2017年03月02日 12:00

読了時間:約 13

【スカトロ】日本の変態オヤジに金髪美人妻が浣腸される(体験談)※前編

しかし斉藤さんは妻の腰を両手でしっかりと押さえ、更に舌を使い続けます。
「アァ~ン、ダメよ~、、。そんなところを、、舐めるなんて、、」
と吐息のような声を漏らす妻。

「奥さん、お尻の感度が良さそうですね」
と喜ぶ斉藤さん。

「【スカトロ】日本の変態オヤジに金髪美人妻が浣腸される(体験談)※後編」の続きを読む

2017年03月02日 09:00

読了時間:約 7

4ヶ月前、日本の友人からメールが入り、
「会社の先輩の斉藤(仮名)さんがアメリカへ行くから観光案内してくれ」
と頼まれ、それから2週間後に斉藤さんが到着しました。

ちょうど妻のジェニーも予定が空いていたので、私と共に観光案内をすることにしました。

「【スカトロ】日本の変態オヤジに金髪美人妻が浣腸される(体験談)※前編」の続きを読む

2017年02月20日 18:00

読了時間:約 6

俺のスペック
身長175cm
体重63キロ
顔フツメン?
25年間彼女なし

もともとコミュ障でめんどくさがりな俺は今まで彼女を作るということを全く考えもしなかった。
しかし、俺も男だ、そろそろセクロスをしていないことに引け目を感じるようになってきた。

「【初体験】物凄い美少女で卒童貞した話 in バリ(体験談)」の続きを読む

2017年02月06日 06:00

読了時間:約 3

アラサー女です。

今まで女子会で豪華エステや旅行とかしていたのですが、一人、また一人結婚、出産し、独身は私とA子だけ。

お互いに「コイツには負けたくない!」と思い、婚活に励んでいたのですが、A子の方が先に彼氏を作ってました。

ただ、今までのA子なら選ばないような外見もスペックもほぼ平均な感じの男性で正直「そこまで妥協したか!」と笑っちゃったのですが、私は彼氏すらいないんですよね。

「【レイプ】外国人の彼氏を作ろうとしたアラサー女の末路…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2017年01月26日 21:00

読了時間:約 24

もうだいぶ前の話。ちょっと長くなりますが。
アメリカからメキシコへ抜けようとヒッチハイクをしていた時に俺はほんと死ぬんじゃないか?と思ったことが何度かある。

基本的にアメリカ国内の殆どの州はヒッチハイクが禁止されている。
警察に捕まると罰金、従わないと禁固される可能性もある。
だから看板を掲げる時は、ビクビクしながらww

「アメリカの田舎町で出会ったビッチな風俗嬢マリー(体験談)」の続きを読む

2017年01月21日 03:00

読了時間:約 12

もう昔の事なんで時効にしてくれ。
当時20そこそこで就職してすぐに海外勤務。
それも僻地。死ぬほど言葉判らずな毎日。
国名は内緒にしておく。展開先で身元ばれしそうだしww
アメリカではない事は確か。

辛く苦しいホテル暮らし・・・と想像していたけれど、意外と日本人観光客もちらほらといるホテルで安心だった。

「海外出張先で出会った金髪ツルペタツインテール(体験談)」の続きを読む

2017年01月01日 00:00

読了時間:約 4

大学院に通う学生です。

私は、今年の夏、テニスのサマースクールに参加していたんですが、その最終日、打ち上げでの出来事でした。

最後ということもあって、その日は少し頑張りすぎたせいもあり、喉がカラカラに乾いていた私は、周りの人に勧められるままにビールやワインを飲んでしまいました。

そして、お開きの頃は、意識が朦朧として足取りがおぼつかない状態に陥っていたのです。

「【レイプ】信じられないほど巨根の黒人に犯されました…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2016年12月28日 12:00

読了時間:約 4

もうかなり昔、俺が大学生の頃の話だ。
地元の小学校に「ジェフ君」ってオーストラリア人の男の子が来たんだ。

新しく始まった国際交流プログラムか何かの一環で、1学期の後半から夏休みまでの3カ月ほど、ホームステイしながら日本の小学校に通った。

近所の3軒もホストファミリーになって、1カ月ずつ受け入れた。

同年代の男児がいる家を選んだらしく、うちの隣もホストの一つになった。
俺は当時、子供会の世話役みたいなことやってて、英語も話せたから、その子を地域の行事に誘ったり色々と世話してやった。

「【外国人】異国からやってきた驚異の絶倫小学生…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2016年12月27日 21:00

読了時間:約 4

大学生の頃、冬の話。

授業が終わってうちに帰ったら、アパートの廊下でターバンを巻いた季節に沿わない薄着の女の子(イスラム圏の女の子)が行き倒れていた。

無視するわけにもいかないので大丈夫かと声をかけると、片言な日本語。
どうやら、風邪を引いているみたいで熱が相当高く意識が朦朧としているようだ。

この子もアパートの住人だろうから、部屋まで送ろうと部屋を訪ねると、実は俺の隣の住人であることが判明。
お隣の顔も知らないなんて世知辛い世の中だ。

「イスラム系の留学生の処女をいただいた結果(体験談)」の続きを読む

タグ:
2 / 212