2021年10月15日 21:00

読了時間:約 3

投稿者:事故物件住みます男 さん(男性・20代)

いわゆる事故物件ってやつに住んでる25歳の男です。

今の会社に就職が決まった当時、通勤に時間をかけたくなかった俺はできるだけ会社に近い場所にある物件を探していたんです。

しかし残念なことに勤め先は都内でもそこそこ良い場所にあったため、周囲の物件はどこもかしこも俺の初任給では厳しい所ばかりでした。

「どっか安くていいとこ無いですかね? 会社から近ければどこでもいいんですけど…」

不動産屋のおっちゃんに無理を言ってお願いしてみる俺。

「う~ん…あんまりお勧めはできないんですけどねぇ…」

そう言って紹介されたのが今住んでる事故物件のアパートでした。

なんでも数ヶ月前に若い女性が自殺したとかで、他と比べてかなり安めの家賃で提供しているとのこと。

幸い俺は霊感なども無くあまりそういうことも気にしないタイプだったため、迷わずこの部屋を借りることにしました。

いざ住んでみると特に心霊現象らしきことが起こることもなく、日当たりも良好で非常に暮らしやすい部屋でした。

しかし入居して数週間が過ぎた頃、俺の身体にある異変が訪れたんです。

「うわっ…まただ…」

眠りから覚めた俺は自分の股間を確認します。
俺のパンツは自分の精液でドロドロになっていました。

それまで人生で夢精したことなど片手で数えるほどしかなかったのですが、ここに住むようになってからはほぼ毎日夢精するようになってしまったんです。

特にエロい夢を見た記憶もなかったので俺は不思議に思いました。

それからしばらく経ったある夏の夜、仕事で疲れた俺は部屋に帰るやいなや布団にバタッと倒れ、しばらく横になりました。

ウトウトし始めた頃、急に耳がキーン!となったと思ったら金縛りにあったんです。

頭の天辺からつま先までズシッと布団に押し付けられ、動かせるのは目玉だけという状況でした。

やだなー怖いなーと思いながら部屋の中を目で見渡すと、俺は恐ろしいことに気付いてしました。

部屋の隅に…何かいる…

見ると青白い顔をした髪の長い女性が、俺のほうをじっと睨んでいました。
しかもその女性、俺が瞬きするたびに少しずつ近付いてくるんです!

女性が俺の目の前に来るまでそう時間はかかりませんでした。

やばいやばい殺される…!!
と内心恐怖でいっぱいだった俺に対し、女性は予想外の行動に出ました。

女性は俺のパンツを下げてチンポを露出させると、それを自分の口で咥えました。

「えっ?ええっ??」

困惑する俺をよそに女性はじゅるじゅると激しくチンポをしゃぶります。
女性の口の中はとても冷たくてひんやりしていました。

言ってしまえばフェラチオなのですがこの女性、とにかくテクがすごいんです。
手馴れているというか男のチンポを知り尽くしているというか…

「う~~~イクっ!」

俺はあまりの気持ちよさと恐怖で、射精するのと同時に失神してしまいました。

次の日の朝、目覚めるとそこにはカピカピに乾いた俺の精子だけが残っていました。

それからというもの夢精はパッタリしなくなり、あの髪の長い女性もあれから一度も部屋に出てこなくなりました。

あの夜の出来事は夢だったのでしょうか…?

2021年09月08日 09:00

読了時間:約 3

投稿者:ネカフェ好き さん(女性・20代)

私ってふつうにマンキツ使う派なんですね。
あ、私は女ですw
夜、終電逃した時とか暇な時間とかに入る感じですね。
他にいる客とかに「フェラして。いくら?」みたいに迫られることも何回も・・・つうか多数ありますwww

そこシャワーとかあるとこなんで、そういうことになりがち~みたいなのはありますw
で、ふっつーに断るっつうか軽蔑した感じで見てやるんです。
だって普通にキモオヤジとかばっかりだからww
オヤジってマジでキモい人しかいないんでしょーか?www

「女ですが、漫喫で性欲解消してます…(体験談)」の続きを読む

2021年08月27日 21:00

読了時間:約 4

投稿者:契約社員 さん(男性・20代)

