求不満が原因なのか不眠症気味でした。
オナニーも、なんだか満足出来ず、彼にローターを買ってきてとお願いしていました。

彼の仕事が終わり、家にやってきました。
彼は、茶色の紙袋を私に手渡し、「開けてみな」と言いました。
私は、中身がローターだって分かってるし、なんだか恥ずかしくて「あとで一人で遊ぶからいいよ~こっちに置いておく」と言いました。

「ドSな彼氏がアナルバイブを買ってきた結果…(体験談)」の続きを読む

2019年02月21日 21:00

読了時間:約 7

俺が20代の独身時代だった時のエッチな体験です。
当時、俺は零細企業に勤めてた。
社長に俺、女の子4人の広告会社。

転職するはずだった会社の知り合いの社長で、ちょっと助けてやってくれみたいな感じで乗り気じゃないまま入ったが、社長はいい人で仕事は楽しかった。
職場にいた女の子はみな若かったけど、残念ながら全然好みじゃなかった。

「社長に「売れない女優を抱かないか?」と頼まれた結果…(体験談)」の続きを読む

2019年02月18日 09:00

読了時間:約 2

私の勤めてるゲーセンに美奈という16歳の娘がバイトに来ました。
童顔で身長も145cm位、見た目は小学生みたいな子でした。
ミスが多く、注意するたびに泣きそうになる顔がSな私の心に火をつけました。

ある日の夕方、勤務を終えた美奈を店長室に呼びつけ、「美奈ちゃんはミスが多すぎるね・・・このままミスが減らなければ今月で辞めてもらう事になるよ」と告げました。
美奈は母子家庭の長女で、下に小学生のが2人います。
母親は病気がち(ひどい鬱)で生活保護を受けているため美奈の稼ぎが必要なので、クビになれない事情を私は知ってました。

「家庭が複雑な巨乳女子高生バイトを職権乱用で性奴隷に…(体験談)」の続きを読む

2019年02月16日 21:00

読了時間:約 7

高校3年の時、推薦入試で先に進学先が決まった俺は気楽に、それでもちゃんと卒業まで学校へ通っていた。
卒業式の前、皆、受験でほとんど学校には来ていなくて、その日の教室は俺の他に同じく進学先が決まっていた4、5人だけだった。

副担任の玲子先生は大学を出て3年ほどの現国の先生で、「大学に入ったらどんなことをしたい?」などと気楽な話をしていた。
そのうち玲子先生の大学時代の話になり、その頃から付き合い始めた彼氏がいたが1年程前に別れたことを教えてくれた。

「大学が決まった高3の卒業式前に副担の女教師と…(体験談)」の続きを読む

2019年02月16日 09:00

読了時間:約 2

大学の時軽音サークルに入ってたけど、都合のいい時に呼ばれてやられてた。
1対1は少なく、いつも数人で、誰かの家にみんなが集まって呼ばれるのがパターン。
夏の夜に学校のプールでやったことも。
居酒屋で下着一枚にされたことも。

新歓で輪姦されて、そこからずるずる卒業まで。
体験人数は30人くらいかな。
今は立派に教師やってます!

「大学の時にサークルで公衆便女にされてました…(体験談)」の続きを読む

2019年02月14日 09:00

読了時間:約 5

僕はある仕事を辞めて無職に逆戻りかと思いましたが、とある仕事を紹介してもらう事になります。
体力的にはキツかったのですが、働かせてもらった経営者の方には感謝してました。
ある仕事とはハッテン場のサクラバイトでした。

僕自身はゲイではなくノンケでした。
僕みたいなサクラを雇うようになったキッカケは、お店にはおじさんしか来なくなり、僕のような若い見た目の常連が欲しかったみたいです。

「ハッテン場のバイト絡みでAVに出演した時の話…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年02月11日 21:00

読了時間:約 6

もう3年ほど前の話。
晴れて志望していた大学に進学した俺は、新歓飲み会の後にオッパブでハメを外して終電を逃していた。

で、タクシー呼ぼうかな、でも金無いな、とか考えながら、歩いて帰れない訳では無いけれど、歩いて帰るにはかなりしんどい距離の自宅に向かってとぼとぼ歩いていた。
で、繁華街の駅から5分くらい歩いた頃、制服姿の少女に声を掛けられた。

「飲み会帰りに拾った家出少女がとんでもないビッチだった…(体験談)」の続きを読む