2019年09月12日 21:00

読了時間:約 7

これはもう8年くらい前の話です。
僕はこの時、ちんちくりんな童貞学生で、恵理子さんという人を好きになった。
兄の嫁で26歳。
見た目は森高千里似の美人系でした。

僕は兄が30代のとても色っぽい上品な女性と一緒にいるところをよく見かけたので、その人と結婚するかと思いましたが、兄はその人は会社の社長の奥さんで送迎をしているだけだと言って、俺の嫁はこの人だと、大学時代の同窓生の兄嫁を連れてきました。

「13歳も年上の兄嫁のオナニーを目撃してしまい…(体験談)」の続きを読む

2019年09月10日 21:00

読了時間:約 3

私は大手企業で働いている24歳のOLです。
毎日毎日会社と家の往復。
同じ作業に同じメンツとのランチ。
平凡な毎日、つまらない毎日を過ごしていました。

私の部署は34階フロアにあります。
38階もある高層ビルです。
いつも出勤の時間帯は、ここは満員電車かって言うくらいすごい人が乗ってきます。

「【輪姦】止まったエレベータ―内で男達が興奮しだして…(体験談)」の続きを読む

2019年08月21日 09:00

読了時間:約 6

高校3年の夏、初めてSEXをした。
お相手は大学生の憧れの先輩(夏休みということで家庭教師で勉強を教えてもらった)。
先輩の名前は、彩美さん。
芸能人でたとえるなら、ミムラさんみたいな感じです。

俺がちょうど夏休みで、先輩が休みの日に家庭教師として来てくれていた。
家も近所で、先輩がいる大学に進学するため俺はがんばっていた。
そんなある日…
先輩の1人暮らしのアパートに行って勉強をすることになった。

彩美さん『おはよ!◯◯くん、今日も天気良くて暑いね…』
先輩はノースリーブで、ミニスカを履いて俺を出迎えてくれた。
オレ『おはようございます、そうですね、もう完全に真夏ですね…』

先輩のその服装を見てしまい、俺はマジマジと見てしまった。
彩美さん『ちょっと〜◯◯くん、どこさっきから見てるの?』
オレ『あっ、ごめんなさい…』
彩美さん『さて、今日は数学と英語の勉強をするんだったね!』

オレ『どうしても…数学苦手で…』
彩美さん『公式覚えて、解いていけば◯◯くんならできる!』
彩美さんはいつも、笑顔で俺のことを後押ししてくれる。

オレ『先輩、今日は何時まで居ていいんですか?』
彩美さん『そうね〜◯◯くんが、勉強完全に終わるまでかな』
オレ『わかりました!オレがんばりますね!』

「【脱童貞】家庭教師をしてくれた憧れの巨乳女子大生の先輩と…(体験談)」の続きを読む

2019年08月01日 09:00

読了時間:約 4

僕は奥手で、高校も男子校だったので大学入学しても童貞でした。
2年の夏休みにバイト先で知り合った26歳の綺麗な麻耶さんに、20歳の童貞を捧げました。

麻耶さんは、僕が童貞だと知ると僕の手を引いてラブホテルに入りました。
僕は恥ずかしくてバスタオルを巻いてましたが、麻耶さんはすっぽんぽんでした。
僕は興奮して陰茎が立ってしまいました。

麻耶さんは僕のバスタオルを外すと、「わお!おっきいねーキミ」と言って触り始めました。
そして口に咥えて、「お口に入りきらなーい」と嬉しそうにはしゃいでいました。

「18.8cmの巨根のおかげで冴えない僕の人生が一変した…(体験談)」の続きを読む

2019年07月30日 09:00

読了時間:約 7

まだ中学生の頃の話。
同じ並びに新婚夫婦が引っ越してきた。
年は大体20代後半といったところで、子供はまだなし。

中学生になりたての俺は激しく女を意識し始めた頃で、当時はやったダンクとかボムとかの雑誌を見てはオナニーに興ずる毎日を送っていた頃・・・。
(年がばれるなぁ・・・)

その人妻は今で言うと酒井真紀風な顔立ちで明るく活動的な感じでした。
いわゆる健康的なおとなの女性といった感じで、その人妻とエレベーターで会い挨拶するだけで、興奮しておかずにしていた。

「【初体験】家に入れてくれた人妻のパンチラに勃起してたら…(体験談)」の続きを読む

2019年07月26日 21:00

読了時間:約 4

私の初体験は中学2年でした。
相手は、近所に住む単身赴任の40歳の叔父でした。
叔父は父の妹の旦那さんで、40歳には見えないカッコイイ人です。
年に何回か会うととても可愛がってくれて、私の大好きな人でした。

叔父が単身赴任で私の住む街にやってきたのは、私が中学1年の時でした。
私は嬉しくて、土曜の午後や、部活帰りには必ず叔父のアパートに寄り道していました。

「中2で処女を捧げた大好きな叔父との思い出…(体験談)」の続きを読む

2019年07月17日 09:00

読了時間:約 2

もう8年も前になるが、当時21歳の俺は童貞だった。
ゼミの同い年の女の子(ちょっとエロい感じ)は、彼氏がいたがマンネリっぽく、飲み会とかで冗談っぽく「Y(俺)とやってみたいなー」みたいなことを言ってた。

それからしばらく経ってから、ゼミの合宿があった。
当然夜は飲み会ではっちゃけてたんだが、どういうタイミングかは忘れたけど、その子(T)を含めた数人で別室に移動して遊んでた。

