2018年11月10日 21:00

読了時間:約 5

私は昼間は会社員、そして夜と休日は出張ホストをしている。
この仕事を始めて3ヶ月、やっと固定客もつくようになり、以前ほど金に執着せずにSEXを楽しめるようになってきた。
そんな私の固定客の一人で、小さなジュエリーショップを経営している26歳の『S』との出来事だった。

その日は、都内の某高級ホテルのロビーで待ち合わせ。
時間通りに私がホテルに着くと、それをめざとく見つけたSは、明らかに今までと違っていた。
服装といい、メイクといい、明らかに“特別の日”を意識させる装いだった。
彼女の手を取り、彼女に導かれながらたどり着いた部屋は、なんとスイート。
中に入ってさらにビックリ。

「出張ホストだが若手女社長に孕ませてほしいと頼まれて…(体験談)」の続きを読む

2018年11月08日 21:00

読了時間:約 6

もう10年程前の話。
バイト先の短大2年生ユミに、ことあるごとに「飲みに行こう」「ディズニーランドに連れてけ」と誘われていました。
ずっと後で判ったことですが、ユミは俺に気があったのでした。

ユミに言い寄る男はバイト先にも少なからずいました。
原宿で大手芸能プロダクションにスカウトされたという話も、あながち嘘ではないのでしょう。
でも俺は、少し整い過ぎたユミの冷たい顔立ちに、全く興味がなかったのです。
そんなユミを少し鬱陶しく思っていたある日、たまっていた皿を洗っていると、「合コンスキーに行こうよ」と、いつもの調子で屈託なく話し掛けてきました。

「貧乳美女と淫乱巨乳女の選択肢に…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年11月06日 21:00

読了時間:約 6

高校の時の話だけど。
ある大雨の日だった。
街に出掛けていた帰りの電車の中に幼馴染みの彩が乗っていた。
保育園から一緒ですっげー仲がよかった。
実は小学4年の時に誰もいない教室でキスまでした事がある仲だった。
遊びでだけど。
でも中学に入ってから卒業まで1回も同じクラスになった事がなくて高校も別々になった。

その時は俺は高校3年。
もう5年近く彩とはまともに喋ってなかった。
別に嫌いとかそういうのじゃなかったけど。
その日は日曜だったので俺は私服で彩は部活の帰りだったのかな、制服でテニスのラケットを持っていた。

「びしょ濡れで下着が透けていた幼馴染と…(体験談)」の続きを読む

2018年11月04日 09:00

読了時間:約 2

先日、結婚式の2次会で米倉涼子似の女性をゲットしました。
以下「涼子」と書きますが、歳は26歳でした。
2次会を途中でバックレようという事になり、みんなにバレないように抜け出し、2人で「学生の頃みたいだ」と言って、そのノリで階段で軽くキスをしてそのままドライブに。

もう日が暮れ薄暗かったので、このまま海岸まで走らせ、涼子が構わないと言うので1ボックスの車のシートを全てフラットにしてお互いキスしながら服を脱ぎ横になった。
涼子の胸はもの凄い綺麗な形をしていて、乳首が小さくツンと既に硬くなっていた。

「結婚式の二次会でゲットした淫乱美女…(体験談)」の続きを読む

2018年10月31日 21:00

読了時間:約 4

大学の研究室での出来事です。
僕は大学の3年生。
医学部の臨床検査を専攻しています。
医者ではなくて、いわゆる保健学科というやつです。
僕の学年は1学年40人で、男子8人、女子32人の学年でした。

3年生になると研究室配属というものがあります。
これは2人ペアになって研究室に配属されて半年間その研究室で勉強するというものです。
僕は愛ちゃんという女の子とペアで生理機能検査室という研究室に配属されました。
愛ちゃんはクラスの比較的大人しいけど、気の合う女の子でした。
身長は160センチ、体重は・・・わかりません(笑)
けっこう細めの女の子で、胸はあまりないと思いました。