俺は某電気屋で販促をやっています。
雇用形態は秘密です。
うちの店で美顔器とか空気清浄機とかプリンターとかの臨時販促をやっている女の子二人組みがいました。
派遣されて一週間とか一ヶ月とか一定期間、その商品の販促をするんですが、某機具の女の子がタイプでした。

でもその子はお高くとまってる感じで俺を相手にしない感じでした。
社員とかには優しいのに。
そういう性格は俺は無理です。

「電気店勤務、販促の女の子に三千円ランチでフェラ…(体験談)」の続きを読む

2021年08月23日 09:00

読了時間:約 4

投稿者:ついてない女 さん(女性・20代)

手グセが悪いって言葉で合っているのでしょうか?
私は、小さい頃から手を動かしていないと落ち着かなくて、というか気づくと手が動いていて、それでよく怒られていました。

幼稚園の時は、近所のパン屋の飾りをいじっていて怒られてしまいました。
小学校の時は、先生に
「タケダさん、またカタカタしてる!うるさいからやめなさい!」
とペンいじりを怒られました。

「女ですが手癖が悪くて痴女と間違えられた結果…(体験談)」の続きを読む

2021年08月18日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:颯太 さん(男性・20代)

ブラック会社に勤めています。
幼なじみのみさきさんも、同じブラック会社に一年前までは勤めていました。
五歳年上のみさきさんは、昔からすごく大人びていてキレイな女の人でした。

ただ、ものすごくキレイな人なので周囲からひがまれて、いじめられて、高校を中退してしまって、そのせいで就職には苦労したみたいです。
美人なのに、ブラック会社しか就職先がないくらいに。

「セクハラで辞めた隣のお姉さんが宴会コンパニオンになってた…(体験談)」の続きを読む

2021年08月16日 21:00

読了時間:約 3

投稿者:フェラ女王 さん(女性・20代)

女子です。
結構女子からの投稿があるっぽいので真似します!
うちは女子高生だった頃からフェラのテクニックをしていましたwww

昔、うちの姉の部屋に「講習ビデオ」というのがあって、それを見つけてしまった時に姉に詳しく聞きました。
勝手に部屋を漁ったことを怒られましたが……。

「これなに?」
って聞くと、
「エロいテクが身につくやつ。風俗嬢とかが練習する時に見るビデオ」
と姉は言いました。

「姉の部屋にあった「講習ビデオ」というビデオを見た結果…(体験談)」の続きを読む

2021年07月26日 09:00

読了時間:約 4

投稿者:素人童貞 さん(男性・20代)

まだ自分が大学生だった頃、サークルの仲間内でお花見をしたことがあったんです。
そのお花見自体は特に何事もなく楽しく終わったのですが、その帰り、俺は泥酔した先輩♀を自宅まで送っていくことになりました。

その先輩は顔こそそれなりに可愛いのですが、お調子者な性格で酔いやすい体質のくせにガブガブと酒を飲む人で、家の方向が同じだった俺はよくこの酔っ払いを家まで送ってあげてたんです。
家に送る途中、先輩が「気持ち悪い…」としきりに訴えてきたので、俺たち二人は近場の公園で休憩していくことにしました。

「【大惨事】酔った先輩のフェラが気持ちよくなかったのでイラマしたら…(体験談)」の続きを読む

2021年07月23日 09:00

読了時間:約 4

投稿者:ドルオタ さん(男性・20代)

TSU〇AYAでバイトしていた頃、一緒のフロアでバイトしている女友達のミナと仲良くなりました。
休憩が一緒になると店のそばにあるファーストフード店で一緒にメシを食ったりしました。
お互い映画鑑賞が趣味だったので新作を借りて一緒に部屋で見たりしました。

お互いの部屋を行き来していましたが、仲間同士で変な噂をされるとイヤなので二人の秘密にしていました。
ある日、ミナはバイトをドタキャンで休みました。
連絡もつかない・・・。
今までそんなことをしたことはなかったのでみんな心配していました。

「月2万で契約してたフェラ専属の女友達が…(体験談)」の続きを読む

2021年07月02日 21:00

読了時間:約 5

投稿者:鈴 さん(女性・20代)

以前、事故をしてしまったときのことを書こうと思います。
当時の私は大学2年生だったと思います。
1年生のときは大学でできた友達と遊んで過ごしてしまったため、夏休みなどの長期休暇に実家に帰らなかったので、2年生の夏休みに免許を取りにいきました。