「【初体験】ゼミ合宿で酔った女友達に勝手に童貞奪われた話…(体験談)」の続きを読む

2019年07月13日 09:00

読了時間:約 2

俺は今高校三年なんだけど、この前付き合って3ヶ月の彼女(ゆり)とエッチをした。
彼女は同じ学校なんだけど、かなり可愛い方で、芸能人で言うと北乃きいみたいな顔で、活発な子だった。

ある日、彼女とデートをしようとした日、ゆりの家がたまたま空いているという事だったので、2人でゆりの家に行った。
最初は他愛も無い話で盛り上がっていたが、ゆりが足を組み替えた時(この日はお互い制服)ちらっと薄いピンク色のパンツが見えてしまった。

「彼女との初セックスで顔射&口内射精した…(体験談)」の続きを読む

2019年07月04日 09:00

読了時間:約 5

今年五十路を迎える俺には、結婚して22年になる45歳の愛妻がいる。
今でも週に3回は可愛い愛妻を抱くが、時には愛人も抱く。
俺は、浮気をしていないと妻を愛せない性分なのだ。

初めて浮気をしたのは20年前、妻が最初の子を妊娠した時だった。
浮気相手は妻の母、つまり義母で、当時49歳だったから今の俺と同じ年だった。
49歳の女性の裸は意外にも美しく、肉ビラはドドメ色だったがその卑猥な造形がエロかった。

「妻の母(義母)から始まった俺の変態浮気遍歴…(体験談)」の続きを読む

2019年06月29日 09:00

読了時間:約 9

僕の嫁は、5歳上の高校の教員です。
僕が高校時代の英語の先生です。
そう、嫁は教え子と結婚したんです。

妻の杏子と付き合うきっかけは、僕が高校3年のとき、半ば強引に杏子とやってしまったのが発端です。
まあ、ほとんどレイプって言われれば、そうかもしれません。
それに杏子は初めてだった。
僕が初めての男でした。

「憧れの新任女教師をレイプしてしまった結果…(体験談)」の続きを読む

2019年06月27日 09:00

読了時間:約 3

中1のときの話。
私が小学4年生の頃だったかな、隣の家にエミちゃん(仮称)が引っ越してきた。
エミちゃんは1つ下でとても可愛く、ほぼ毎日一緒に遊んでた。
どちらかと言うと男の子っぽくて気が合う。

やがてエミちゃんにも友達ができ、私と遊ぶ機会が少なくなってきた。
毎朝一緒に学校は行ってたけどね。
そして気付けばエミちゃんに恋をしていた。
もちろんオナニーのネタはエミちゃんだった。

「【初体験】実は一枚上手だった近所の小6女子…(体験談)」の続きを読む

2019年06月03日 10:00

読了時間:約 3

初めてのソープランドは高校を卒業し、大学に入学した直後で18歳だ。
3学年先輩にソープが好きな人がいて、その人から色々教わり、その先輩の薦める店に行った。
お金を払い、待合室から呼ばれて廊下でソープ嬢と対面し挨拶する。

彼女に導かれて部屋に入る。
丸顔の若い子だった。
その時は美人に見えた。
その店の制服なのか、彼女の好みなのかわからないが、ビキニの水着とビーチウェアだった。

「僕の筆おろしをしてくれた親切な女子大生ソープ嬢…(体験談)」の続きを読む

2019年05月23日 09:00

読了時間:約 3

高1のころ、大学を出たばかりの女性教師と関係を持ちました。
冗談っぽくラブレターを何通か出しアピールしたんですが、さり気なくかわされていました。
そうなることは僕自身も分かっていて。
でも嫌な関係になるとかではなく、良く話したりしてました。

その人は英語の先生だったんですが、ある授業でリーディングの試験を個別にやることがありました。
僕はあまり上手くできなくて、終わり際に「追試やる?」と、きかれました。

「【初体験】非常勤の女教師に冗談っぽくアタックしてたら…(体験談)」の続きを読む

2019年05月10日 21:00

読了時間:約 6

姉の職場の先輩にいつものように食事に呼ばれて行きました。

「裕香さ~ん!こんちは~」
「おっす。座りなよ」
「あれ?今日姉ちゃん居ないんですか?」
「あんた、私と2人っきりでの食事はイヤなの?」
「そんなことないですよ~!いただきま~す!」

いつもは姉と僕(仮名:ねい)と、姉の先輩の裕香さん3人で食事をすることが多かったんです。
裕香さんは僕より10歳年上の28歳。
彼氏ナシ。

「【初体験】姉の先輩の巨乳美女に焦らされた中出し筆おろし…(体験談)」の続きを読む

2019年05月04日 21:00

読了時間:約 3

2年前の話だが、会社に相武紗季を少しグラマーにした女がいた。
年は23歳、身長は152cm、岩手県出身で、大学を出てうちの会社の情報処理課へ配属されて来た。

名前は、かをり。
外見は普通だが、胸だけは強烈に自己主張している肉感的な女だった。
配属されて1週間後、他の新人4名と併せて入社歓迎会を催したんだが、大学では真面目に勉強していたらしく、世間の見るモノ触るモノが珍しいらしく、好奇心満々だった。

「安全日も知らない田舎出身の巨乳新人に中出し三昧…(体験談)」の続きを読む

タグ:
1 / 2012345...1020...最後 »