「エコー検査の研修で同級生のおっぱいを堪能…(体験談)」の続きを読む

2018年10月29日 21:00

読了時間:約 5

俺は最近引っ越して、前の彼女の美帆ともHをする仲だったのに分かれてしまった・・・。
そして引っ越した高校でやっと慣れ始めた時のことである。
ちょうど通りかかった男子トイレでなんかもめている事に気づいて、トイレに入って見ると男子生徒が3人で1人の女子生徒をレイプしていました。
とっさに俺は「やめろー!!」と言って行きました。

俺はボクシングをしていて(インターハイ出場)あっという間に3人を殴り飛ばしてしまいました。
その女の子に「大丈夫?」っと言ったらレイプされていたので、パンツは下がっていて、ブラと制服は捲くり上がっていました。
その女の子はすごく恥ずかしそうにして「ぅん。ありがとう」と言って帰りました。
一件落着って感じで俺も帰りました。

「学校でレイプされてた可愛い女子を助けた結果…(体験談)」の続きを読む

2018年10月25日 21:00

読了時間:約 3

高校1年から男性経験は8人ありますが、この間初めて潮吹きしちゃってイクって経験させてくれました。
高校の時の彼氏も、短大の時の彼氏も、OL時代の彼氏も、みんな自分勝手でキスして胸揉んで挿入して・・・自分だけ出してお終いでした。
おもちゃ経験もありますよ。
SEXってこんなものかと思ってました。
私も濡れて感じて気持ち良いって思ってますが、いつもクール?って感じです。

この間、友達とカラオケ行って、夜10時ごろ別れて駅まで一人で歩いていると、30後半の男性が声かけてきて、援交!!
もともと童顔で背も低い私ですが、まさか、高校生に見られるとは思ってなくて・・・。
男の人は「九州から出張で今日夜一人でホテル泊まるの寂しいから付き合って欲しい」って言ってきたの。

「初めて潮吹いて失神するほど逝っちゃいました…(体験談)」の続きを読む

2018年10月22日 09:00

読了時間:約 4

GW過ぎ、就職活動が終わったので、サークルの飲み会に久しぶりに顔を出しました。
初めて会う1年生の子もたくさんいて、ちょっと新鮮☆
男の子も女の子も、みんな可愛いぃ(^▽^)
そんな1男のなかで1人、明らかに私を気に入ってて横を離れない子がいました。
べろべろに酔って「ゆりかさん好き☆」とか言いながら私に甘えてくるのが可愛くて・・・。

そしたらそのY君、あそこが勃ってきてたんです!
もう半分くらい寝てたし、私も軽く酔ってたから、冗談半分で上からぽんぽんって触りました。
そしたら「今日俺のうち来てください」って寝言みたいに言ってきて・・・。

「サークルの可愛い後輩を食べたら本気にさせちゃった…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月20日 21:00

読了時間:約 5

昨日、早々と転勤者の送別会が同じ課の男女8人(男5人・女3人)で、赤坂の焼肉屋で開かれた。
一次会はまぁ普通にお開きになったんだが、二次会のカラオケに女2人と、俺と、もう1人の4人で行ったんだ。
その一緒に行った女2人にちゃんぽんでガンガン酒を飲ませた頃から、雰囲気が怪しくなってきた。

女2人はそれなりの子で、俺好みの女の方に「俺今日は◯◯ちゃんを口説いてみたいんだ」って言ったら、「え~ダメですよ~」とかなんとか言いながら、まんざらでもない様子。
一緒の同僚に目配せすると、奴も心得たもんでもう一人の彼女を口説きにかかった。

「送別会で同じ課の女子社員をホテルへ連れ込んで…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月19日 21:00

読了時間:約 4

会社の取引先に勤めていた女(A子26歳)であったが、その取引先でも非常にガードが固いことで有名であった。
顔は普通、スタイルは中々良い感じであったが、噂どおりガードは固かった。
取引先の人たちと飲む機会に恵まれ、A子も来ていた。
飲み会が終り、2次会に行く人は2次会へ、帰宅する人は帰宅することになった。

俺は帰宅しようと駅の方へ歩いていったのだが、A子が後ろから付いて来た。
話しかけると、A子も帰宅するつもりだと。
「酔い醒ましにコーヒーでも飲みたいね。あそこにスタバがあるから、そこで飲まない?」と言うと、
「スタバよりも缶コーヒーを公園で飲みたい」と意味深に言って来た。