問題なく免許を取得して、翌日、親に頼まれた買い物のために、初ドライブ。
心配だから着いていくといってくる両親でしたが、助手席や後部座席からいろいろと注意されたりすることが簡単に想像できたので断って、一人で行くことにしました。

「DQN男が乗ってる車にドアパンチしちゃった結果…(体験談)」の続きを読む

2021年06月25日 21:00

読了時間:約 4

投稿者:まさし さん(男性・20代)

付き合ってる男の影響で変わる女って多いと思います。
そういう変化が密かに片思いしてた大学の女友達のOちゃんにもやって来ました。
Oちゃんとは大学二年次のゼミが一緒で真面目・かわいい・黒髪の三拍子揃ってた子で、ゼミの飲み会や男子同士の猥談で頻繁に話が出る子でした。

僕の大学はちょっと特殊で三年に進級してもゼミのメンバーはほとんど変わらず、Oちゃんと一緒のゼミになれたことは嬉しかったです。
二年間ゼミが一緒で一緒にご飯に行ったりできる仲になったのですが……留年したAという一歳年上の奴がゼミに加入して、Oちゃんはチャラい感じのAにロックオンされていました。

「DQNと付き合ってビッチになった元清楚系女子に口内射精…(体験談)」の続きを読む

2021年06月24日 09:00

読了時間:約 3

投稿者:トラックドライバー さん(男性・20代)

携帯からスマソ。
つい先日体験した実にオイシイ話。
俺は長距離トラック運転手をやっているんだけど、その日は仕事でいつも通ってる国道を走っていたんだ。

時間帯は夕暮れ時で車の交通量はそれほど多くなかった。
しばらくの間ラジオを聞きながらボーっと運転していると、前方の道路脇に人が突っ立っているのが見えたんだ。
見た感じ若い女っぽかった。
で、そいつは俺のトラックに気付くや否や親指をグッと立ててアピール。
どうやらヒッチハイカーのようだった。

「【フェラ】女子大生の貧乏ヒッチハイカーを乗せて飯を恵んであげたら…(体験談)」の続きを読む

2021年06月05日 21:00

読了時間:約 7

投稿者:M大生 さん(男性・20代)

大学生でモテない俺には遺産があった、祖父が資産家で、上手く90年代のバブル期を乗り越えた人で、大体億前後の遺産持ってた。
その状態で亡くなったから、遺産が転がり込むことに。

もちろん全額俺に来たわけじゃなくて、遺言状通りに遺産分割して法定相続分があって不動産や有価証券等の資産の分を考慮して、さらには相続税を支払って、とかややこしい手続きを経た結果、250万ちょっとが俺の懐に。

「祖父の遺産で非モテ俺が美女二人にフェラされた…(体験談)」の続きを読む

2021年06月04日 09:00

読了時間:約 4

投稿者:MMM女 さん(女性・20代)

大学一年の女です。
去年、初めて彼氏が出来て、付き合って一年になります。
初めての彼氏だから、エッチのときどういうことするのかわからなくて、彼に言われるままいろいろしてあげました。
その彼がいちばん喜ぶのは、おちんちんのにおいを嗅いであげること、なんです。

本当に彼のことが好きだから、おちんちんの匂い嗅ぐのもぜんぜん嫌じゃなくて、むしろエッチな気分になっちゃってたかも。
今からエッチするんだな、今日はどんなことされるのかなって思わされて。
おちんちんのむせかえるような匂い嗅ぐと、期待して……濡れちゃうようになって。

「【浮気】彼氏の友達のオチンチンを彼氏と間違えてしまって…(体験談)」の続きを読む

2021年05月27日 21:00

読了時間:約 3

投稿者:妹大好き さん(男性・20代)

妹に欲情するわけねーとか、妹いる奴は言うけど、そりゃ妹がブスだからだ。
俺みたいに妹が可愛かったら、普通に欲情する。
大学入学したばっかの18歳、この間まで女子高生だった妹は、Eカップの、兄の俺から見ても美少女。

ダチとかに会わせると、「妹紹介してくれ」とか頼まれる。
性格は悪ぃが、性格のマイナスパラメータ分が容姿に割り振られてんのかって突っ込みたくなるくらい美少女。
妹が使った後の風呂とかマジいい匂いするし、妹の部屋とか空気から違う。
風呂上がりとかでバスタオル一枚とか、下着だけでうろうろする時は、興奮せざるを得ない。

「【フェラ】女子大生の妹に「1万円貸して」と言われたので…(体験談)」の続きを読む

2021年05月08日 09:00

読了時間:約 6

投稿者:S野さん(男性・20代)

医療・製薬関係の会社に勤めている30代男です。
元々は研究者だったのですが、転職に伴い総務・営業関係に移動になってしまいました。
自分が志望した部署・部門とは異なるために転職後は多少気落ちしていたのですが、外の会社の営業さん等と関わるうちに、営業も面白そうだな、と思うようになりました。

今現在の自分の仕事は多岐に渡り、元々研究者だった専門知識もあり、人当たりも悪くないという事で様々な会社の方との折衝や機器導入の相談、その他雑務をこなしています。
そのうちに売り込みを「かけられる方」になりました。

「大手医療機器メーカーのリケジョによるエロ接待がたまらん…(体験談)」の続きを読む

2021年04月11日 09:00

読了時間:約 4

オレはとあるマンションに住んでいるのだが、正直他の部屋に住んでいる人たちのことを知らない。
一昔前は集合住宅でも引っ越してきたときは隣の部屋や上下の部屋には挨拶に行ったものだ。

しかし、現代ではそんなこともあまりしなくなっている。
大体いきなりピンポンがなるとちょっとうろたえてしまうくらいだ。
そんなオレのマンションは、各フロアごとに扉が合って、それがオートロックになっている。
なので同じフロアの人ならオレの部屋の前を通ることもあるだろう。
ちなみにオレは他のフロアのロックの解除番号は知らない。

「間違えて部屋に入ってきてフェラしてきた隣のカップルの彼女を…(体験談)」の続きを読む

2021年03月15日 21:00

読了時間:約 2

数年前、学生だった時の話。
結構仲のいい女友達がいて、他の友達数人と一緒によく遊びに行ったりしてた。
その日も5人くらい(女は一人だけ)でボウリングとかで遊んだ。

その後、酒を飲みたくなった俺は、みんなに自分の家に来ないかと提案。
あまり乗り気じゃないとか、仕事の都合とかで、男三人には断られた。
そして解散。
今日は独り酒かな、と思いながら帰ろうとすると、女が追いかけてきて、「付き合うよ」と。

「【フェラ】宅飲みに付き合ってくれた女友達のデカい乳をチラ見してたら…(体験談)」の続きを読む

2021年02月15日 21:00

読了時間:約 4

春も過ぎて暖かくなってくると、色んなところでビアガーデンが開催される。
オレは毎年ビール好きの友達と共に、一番気に行っているビアガーデンに行くのだ。

そこはホテルの屋上にあり、料理もおいしく開放感が半端ない。
夜景はキレイだし、近くに川が流れているために空気もいい。
なかなか最高のロケーションである。
晴れた日の夜はとにかく盛り上がっている会場だが、ある年に行った時に、思わぬハプニングがあった。

「ビアガーデンでナンパした遠恋彼氏アリの三十路女を野外で…(体験談)」の続きを読む

2021年02月06日 09:00

読了時間:約 4

オレの職場の近くにはひとつの喫茶店がある。
そこはビルの二階にありながらも眺めが良さそうな窓もあるので、ゆっくりコーヒーを飲んで時間を過ごすには良いのだろう。
そんな感じがしていた。

そう、オレはそこに行ったことが無い。
特に理由はないのだが。
悪い話も聞いたことは無い。
しかし、なぜか足が向かないのだ。

「【フェラ】喫茶店でマスターの孫だと言う女性に…(体験談)」の続きを読む

2021年01月25日 09:00

読了時間:約 4

パソ通(インターネットではない)のチャットで知り合った連中とオフ会をやった時の事。
彼女と同棲してる自分の家が宿になってしまったんだが、夜中にいきなり劣情を催してしまった。

しかし狭い部屋で七人ほどが雑魚寝している上に、彼女も疲れて熟睡してるので、よくあるパターンに持ち込むワケにはいかない。
仕方がないのでその夜は一人悶々としながら耐えた。

「オフ会後に溜まったザーメンを彼女の口で何度も顔面に吐きだした…(体験談)」の続きを読む