「ガードが堅いはずの取引先の女が公園でレイプ経験を語ってきて気が付いたら挿入してた件…(体験談)」の続きを読む

2018年10月18日 09:00

読了時間:約 3

俺は上尾に有る大手スーパーの店長。
パートで働いている30代主婦の9歳位の子供がお菓子を万引きしたのを偶々目撃した。
この事を伝えるとパート主婦は真っ青に。
「学校、警察にだけは伝えないでください」と。

彼女は里香という名で巨乳で癒し系の人妻だ。
前々から気になっていた存在。
倉庫に呼びつけ、「それは里香さん次第だね!」と語気を荒げて里香の反応を待った。
里香は察したらしく俯いたまま小さく頷いた。

「弱みを握った巨乳人妻パートを姓奴隷にしてます(体験談)」の続きを読む

2018年10月17日 21:00

読了時間:約 6

今年の4月から女子大生やっています。
ようやく大学にも慣れてきた頃かな。
そうすると、男が欲しくなりますよね。
え?ならないって?でも、あたしはなるんです。
高校の時は、だって、ずっと男がいたから。
週1~2のペースでエッチしてました。

・・・といっても、恋人じゃなくて、ちょっと気が合う男の子の友達で、高2の時に彼氏と別れて淋しくしてたときに、勢いでエッチしたのがきっかけでした。
だから、恋人じゃないんです。
大学に入って、京都に下宿して、恋人だったらそれでも続くんだろうけれど、「セックス付き男友達」なんて、離れてしまうと、わざわざ会いに行ったり来たりはしませんよねえ。

「【ビッチ】ただエッチがしたいだけの女子大生の私…(体験談)」の続きを読む

2018年10月17日 09:00

読了時間:約 3

そう遠くない昔まで、この国は性に対し大らかというか、実に下半身にだらしのない国であったと言います。
ただ、妻・ミカの故郷の村は、その点において昔のままなのです。
妻の育った村の夏祭りの前日、私は妻と2歳の娘を車に乗せ、妻の実家に向かっていました。

娘が後ろのシートのチャイルドシートで眠ってから、妻は助手席に移っています。
「着く頃には、日が暮れちゃうな」
私の言葉に妻は答えません。
山間の道は、すでに薄裏くなっています。
「あしたは、俺も神輿を担がされるのかな」
私が快感から気を紛らわせるためにとりとめない言葉を並べても妻は答えません。
妻の口は私に相槌を打つより、私の愚息への奉仕を優先しています。

「下半身にだらしのない村に生まれた妻…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月13日 09:00

読了時間:約 3

仕事が忙しくて、結局徹夜で残業。
翌朝始発でシャワーを浴びに帰ることにした。
悶々とした気持ちと、ひとまず長時間の仕事を終えた開放感から、一人暮らしをしているセフレのアパートへ直行。
朝5時じゃあ、まだ寝てるだろう。
僕の職場からは45分くらいで着く。
まだこの時間は通勤ラッシュとは逆方向なので電車は空いている。

セフレの住んでいる最寄駅に着いた。
駅から歩いて10分弱。
この辺は比較的ワンルームやアパートが密集している。
セフレのアパートの前から携帯へ電話。
なかなか出ない。留守電になる。
リダイヤル。
ものすごく眠たそうな声で・・・

「徹夜明けの早朝に寝てるセフレ宅に突撃したった…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月08日 21:00

読了時間:約 4

今日も私は、夫公認で真二君の巨根を咥えています。
事の発端は、3ヶ月前に遡ります。
私(千佳・42歳)は、夫(50歳)と一緒にネットカフェで休日を過ごしていました。

熟年夫婦が何故ネットカフェって思う方も居るでしょう。
息子(23歳)も大学卒業と同時に外資系企業に勤め、海外勤務中で家には夫と2人だけ。
もう夫と2人だけの生活も5年になるんです。

息子は都内の大学に進み、アパート暮らしでした。
夫は性欲大盛で、息子が家を出ると更に私の体を求める様になっていました。
(40歳を過ぎた辺りから、性欲が増した様な・・・)

「ネカフェで夫公認で大学生の巨根を咥えることに…(体験談)」の続きを読む